企業におけるウェルビーイングとは?導入のメリットや企業の取り組みを紹介

企業におけるウェルビーイングとは?導入のメリットや企業の取り組みを紹介

ワークスタイル

ウェルビーイングとは、「幸福」を意味する言葉です。ただし、一時的な幸福感ではなく、持続的な幸福を示すときに使われます。企業においてもウェルビーイングの考え方が重視されるようになり、社員が幸福な状態でいられるようにさまざまな取り組みが行われています。ウェルビーイングの考え方を取り入れることで、企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は、企業におけるウェルビーイングの重要性や取り組みについて紹介します。

ウェルビーイングとは 

ウェルビーイングは「幸福」と訳されることが多く、精神的・身体的・社会的に良好であることを意味します。「嬉しい」や「楽しい」などの一時的な幸福感ではなく、持続的な幸福を表す言葉です。企業においても社員のウェルビーイングが重視されつつあり、さまざまな取り組みが行われています。ただし、ウェルビーイングを実現するには、単に職場環境や福利厚生の整備をするのではなく、社員が仕事やプライベートに対して幸福感を持つことが重要です。

例えば、企業が社員に対して提供している基本的な福利厚生の一つに社会保険制度があります。住宅手当の支給や退職金制度、健康診断の実施などを行っている企業も多いです。そのほかにも、スポーツクラブの割引や無料の社員食堂などを提供している企業もあります。そういった福利厚生を通して、社員が持続的な幸福感を持つことができれば、ウェルビーイングを実現できているといえるでしょう。

つまり、ウェルビーイングとは、幸福になるための目的であり、企業は社員がどのようなことで幸福感を持続できるのか検討する必要があります。

企業においてウェルビーイングが重要な理由

ウェルビーイングの実現は、企業にとっても重要なものです。実際に、社員のウェルビーイングを実現するために、さまざまな取り組みを行っている企業もあります。企業はなぜ社員のウェルビーイングを重視するようになったのでしょうか。

社員の安全と健康の確保

社員の安全と健康を守ることは、企業にとっても非常に大切なことです。社員が安全で健康な状態で長く働ければ、企業にとっての安定につながります。少子高齢化により働き手が少なくなってきている現在、今働いている社員がより長く活躍してくれれば企業にとっても安心でしょう。企業が労働環境の改善に取り組むことで、社員の安全と健康をより守りやすくなります。

人材の確保

業種によっては慢性的な人手不足の状態が続き、一部の企業にとっては死活問題ともなっています。人材の確保は企業にとって重要な課題です。一方の労働者側は、いわゆるブラック企業のように労働者の使い捨てをする会社よりも、安心して長く働ける会社に魅力を感じる人が多くなっています。そのため、企業は人材確保のためにも企業イメージの向上を図る必要があるのです。ウェルビーイングの向上に取り組むことで企業イメージがよくなり、人材の確保につながる可能性があります。

多様な働き方の実現

働き方改革が進むにつれ、個人の生活や考え方に合った働き方が認められるようになってきました。このような状況に合わせ、業務の進め方や残業のあり方、有給休暇制度などを見直した企業も多いでしょう。また、時短勤務やテレワーク、フレックス制を導入する企業も多くなっています。このように、多様な働き方を認めることで、社員が働きやすいと感じる労働環境を実現できる可能性があります。

《一緒に読みたい記事》
テレワークにも対応!ウィズコロナ・アフターコロナ時代のオフィスレイアウト

ウェルビーイングの考え方を導入するメリット

ウェルビーイングの考え方を取り入れることで、企業にとって次のようなメリットがあります。

  • 社員がより健康になり、業績向上につながる
  • 企業イメージが向上し、新たな人材の確保につながる
  • 社員の会社に対する満足度が高まり、離職率の低下につながる
  • 仕事に対するモチベーションが向上する

社員が心身ともに健康であれば、仕事に対するモチベーションも自然と高まりやすくなります。そのためには、社員の健康管理はもちろん、無理のない業務量や目標設定、柔軟な勤務体制などが必要です。また、社員が働きやすいと感じる環境を整えれば、離職率の低下につながる可能性があります。企業イメージも向上し、新たな人材の確保につなげられるかもしれません。

《一緒に読みたい記事》
体調管理が仕事にもたらす効果とは?在宅勤務で心がけたい体調管理の方法

ウェルビーイングを高めるための取り組み

ウェルビーイングを高めるためには、具体的にどのような取り組みが必要なのでしょうか。ここでは、企業の取り組みについて紹介します。

生産性が高まるオフィス環境

社員が働きやすいと感じるオフィス環境を整えることで、満足度が高まる可能性があります。例えば、集中ブースや休憩スペースを設置することで、社員が自身のペースで業務を進められるようになるでしょう。効率的に業務を進められれば、生産性も高まることが期待できます。

《一緒に読みたい記事》
オフィス、テレワークで集中力を高めるための効果的な施策とは?

社員同士のコミュニケーション

社員同士のコミュニケーションもウェルビーイングを高めるのに効果的です。気軽にコミュニケーションを取れるようにミーティングスペースやチャットツールを導入してみましょう。普段はあまり話す機会がない上司や他部署のメンバーとのコミュニケーションも生まれやすくなり、社員の帰属意識も高まります。

《一緒に読みたい記事》
ウィズコロナで大きく変わった社内コミュニケーション。活性化させるためのポイントは?

《一緒に読みたい記事》
社内コミュニケーションが不足する理由は?原因と対策を考えよう

社内制度の整備

復職支援や福利厚生、残業時間の削減など、社内制度の整備も重要です。社員が個人の事情に合わせて利用できる制度があれば、社員は仕事とプライベートの両立がしやすくなります。近年、就職や転職をするにあたり社内制度が充実しているかどうか重視する人も多いため、人材の確保につながる可能性もあります。

健康増進活動

社員の健康管理はウェルビーイングの実現に欠かせません。例えば、相談窓口の設置やストレスチェックなどを実施することも、健康増進活動の方法です。社員が健康な状態であれば、生産性やサービスの質向上につながりやすく、企業にとっても大きなメリットになるでしょう。

プラスでは健康経営を実現したい企業向けに、ebookによるオフィス事例集をご用意しています。健康経営の実現に向けて、オフィス環境の改善に取り組む企業の事例を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

《お役立ち資料》健康経営を実現するオフィス事例集はこちらから

ウェルビーイングを高めるための取り組みを始めよう!

社員のウェルビーイングを高めることで、企業にとってもさまざまなメリットがあります。社員のウェルビーイングを高めるには、オフィス環境の改善や社内コミュニケーションの活性化が重要です。すでに多くの企業が社員のウェルビーイングを高めるための取り組みを進めています。自社におけるウェルビーイングの実現に課題がある場合は、企業の事例をぜひ参考にしてください。

 

参考: