業務効率化を目的とした、オフィスレイアウトのポイント

オフィス移転・リニューアル

社員数の増減や業務内容の変化など、オフィスレイアウトを変更する理由はさまざま。ただ、せっかく手間とコストをかけてレイアウトを変えるのであれば、そこに業務効率化という視点を組み込んでみてはいかがでしょうか。ここでは、業務効率化を目的としてレイアウトを変更する際に、考慮しておきたいポイントをまとめました。

関連性の高い部署は近くに配置する

業務を効率化するためには、本来必要のない動作はできるだけ省きたいもの。例えば、ちょっとした打ち合わせや業務の確認のためだけに、一日に何度もオフィスを往復するのは非効率です。
オフィスレイアウトの工夫でこうした事態を防ぐためには、普段の業務でやり取りが多いなど、関連性の高い部署を近くに配置するという方法があります。こうすることで必要のない動きをカットできるだけでなく、社員にとっても働きやすいオフィスを実現することができるでしょう。

一般的に、以下のような部署は関連性が高いとされています。業務内容や組織体制によっても異なるので、自社の状況と照らし合わせて、適切なレイアウトを考えてみましょう。

  • 社長室・役員室と関連の高い部署:総務部

  • 総務部と関連の高い部署:社長室・役員室、経理部、購買部

  • 経理部と関連の高い部署:総務部、営業部

  • 購買部と関連の高い部署:総務部、営業部

  • 営業部と関連の高い部署:経理部、購買部

会議室や倉庫などのスペースの配置も考慮する

業務の効率化を考えるなら、会議室や倉庫などのスペースの配置についても考慮してみましょう。こちらも基本的な考え方は部署の配置と同じで、使用頻度の高い部署の近くに配置することが重要です。会議室は使用頻度の高い営業部のそばに、伝票や帳簿などを収納する倉庫は経理部のそばに配置するなどはその一例といえます。

一般的に、これらのスペースには会議室や応接室、受付、倉庫、ロッカーのほか、サーバールームやリフレッシュルームなどが挙げられます。それぞれ、どの部署の社員が利用頻度が高いかをリサーチし、使用状況を踏まえてレイアウトを決めていくといいでしょう。

通路やデスクまわりのスペースはしっかりと確保を

業務効率化を図るためには、人が動きやすい空間を確保することも大切なポイントです。社員が頻繁に行き来する通路なのに幅が狭くすれ違いしにくかったり、コピー機の後ろの通路が狭くて通れなかったりしたのでは、作業にも支障が出てしまいます。



また、通路だけでなくデスクまわりのワークスペースを十分に確保するのも大切なポイントです。あまり狭いと作業がしにくくなるのはもちろんのこと、通路を通る人や後ろのデスクとの距離が近いとストレスを感じやすくなり、生産性を低下させてしまうことになるでしょう。

以下、一般的に最低限必要とされている1人あたりのワークスペースや通路の幅をご紹介します。レイアウト計画を立てる際に、必要なスペースが確保されているか十分に確認しましょう。

ワークスペースの基準(1人あたり)

  • 1000×700mmのデスク:1.20m20.36坪)

  • 1200×700mmのデスク:1.44m20.44坪)

  • 1600×700mmのデスク:1.92m20.58坪)

(いずれも、着座して作業を行うのに必要なスペースをデスクから400mmと想定)

通路に必要なスペース

  • 一人の人が通過するのに必要な通路幅(両側が壁もしくは収納家具の場合):800mm

  • 一人の人が通過するのに必要な通路幅(両側が背中合わせのチェアの場合):700mm

  • 人がすれ違うために必要な通路幅:1350mm

レイアウト変更は、オフィスの課題解決のチャンス

オフィスレイアウトの変更は手間のかかる作業ではありますが、同時にオフィスの課題を解決するチャンスでもあります。業務効率化という視点を織り交ぜて、さらなるオフィス機能の強化を目指してみてはいかがでしょうか。

Photo:
Designed by jannoon028 / Freepik