【項目別】オフィス移転費用の相場は?費用を抑える方法も紹介!

【項目別】オフィス移転費用の相場は?費用を抑える方法も紹介!

オフィス移転・リニューアル

オフィス移転を検討するなら、事前にどのくらいの費用がかかるのかを確認することが大切です。想定以上に予算が必要になる場合もあるため、項目ごとに大まかな費用を把握しておきましょう。今回は、オフィス移転費用の内訳や項目別の相場、費用を抑える方法について解説します。ただし、オフィス移転にかかる費用は企業規模や工事内容などによって大きく変わってきます。ここでは、あくまでも目安となる相場を紹介するので、参考にしたうえで個別に見積もりを取ってみましょう。

オフィス移転費用の内訳

オフィス移転には多くの費用がかかります。予算を決めるためにも、まずは具体的にどのような費用がかかるのかを確認しておくことが大切です。ここでは、オフィス移転費用の内訳を紹介します。

オフィス移転の流れについて詳しく知りたい方は、『これで完璧!オフィス移転の流れとすべきこと【チェックリスト付き】』の記事もご覧ください。

新オフィスの契約にかかる費用

新オフィスを契約する際には、前家賃、敷金、礼金、保証会社費用、仲介手数料、火災保険料などの費用がかかります。前家賃は翌月分の賃料も支払うのが一般的です。また、敷金は退去時に戻ってくる可能性がありますが、原状回復のためにかかった費用が差し引かれることもあるため、満額が戻ってこないこともあります。

新オフィスへの移転にかかる費用

新オフィスへ移転する際には、引っ越し費用、内装工事費用、什器・備品の購入費などがかかります。新オフィスへの移転にかかる費用は、会社の規模や作業条件によって大きく変わってきます。

オフィス移転の際の家具購入、廃棄・リサイクルについて詳しく知りたい方は、『オフィス移転時に見直したいオフィス家具は? 廃棄・リサイクルの方法も紹介』の記事もご覧ください。

旧オフィスの退去にかかる費用

旧オフィスを退去する際には、原状回復費用、不用品処分費用などがかかります。原状回復費用とは、オフィスを入居前の状態に戻すための工事にかかる費用です。ビルのオーナーから業者を指定されるケースがあり、想定以上に費用がかかることもあります。

原状復帰の相場について詳しく知りたい方は、『オフィス移転で気を付けるべき原状回復の相場、範囲とは?』の記事もご覧ください。

そのほかの諸費用

そのほかにも、税務署や法務局、社会保険事務所などでの手続きにかかる費用、名刺やパンフレットなどの作り直しにかかる費用なども発生します。手続きにかかる費用は、自社で手続きをすれば費用を抑えることが可能です。

オフィス移転の手続きについて詳しく知りたい方は、『オフィス移転に欠かせない手続き、その内容と手続きの方法をすべて解説』の記事もご覧ください。

オフィス移転費用の相場

相場は条件によって変わってくるため、個別に見積もりを取ると相場の範囲外になることもあります。相場を把握したうえで見積もりを取ってみましょう。ここでは、仮条件として従業員20人、50坪のオフィスから70坪のオフィスへ移転する場合の移転費用の目安を紹介します。

新オフィスの契約にかかる費用の相場

新オフィスの契約にかかる費用の相場は次のとおりです。

  • 前家賃:1~2カ月分
  • 敷金(保証金):賃料の4~12カ月分(貸主によって異なる)
  • 礼金:賃料の1~3カ月分
  • 保証会社費用:賃料の1カ月分(保証会社の利用が必要な場合のみ)
  • 仲介手数料:賃料の1カ月分(業者によっては半月分、無料になることがある)
  • 火災保険料:2年間で2~3万円(物件条件や補償内容による)

仮に、家賃100万円のオフィスへ移転する場合、前家賃は100~200万円かかります。敷金は400~1,200万円、礼金は100~300万円が目安です。そのほかの費用を含めると、およそ600~1,700万円(+火災保険料)となります。

移転にかかる費用の相場

移転にかかる費用の相場は次のとおりです。

  • 引っ越し費用:従業員1人あたり3万円程度
  • 不用品処分費用:2トン車7~8万円、4トン車12~15万円

引っ越し費用の目安は、従業員20人であれば60万円程度になります。また、不用品処分のために4トン車を依頼した場合の費用は12~15万円です。移転費用としては、75万円程度になるでしょう。

移転にかかる費用について詳しく知りたい方は、『オフィス移転にかかる費用と見積もりのポイント』の記事もご覧ください。

新オフィスにかかる費用

新オフィスを借りる際にかかる費用の相場は次のとおりです。

  • 内装工事費:1坪あたり10~40万円程度(デザインや業者によって変わってくる)
  • インフラ整備費:社員1人あたり5~15万円程度
  • 什器・備品費:社員1人あたり5~30万円

70坪のオフィスを借りる場合、内装工事費は700~2,800万円ほどかかります。また、空調や通信環境などのインフラを整えるための費用は、従業員20人であれば100~300万円程度が目安です。さらに、什器・備品費については何をどのくらい購入するのかによって費用に差が生じます。従業員20人で100~600万円程度が目安となります。

旧オフィスの退去にかかる費用

旧オフィスの退去にかかる費用として、原状回復費用があります。原状回復費用はビルの規模やグレード、立地によって変わってきます。東京23区内の20~50坪程度の小規模ビルであれば、1坪あたり3~5万円程度が目安です。仮に、50坪のオフィスであれば、150~250万円程度かかります。

そのほかの諸費用

オフィス移転にともない、法務局や税務署、社会保険事務所などで手続きが必要です。専門家へ依頼する場合は書類作成費用として数十万円程度かかります。自社で手続きを行うことも可能で、その場合は手数料や印紙代などの費用以外はかかりません。

オフィス移転にかかる費用を抑える方法

オフィス移転には多額の費用がかかるのが一般的です。しかし、工夫をすれば移転費用を抑えることもできます。ここでは、オフィス移転にかかる費用を抑える方法を紹介します。

複数の業者から見積もりを取る

工事や引っ越しの業者を決める際は、同じ条件でも業者によって費用が異なる場合があるため、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。原状回復工事はビルのオーナーから業者を指定されることがありますが、その場合でも相場から大きく離れていないかを、ほかの業者から見積もりを取って確認することが大切です。

引越しの見積もりについて詳しく知りたい方は、『オフィス移転で気を付けたいことは?引っ越し見積もりのチェックポイント』の記事もご覧ください。

ワンストップサービスを利用する

ワンストップサービスとは、オフィス移転にかかる作業を一括で請け負ってくれるサービスです。コストの無駄を抑えられるため、コストパフォーマンスのよいオフィス移転が実現できます。

什器や備品の購入費を抑える

什器や備品の買い替えは必須ではありません。現在使っているものを転用することもできます。また、居抜き物件やセットアップオフィスを利用すれば、すでに什器や備品がそろっているため入居時のコストを抑えることができます。新品を購入する場合でもグレードを下げることでコストを抑えることができるでしょう。さらに、不要になった備品や家具はリサイクルすれば処分費用がかかりません。

オフィス移転費用の見積もりはお早めに!

オフィス移転には、新オフィスの契約にかかる費用や引っ越し費用以外にもさまざまな費用がかかります。オフィスの規模が大きいほど費用も大きくなるため、早めに見積もりを取って予算を算出しておく必要があるでしょう。企業によってはオフィス移転のノウハウがないこともあるため、オフィス移転で悩みがある場合はプロに相談するのもひとつの方法です。より具体的な費用が知りたい場合は、自社の条件に合わせて予算をシミュレーションしてみましょう。