より自由な働き方ができるABWとは?フリーアドレスとの違い

ワークスタイル

固定席で仕事をするオフィススタイルから、フリーアドレスへ変更する企業も増えました。さらに、フリーアドレスからより自由度の高い働き方ができるアクティビティ・ベースド・ワーキング(ABW)というワークスタイルの導入を検討する企業も存在します。ABWとは、オフィスデスクに限らず、働く人が自由に作業する場所を選べるワークスタイルです。例えば、個室やソファ、カフェなど、自分が今やらなければならない仕事に最適な環境を選ぶことができます。ABWとはどのような働き方なのか、導入する方法などを解説します。

ABWとは? フリーアドレスとの違い

「ABW」という言葉は聞き慣れない人も多いのではないでしょうか。一方の「フリーアドレス」は、実際に取り入れている企業も多くなり、認知度が高まっている言葉です。どちらもワークスタイルを表す言葉ですが、それぞれ考え方に違いがあります。

ABWとは、自分に最適な場所で働くスタイルのこと

ABWとは働く人が作業をするために、最適な場所を自分で選ぶことができるワークスタイルです。仕事の内容は日々変化します。打ち合わせが中心のときもあれば、資料作成が中心のときもあります。同じ資料作成でも、アイデアが必要なときもあれば、ひたすらパソコン作業に打ち込むこともあるでしょう。ABWはこのような仕事の変化に対応するため、仕事内容に応じて働く場所を自ら選ぶことができる働き方です。「仕事をする環境は自分で選ぶ」という考え方に基づいたワークスタイルといえます。

フリーアドレスとの違い オフィス以外の場所を選ぶことも可能! 

フリーアドレスは固定席を設けることをしません。自席を持たない代わりに個人ロッカーなどの設備があることが多く、ワーカーは業務開始時に自分の荷物を働く場所に持っていき、帰宅時にはまた個人ロッカーなどに仕事道具を戻します。その日の座席を完全に自由に選んで良いケースもありますが、自分の所属するグループ席の中だけで座席を自由に選べるグループアドレスや、ダーツや座席決定システムなどを使って席が割り振られるユニークな座席決定方法もあります。

これらは、オフィスに在籍しているワーカーが少ない場合(在籍率が低い場合)に座席数の最適化を目的にしているケースがあります。また、固定席では難しいコミュニケーションの活性などの目的で採用されるケースもあります。

一方で、ABWはオフィスの席に限らず、自宅やコワーキングスペースやカフェなど、仕事内容に応じて自由に働く場所を決められるという点に違いがあります。仕事内容を第一に考えているという点では、フリーアドレスよりも柔軟性のある働き方が可能です。ときには、オフィスの外に出てアイデアをまとめたり、周辺の図書館で資料探しをしたりといったこともできます。フリーアドレスはオフィス内で働くことが前提ですが、ABWは自分で仕事がしやすい場所を選べることがポイントです。

ABWを導入した場合の働き方の例

ABWを導入した場合、企画書や資料の作成のように集中して作業を行いたいときは個室で仕事ができます。上司とじっくり話をしたいときは、ソファに座って話し込むのもよいでしょう。新しい企画をまとめたいときは、カフェでコーヒーを飲みながらアイデアを練ることも可能です。このように、ABWでは自分にとって最適な環境を選ぶことで、仕事の効率を高めることができるのです。

ABWを導入しやすい職種や具体的な導入例

ABWは職種によって適している場合と、適さない場合があります。自社に適しているワークスタイルなのか、見極めることがポイントです。実際にどのように導入されているのか事例をご紹介します。

ABWを導入しやすい職種とは

ABWを導入しやすい職種とは、営業や企画のように人の出入りが多い職種です。座席の使用率が低く、日中は常に空席があるようならABWの導入に向いています。一方、総務や経理、研究・開発系など自席を使用する時間が長い、あるいは仕事内容として常に在籍を求められる職種への導入はハードルが高いと言えます。総務や経理は、企業内でのデスクワークや連絡業務が多く、在席率も高い職種です。研究・開発系の職種は据え置き型の高性能なパソコンを必要としたり、実験器具の利用で在籍が不可欠の場合も多く、自席でなければできない仕事もあるでしょう。ABWの導入を検討する場合は、職種ごとの導入までの障壁を事前に調べておくことが重要です。

海外企業で拡大中! ABWの導入例

ABWの考え方はオランダから始まり、オランダ以外だとオーストラリアを中心に広まっています。ナショナルオーストラリアバンクでは、本社でABWを導入し、各社員の自席を設けていません。社員は必要があるときだけ来社し、ほかは自宅やカフェなどの好きな場所で仕事をしています。このようなワークスタイルは、企業側にとっては座席確保のためにかかるオフィスへの投資コストが抑えられることがメリットです。労働者側はプライベートな時間と両立しやすくなります。

同じくオーストラリアの不動産会社グッドマンも、ABWを導入している企業です。導入した当時、すでに多くの企業がABWを取り入れていました。実際に導入している企業の事例を調査し、導入を決定。当初は社員の自席をなくすことへの不安もあったものの、導入後の調査で社員の満足度が向上していることがわかりました。座席が固定されていないということは、マネージャーは部下と常にコミュニケーションをとりながら、どこで何をしているのかを把握する必要が出てきます。結果的に、社員同士のコミュニケーションも増え、人材の確保や離職率の低下にもつながったのです。

まずは職場の状況を調査! ABWを実施する方法

ABWを導入するためには、まずオフィスの状況を調査することから始めます。そのうえで、導入が可能なのか判断します。実際に導入が決まったら、ABWを視野に入れたレイアウトを考えていきましょう。

オフィスの状況を調査する

実際に働く従業員の意見を聞きながら、オフィスの使いやすさや座席の使用時間などを調査します。普段、不便に感じていることはないか、業務上必要な設備やスペースはないか、アンケートを実施します。

座席の使用時間が短い社員が多い場合は、ABWを導入しやすいと言えるでしょう。

ABWの導入が適切なのか判断する

調査結果をもとに、ABWの導入が適切なのか判断します。さらに、調査結果から、どのような設備やスペースが必要なのか洗い出していきます。さまざまな業務に対応できるように、デスクのほか、集中スペースやソファ、カフェスペースなどの設置も検討してみましょう。また、どのくらいの設備が必要なのか、人数や業務割合によって最適な数を割り出す必要があります。

ABWに最適なレイアウトを考える

実際に導入が決まったら、ABWの実施に必要な個室スペースや作業スペース、ミーティングスペースなどを設置を考えます。使いやすさやコミュニケーションのしやすさも考慮し、レイアウトを決めていきましょう。また、仕事中も移動できるように、Wi-Fi通信やノートパソコン、スマートフォンなどのモバイル機器も準備する必要があります。

ABWはフリーアドレスが進化した働き方

ABWは、社員が自由に働く場所を選べるワークスタイルです。オフィス内に限らず、集中ブースやカフェ、自宅など、仕事に最適な環境を選ぶことができます。フリーアドレスから、さらに進化した働き方といえるでしょう。ABWを導入するためには、まずオフィスの現状を把握し、本当に導入が可能なのか検討することが重要です。ABWがうまく機能すれば、仕事の効率が上がり、従業員の満足度もアップします。また、オフィス空間を効率的に利用できるというメリットもあります。

 

参考: