オフィスデザインにこだわる理由は?コンセプトやレイアウトの決め方

オフィスデザインにこだわる理由は?コンセプトやレイアウトの決め方

ワークスタイル

近ごろ、オフィスデザインにこだわる企業が増えています。社員が働きやすいオフィス環境を整えるとともに、自社ブランドを確立することが主な目的です。オフィスレイアウトは社員数や事業内容の変化、時代の流れに合わせて変える必要があります。定期的にレイアウトを見直すことで理想的なオフィス環境が実現できるでしょう。では、自社に最適なオフィスデザインとはどのようなものなのでしょうか。オフィスデザインのコンセプトの決め方、レイアウトを決める手順などを解説します。

オフィスデザインとは?

オフィスデザインとは、簡単に言えばオフィスを「つくる」こと。オフィスのコンセプトづくりやオフィス家具のレイアウト、装飾、コミュニケーション設計など、社員が働きやすい環境を整えることをオフィスデザインと呼びます。今やオフィスは単なる仕事場ではなく、企業の文化やビジョンを社内外に発信するブランディングの場にもなっています。それだけにオフィスデザインにこだわることは非常に重要と言えるでしょう。

社員の働き方を変えるオフィスレイアウト

オフィスデザインのコンセプトを決める

オフィスデザインにこだわることで、意外な効果が期待できます。そのためには、まずオフィスデザインのコンセプトを決めることが重要です。コンセプトはオフィスデザインの基本的な考え方で、いわば骨組みのようなもの。統一感のあるオフィスにするためにも、まずはオフィスデザインのコンセプトを決めましょう。

現在のオフィスが抱える課題を洗い出す

そもそも、なぜオフィスデザインを変える必要があるのか、現在のオフィスが抱える課題を洗い出すことから始めましょう。例えば、社員同士のコミュニケーションが不足している、自社の理念が不明確など、具体的な問題点を挙げていきます。そのうえで、どのようなオフィスデザインにすればオフィスが抱える問題を解決できるかを検討することが大切です。また、オフィスレイアウトも社員のニーズや組織の変化、時代の流れに合わせて変えていかなければなりません。

オフィスデザインによって伝えたいことは何か

コンセプトを決めるにあたり、新しいオフィスデザインで何を伝えたいのかを考えましょう。オフィスデザインは社員の働きやすさに影響します。まずは、オフィスで働く人が満足できるデザインであるべきです。さらに、社外の人に対して伝えたい自社のイメージを確立することも、オフィスデザインの役割といえるでしょう。営業活動や従業員の採用活動において、自社の理念や独自性を伝える手段としても重要です。オフィスデザインのコンセプトが明確になると、企業のブランド力も高まります。

コーポレートカラーを基本に考える

企業のイメージはコーポレートカラーで決まるともいわれています。オフィスデザインのコンセプトを決める際にも、コーポレートカラーを取り入れたいものです。すでに決まっている場合はそのカラーを中心にオフィスデザインを考えることができます。特に決まっていない場合は、カラーが持つイメージを考えながら、自社に合う配色を決めていきましょう。デザインの中心となるカラーを決めることで、統一感のあるオフィスに仕上げることができます。

社員全員でアイデアを出し合う

オフィスデザインというと、経営陣とデザイン会社で打ち合わせをし、コンセプトからデザイン、レイアウトまでを行うことが基本だと思われがちです。しかし、オフィスを実際に利用するのはその会社の社員です。会社の規模によりますが、コンセプトを決める段階で、社員全員参加によるアイデア出しを行うのもよいでしょう。社員全員が参加してオフィスデザインのコンセプトを決めることには、主にふたつのメリットがあります。

  1. 会社に対する愛着がわくようになる
    自分が働くオフィスのデザインに関わることで、オフィスや会社のことを考える時間が増え、今まで以上に会社に対する愛着がわくようになります。

  2. 社内のコミュニケーションが活性化する
    普段は関わることのない部署の社員同士が集まることで、コミュニケーション活性化が期待できます。また、経営陣が各部署の要望や意見を聞く機会になり、経営上、大きなメリットとなります。

トレンドのデザインを意識する

オフィスデザインのコンセプトを決めるうえで、トレンドのデザインを意識することも重要なポイントのひとつです。オフィスデザインは、働きやすく生産性を向上させられる環境をつくることが一番の目的ではありますが、それだけでは社員のモチベーションアップにつながらない可能性もあります。最近流行(はや)りのカフェスペースやリラックスルームの導入、ひとりで集中して業務を行える個室の設置など、トレンドを意識したアイデアをコンセプトに盛り込むことで、社員のモチベーションアップが期待できるでしょう。

オフィスレイアウトはどのような手順で決める?

オフィスデザインのコンセプトが決まったら、次はレイアウトを考えましょう。レイアウトは働きやすい環境を整えるうえで重要な要素です。レイアウトはどのような手順で決めるとよいのでしょうか。

レイアウトの目的を決める

新しくオフィスのレイアウトを決める際は、レイアウト変更する目的を明確にすることが大切です。目的があいまいなままでは、変更後にかえって働きにくいと感じてしまうこともあるでしょう。

例えば、コミュニケーションのしやすさを重視するなら、社員同士の会話が生まれやすいレイアウトにするべきです。省スペースを目的にするなら、共有デスクを配置したり、オフィス家具を見直したりすることが必要でしょう。このように、レイアウトの目的を明確にすることで、必要部分の洗い出しができます。

レイアウトの型を決める

レイアウトの目的がはっきりしたら、次はデスクをどのように配置するのかを決めましょう。レイアウトにはいくつかの決まった型があり、目的に合わせて選択できます。例を挙げると、以下のようなレイアウトがあります。

  • 対向式レイアウト
    グループごとにデスクを向かい合わせに配置します。いわゆる「島型」というレイアウトで、日本のオフィスで一般的な型となっています。部門や固定されたグループ内でのコミュニケーションがとりやすく、スペース効率がよいレイアウトです。

  • フリーアドレス式レイアウト
    固定席を廃止して、自由に席を選べるレイアウトです。人員に合わせて柔軟なデスクの使い方ができるので、もっとも省スペースなレイアウトといえます。部署の枠を越えたコミュニケーションも可能です。

フリーアドレスのメリット・デメリットについては、別の記事で紹介していますので、ご覧ください。

【関連記事】ルールと事前準備が大切!フリーアドレス導入で失敗しないために

【関連記事】失敗例から学ぶフリーアドレスを成功させるポイントとは?

  • 同向式レイアウト
    デスクが同じ方向を向いて配置され、コミュニケーションよりも個人の集中や、来客対応が重視されるレイアウトです。銀行や不動産会社のように窓口があるオフィス、秘書室などで採用されていますが、一般的なオフィスで採用されることはあまりないようです。

自社に最適なレイアウトを決める

続いて、オフィス面積や作業スペース、通路幅などから最適なレイアウトを決めます。オフィス面積によって、1人あたりどのくらいの作業スペースや通路幅が確保できるのか計算してみましょう。十分な作業スペースがとれない場合は、レイアウトやデスクの大きさの見直しが必要です。また、収納やコピー機などの位置も使いやすいように配置しなければなりません。オフィスの面積や動線を考慮したうえで、最終的なレイアウトを決定します。

オフィスレイアウトの基本については、下記の関連記事を参考にしてください。

【関連記事】業務効率化を目的とした、オフィスレイアウトのポイント

オフィスデザインにこだわることの効果とは?

統一感のあるオフィスは見た目がおしゃれだというだけでなく、自社ブランドの確立や生産性の向上にもつながります。オフィスデザインにこだわることで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

自社の文化や理念が浸透する

デザイン性のないオフィスでは、企業の独自性を表現することができません。また、社員の会社に対する信頼度やモチベーションも低下してしまいがちです。

オフィスデザインにコーポレートカラーを取り入れたり、企業の想いをかたちにしたりすることで、自社の文化や理念を社員に浸透させられるでしょう。また、社外に対しても自社ブランドをアピールすることが可能です。

働きやすいオフィス環境が生まれる

オフィスデザインを一新することで、働きやすいオフィス環境を実現することができます。社員一人ひとりの作業スペースを拡張したり、休憩スペースを設けたりすることで、社員のモチベーションアップにもつながるでしょう。効率性だけを求めたオフィスではなく、居心地のよさや働きやすさを重視したデザインにすると、社員の満足度が向上します。

社員同士のコミュニケーションが活性化する

レイアウトを工夫することで社員同士のコミュニケーションが活性化します。コミュニケーションの活性化は新たな発想を生み出すきっかけにもなるでしょう。そのためには、部署が異なる社員同士が気軽に話せるような工夫が必要です。コミュニケーションの活性化により、社員の間に一体感が生まれ、より仕事がしやすい環境が実現します。

オフィスデザインの事例紹介

ここで、実際のオフィスデザイン事例を2件紹介します。

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社は、アメリカに本社を置き、世界中でドーナツチェーンを展開する会社の日本法人です。オフィス移転に際し、「OPEN THE BOX! 」というコンセプトを設定し、ドーナツボックスを開けるときの興奮を再現するオフィス空間を実現しています。例えば、来訪者が通る通路の壁面には、同社の主力商品「オリジナル・グレーズド」ができあがるまでの工程をグラフィックシートにして掲示。これにより来訪者に同社のイメージを伝えられ、より親しみを持ってもらえる効果を発揮しています。

また、執務スペースには、吊り下げサインを設置。まるで店舗にいるような空間にすることで、常に消費者目線を忘れないという意気込みを社員全員が持てるようになっています。

プラス株式会社ファニチャーカンパニー

仕事中とはいえ、常に緊張状態ではかえって効率が悪くなってしまいます。そこでポイントとなるのがオンとオフの効果的な切り替えです。プラス株式会社ファニチャーカンパニーでは、最近のトレンドでもあるカフェスペースを設置し、観葉植物によってリラックス空間を演出しています。また、ラウンジスペースでは壁に緑を配置し、癒(いや)し効果を生み出しています。

オフィスデザインが働きやすい環境をつくる!

オフィスデザインにこだわることで、自社の文化や理念が社員に浸透しやすくなるという効果が期待できます。また、働きやすいオフィス環境が実現し、オフィスに対する社員の満足度アップにもつながります。オフィスデザインを決めるときは、コンセプトが重要です。まずは、社員全員でアイデアを出し合いつつ、コンセプトを決めたうえで、どのようなレイアウトが最適なのか検討しましょう。

参照:

オフィスデザイン構築マニュアル