オフィスリニューアルでどう変わる?デザインコンセプトの重要性

オフィス移転・リニューアル

業務の拡大や増員、組織再編などオフィスリニューアルには目的があります。プランを立てる際にはリニューアルの目的を明確化したうえで、オフィスデザインのコンセプトを決めることが重要です。コンセプトを明確にすることで、自社に合ったオフィス空間づくりを実現することができます。リニューアルの目的は何なのか再確認し、コンセプトの策定を進めましょう。ここでは、オフィスリニューアルの目的やコンセプトの作り方について解説します。

移転計画の話が出たらすぐに読みたい一冊.jpg

オフィスリニューアルの目的

オフィスリニューアルと一言でいっても、リニューアルの目的はさまざまです。オフィスリニューアルを成功させるためには、まずリニューアルの目的を明確にする必要があります。

組織再編

組織の再編により、大幅なリニューアルが必要になることがあります。移転に比べると手続きや作業は少ないものの、組織再編の規模によっては大がかりなものとなるでしょう。部署の数や各部署の人員に合わせてオフィスレイアウトを変更することも必要です。また、座席数やレイアウトの変更に伴い、什器(じゅうき)の買い足しや移動、配線工事などを行うこともあります。組織再編にあたりリニューアルする際は、どのようなオフィス環境にするのか事前に考えておきたいものです。

業務の効率化

効率的に仕事ができるオフィス作りや社員のコミュニケーション活性化を目的に、オフィスリニューアルを行うケースもあります。業務の効率化を目的にオフィスリニューアルする場合、どのような点を改善したいのかによってリニューアルの規模が変わります。小規模なリニューアルであれば、什器やオフィス家具のレイアウト変更だけで済むこともあるでしょう。オフィス全体の雰囲気が変わるほど大規模なリニューアルが必要であれば、詳細なプランづくりが必須です。

ブランディング

近年ではオフィスを仕事で利用するだけの場所と捉えずに、社内外に強力にアピールできるブランディングツールとして捉える企業が増えてきています。会社の理念や考え方をビジュアル化して表現することで、社員のみならずオフィスの来訪者や就職活動者に好印象を与え、魅力的な企業であることを印象づけることができます。

デザインコンセプトの重要性

オフィスをリニューアルするうえで、コンセプトの策定は欠かせません。コンセプトはオフィスリニューアルの軸となる基本的な考え方となります。しっかりとしたコンセプトを決めることで、ブレのないオフィスリニューアルを実現しましょう。

快適なオフィス環境の実現

「快適なオフィス環境を実現する」というコンセプトでオフィスリニューアルをするのであれば、レイアウトの変更やオフィス家具の見直しが必要です。また、内装のデザインや休憩室の設置、観葉植物の配置など、さまざまなアイデアが挙げられます。そのほか、仕事に集中したいときに使える個室スペースや、気軽に利用できるミーティングテーブルの設置などもおすすめ。快適なオフィス環境の実現により、社員のモチベーションアップや企業のイメージ向上につながります。

働きやすい空間づくり

生産性の向上や業務の効率化を図るためには、「働きやすい空間づくり」が必要です。働きやすい空間とは、たとえば十分な作業スペースがあること、必要なときに使えるミーティングスペースがあることなどがあげられます。また、普段利用しているデスクを離れて仕事ができるスペースを設けたり、他部署の人と仕事ができる場所をつくったりすることも考えられます。働きやすい空間づくりにより、売り上げアップや残業時間の削減も実現可能です。

コミュニケーションを重視したレイアウトづくり

社内コミュニケーションは、オフィスリニューアルにより活性化することができます。コミュニケーションの活性化は、新しいアイデアを生み出したり、組織をまとめたりするために有効です。コミュニケーションがうまく取れることで、社員の会社に対する満足度アップにもつながります。そのためには、自然と人が集まるようなスペースや、リラックスして過ごせるリフレッシュスペースの設置などが求められるでしょう。

デザインコンセプトの作り方

オフィスリニューアルを成功させるためには、デザインコンセプトが重要です。コンセプトはリニューアルの完成度に大きく影響します。ここでは、デザインコンセプトをつくる際のポイントを説明します。

オフィスリニューアルの目的や課題を明確に

コンセプトを決めるためには、まずオフィスリニューアルの目的や今のオフィスが抱える課題を明確にしなければなりません。コミュニケーションの活性化が目的なのか、快適なオフィス環境の実現が目的なのかによっても変わってくるでしょう。オフィスが抱える課題は何なのか、それを改善するためにはどのようなリニューアルが必要なのか考えることも大切です。目的や課題を明確にすることで、理想的なオフィスとはどのような空間なのかが見えてきます。

企業の方針やコーポレートカラーをプランに取り入れる

オフィスリニューアルのコンセプトを決める際は、企業の方針やコーポレートカラーを意識することも大事です。企業理念や社訓をベースに、自社に合ったオフィスとはどのようなものなのか考えてみましょう。
さらに、すでに決まったコーポレートカラーがあれば、デザインの一部に取り入れることもおすすめです。インテリアにコーポレートカラーを加えることで、社内の雰囲気が変わり、社員同士の連帯感も生まれます。コーポレートカラーが決まっていない場合は、リニューアルを機に考えてみるのもよいでしょう。

さまざまな要素を考慮して最終的なコンセプトを決める

リニューアルの目的やオフィスの状況、業種・職種、自社のカラーなどさまざまな要素を取り入れながら、最終的なコンセプトを決定します。たとえば、「落ち着いたシンプルなデザイン」「都会的で洗練された空間」など、リニューアルの目的や自社の方針をもとに最終的なコンセプトを策定します。コンセプトが定まると、どのようなオフィスデザインにするのか、何を準備すればいいのか決めやすくなるでしょう。

移転計画の話が出たらすぐに読みたい一冊.jpg

オフィスリニューアルにはデザインコンセプトが欠かせない!

オフィスリニューアルで快適なオフィス環境を実現するには、デザインコンセプトの策定が欠かせません。そのためには、まずリニューアルの目的を明確にすることが大切です。コンセプトの重要性を認識したうえで、自社に合ったオフィスリニューアルのコンセプトを考えましょう。