選び方次第で業務効率も変わる!知っておきたいオフィス家具の選び方

オフィス家具

オフィス家具を選ぶ上では、おしゃれでデザイン性が高いものを選びたくなる気持ちもありますが、それと同じくらい大切にしたいのが、従業員の使い勝手を考えることです。オフィス家具を選定するうえで、知っておきたいことをまとめました。

デザインだけでオフィス家具を選ばないこと

オフィス家具は大型のものが多いため空間に占める割合も高く、オフィスの雰囲気を大きく左右する要素の一つです。そのため、デザイン家具を置くだけで、どこか洗練されたおしゃれな雰囲気に感じることも少なくありません。
オフィスにデザイン性を持たせることで、ブランディング効果や従業員のモチベーションアップなどの効果が期待できます。そのため、デザイン重視でオフィス家具を選ぶのは、決して間違いとは言い切れない部分もあります。

ただ、デザイン性の高い家具は個性が強いものが多いため、後々オフィスのレイアウト変更などの際に使い回しが利かないことがあります。また、いざ導入してみると、思ったほど収納力がなかったり、用途が限定されすぎていたりと、使い勝手の悪さを感じてしまうケースもあるため注意が必要です。

理想のオフィスを実現する家具とは?

こうしたトラブルの発生を避け、後々まで使えるオフィス家具を選ぶためには、デザインだけでなく機能や使い勝手もしっかりと吟味することが大切です。
例えば、自社にはどのくらいの収納スペースが必要なのか、業務を行ううえで適切なデスクの広さがどのくらいかといった要素は、ごく基本ではありますが重要なポイントです。言うまでもありませんが、十分な収納スペースがないとオフィスをスッキリとおしゃれに見せることはできませんし、いくらデザインがいいからといって、オフィスに対して大きすぎるデスクを選んでしまうのも考えものです。

オフィス家具は見た目も重要な要素ではありますが、業務内容や社風、従業員の働き方などを踏まえ、自社にあった家具を選ぶことが大切です。導入することで従業員が心地よく効率的に仕事でき、オフィス全体が快適になる――そんなイメージができる家具であれば、理想のオフィスを実現することができるのではないでしょうか。

迷った場合は、プロに依頼するのもひとつの方法

使い勝手がよく、さらに業務効率を妨げないような家具を選ぶためには、ゾーニングや社員の動線、コミュニケーションのとりやすさなどさまざまな要素を検討する必要があります。当然ながら、家具だけに目を向けるのではなく、社員の働き方や業務内容まで踏まえて選定する必要があり、全く経験のない人がゼロの状態から計画するのは簡単ではありません。

もし、自社にはどのような家具が適しているのか分からないと感じているなら、思い切ってオフィスづくりのプロに依頼するのもひとつの方法です。こうしたサービスを利用するメリットは、「ブランディングに効果のあるオフィスにしたい」「社内のコミュニケーションを活性化させたい」といった課題をヒアリングし、それを解決できるような家具を提案してくれることにあります。ただ見た目だけで家具を選ぶのではなく、機能性までしっかりと意識して選ぶことで、快適で使いやすいオフィスを実現することができるでしょう。

オフィス家具は機能性とデザイン性のバランスを重視して

オフィスの家具は毎日の業務のなかで使うものだけに、ちょっとした違いで業務効率を大きく左右するものでもあります。ただおしゃれなだけでなく、機能性までしっかりと意識することで、快適で働きやすいオフィスを実現することができるでしょう。