居抜きオフィスとは?入居前に確認しておきたいメリット・デメリット

オフィス移転・リニューアル

オフィスを移転する際には、移転費用以外にも内装工事費や備品の購入費などの費用がかかります。また、工事や備品搬入の手配、日程調整にも意外と時間がかかるものです。できるだけ早くオフィスを移転したい場合には、居抜きオフィスを検討してみてはいかがでしょうか。居抜きオフィスなら、前の借主が使っていた内装や備品をそのまま引き継げるため、費用や手間を抑えることができます。今回は、居抜きオフィスとは何か、入居前に確認しておきたいメリットやデメリットなどを紹介します。

移転費用を削減できる!居抜きオフィスとは

オフィス移転には多額の費用がかかります。想定していたよりも多くの費用がかかり、頭を抱えてしまうこともあるでしょう。費用を抑えるなら、居抜きオフィスを探してみるという方法もあります。

居抜きオフィスとは、家具やレイアウトがそのままの状態で貸し出されるオフィスのことです。通常、オフィスを退去する際は、入居時の状態に戻す必要があります。しかし、居抜きオフィスの場合は、前の借主が原状回復せずに退去するスタイルなので、次の借主は家具の購入や内装工事にかかる費用を抑えることができるのです。

特に、50坪程度の中小規模のオフィスでは、借主が変わっても同じようなレイアウトになることが一般的です。通常は、受付や廊下、給湯室の配置などに大きな違いはありません。したがって、新しいオフィスを借りて一から設計したとしても、居抜きオフィスとほとんど変わらない設計になる可能性が高いのです。それならば、居抜きオフィスを選んだほうが、コストの節約につながりやすく、総合的なメリットが大きいかもしれません。居抜きオフィスは、オフィスの移転費用を抑えたい企業におすすめです。

オフィスを貸し出す業者やオーナーにとっても、居抜きオフィスを貸し出したいという事情があります。空き室の期間を短くすることで、安定した賃料を得ることができるからです。また、居抜きオフィスは借りる企業にも多くのメリットがあるため、あえて居抜きオフィスとして貸し出すケースもあります。オフィスを新たに借りるときや移転を検討する際は、こういった物件があることも知っておくとよいでしょう。

居抜きオフィスのメリット・デメリット

移転費用を抑えられても、そもそも使いにくいと感じるようなら避けたほうがいい場合もあります。居抜きオフィスへの入居を検討する際は、どのようなメリットとデメリットがあるのかを押さえておくことが大切です。

メリット

居抜きオフィスの最大のメリットは、以前の借主が使っていた設備や備品をそのまま使えるため、移転費用を抑えられることです。家具や什器の購入には、かなりの費用がかかるため、大きな節約になるでしょう。

内装工事にかかる費用も抑えられます。また、備品の搬入も少なくすむため、引越し費用がかさまないこともメリットです。業者との打ち合わせや備品を選ぶ時間も抑えられるため、通常業務を大きく妨げることなく移転することも可能です。

居抜きオフィスは、退去する側も原状回復にかかる手間を抑えられるというメリットがあります。移転の際に家具や設備を移転先に運んだり処分したりする必要もないため、通常よりもスムーズに移転できるでしょう。そのため、新しく入居する企業もすぐにそのオフィスを使い始めることができるという利点があります。

デメリット

前の借主がレイアウトしたオフィスをそのまま使うことになるため、使いにくい場合は部分的に工事をする必要があります。工事費用を抑えるつもりで借りたのに、思わぬ出費が発生してしまう可能性もありえます。

また、オフィス家具や什器などの設備はすべて中古品となり、耐用年数を超えた古い設備は安全性にも問題があるため、買い換えが必要です。使えない備品を処分する際には、費用がかかります。

オフィスを退去する際には、前の借主が原状回復せずに退去した場合でも、原則として原状回復しなければなりません。賃貸オフィスの契約には原状回復工事義務があり、借主は退去時にその義務を引き継ぐことになります。

居抜きオフィスを選ぶ際の注意点

居抜きオフィスは物件の状況をよく確認しないと、かえって費用がかかってしまうこともあるため注意が必要です。居抜きオフィスを借りる際の注意点は以下のとおりです。

内部の状態を確認する

老朽化している物件を借りる場合、内部の状態をよく確認する必要があります。内装や備品が使えないと、工事や廃棄に費用がかかってしまうため、使用可能な状態かチェックしましょう。

レイアウトを確認する

前の借主が異なる業種だった場合、レイアウトが使いにくい可能性もあります。事前にレイアウトの図面をもらい、自社でも使えるレイアウトなのか検討が必要です。

クリーニングの費用負担を確認する

入居時にオフィス内が汚れていたり、残留物が残っていたりすると、クリーニングや処分にかかる費用を誰が負担するのかでトラブルになることがあります。そのため、事前に費用負担やクリーニングの時期についても話し合っておきましょう。

退去する際の原状回復について確認する

居抜きオフィスとして借りた場合でも、基本的に借主は退去時に原状回復する必要があります。入居時には費用を抑えることができますが、将来発生する費用についても事前に確認しておくことが大切です。入居前にどのくらい原状回復費用がかかるのか見積りをとっておきましょう。

居抜きオフィスを借りる場合は現状を確認しよう!

居抜きオフィスは、オフィス移転にかかる手間や費用を抑えたい企業におすすめの物件です。しかし、事前に現状を確認しておかないと、思わぬ費用がかかってしまうこともあります。また、前の借主の希望で整えられた内装や備品が、自社にも適しているのかを事前に確認しておきたいところです。居抜きオフィスは、必ずしも自社の希望に合っていないケースもあることを認識したうえで、物件探しをしてみましょう。