PAGETOP

たとえば、社長が先頭に立って営業活動や主軸となる業務を遂行しているような企業であれば、あえて社長室を設けずに社員と同じ場所で働いたほうが効率的です。しかし、ある程度の規模で社長業を中心に行う状況になれば、社長室を設けたほうがスムーズに業務を遂行していける可能性が高いでしょう。そこで今回は、社長室を設置するメリットやレイアウトのポイント、設置する際の注意点についてお伝えします。

社長室の必要性、メリット

社内に社長室が必要かどうかを決める際の判断ポイントは、自社にとって社長室がどのような役割を果たすのか、どのようなメリットをもたらすのかを明確にできるかどうかです。

そもそも社長室の主な役割は、経営に必要な情報を収集・分析し、将来的な方針を決定することにあります。また、契約や財務などの機密情報を管理し、情報漏洩を防ぐのも社長室の重要な役割です。経営方針の策定や機密情報の管理を、社員と同じ執務室で行うのが困難な状況であれば、社長室を設置することをおすすめします。

社長室を設置する主なメリットとして挙げられるのは、次の3点です。

社長業に集中することが可能

社長の主な役割としては、経営方針・戦略の決定、重要な契約の締結、社員が快適に業務を行うための環境構築、後継者の育成などが挙げられます。

これらの業務を遂行していくには、現場の状況にとらわれず集中できる環境が欠かせません。社長室を設置し執務室と区切ることで、現場との距離が生まれ、集中できる環境が実現します。

セキュリティ管理がしやすくなる

執務室と社長室を分けることで、契約や財務に関する機密情報の管理がしやすくなります。また、役員や社員など、ほかの人に聞かれたくない会話も、社長室という区切られた空間であれば気兼ねなくできるでしょう。

これにより、情報漏洩リスクが低減するだけではなく、企業としてのコンプライアンス遵守にもつながります。

重要な来客の応対が可能になる

企業には多くのお客様が来訪しますが、なかでも社長が応対するのは、企業にとって重要なお客様であるケースがほとんどです。また、社長が応対する場合、機密情報に関する内容が含まれるケースもあるため、オープンな商談室よりも社長室のほうが適しています。

また、社長室を使うことで相手にも重要なお客様として応対していると認識してもらえるため、好印象を抱いてもらえる可能性も高まるでしょう。

社長室のレイアウトで欠かせないポイント

社長室を設置するといっても、単にスペースだけを用意し、そこにデスク、チェア、書棚を置けば完成というわけにはいきません。ほかのスペース同様、快適に業務を遂行できるレイアウト設計が求められます。特にポイントとなる点は次の3つです。

オフィス全体のレイアウトの中で最も効率的な場所に設置する

社長室はエントランスから最も遠い場所に設置するのが一般的です。そうすることで、人の出入りも少なくセキュリティ管理もしやすくなります。しかし、業種によっては、主要業務を行う部署の近くに社長室を設置し、連携を取れるようにしたほうが効率的です。

たとえば、営業重視の企業であれば、営業部の近くに社長室を設置する、開発や製造重視の企業であれば、開発・製造部署の近くに社長室を設置するのがよいでしょう。

ワークスペースをしっかりと確保する

経営方針や戦略を策定するには、多くの書類や資料を必要とするため、大きめのデスクを設置するとともに、近くに書棚を用意します。必要な書類や資料の閲覧で頻繁に立ったり座ったりするケースも考えられるため、窮屈にならないよう、しっかりとスペースを確保することが重要です。

応接スペースは余裕を持って設置する

来客が多い企業であれば、応接スペースは余裕を持って設置しましょう。4~5人ぐらいが座れるほどのスペースを取れば、社長室で会議を行うことも可能になります。また、最近では、新型コロナウイルス感染対策として打ち合わせをWeb上で行うケースも増えているため、大型のモニター設置も必須です。

社長室を設置する際の注意点

社長室の設置は多くのメリットがあるものの、いくつか注意しなくてはならない点もあります。具体的には次のとおりです。

社長室の家具は来客を想定して選択する

社長室に設置する家具は質へのこだわりも欠かせません。ある程度のコストをかけてでも質の良い家具を設置することで、企業自体のブランディングにもつながります。重厚感のある家具、カーペットを選択し、落ち着いた空間を演出しましょう。

サムティ株式会社 様

サムティ株式会社 様

セキュリティを保持しながら開放感も重視する

社長室は機密情報を保管するため、セキュリティの保持も必須ですが、同時に開放感のあるつくりにすることも重要です。たとえば、入口のドアがある面の壁にガラスパーテーションを使えば、閉塞感がなくなると同時に社員の動きも見え、コミュニケーションもとりやすくなります。

企業ブランディングにもつながる社長室の設置

社長室は、社長業に集中し、経営戦略・方針の策定を行う場となります。もちろん、業種や企業形態にもよりますが、社長業に専念できる規模にまで企業が成長した際には、基本的に、社長室の設置を検討されることをおすすめします。

社長室を設置するメリットは、社長業に集中できるようになるのに加え、企業ブランディングにもつながる点です。質を重視した家具を用意し、重厚感を出せれば来客の印象もアップする可能性が高まります。

PLUSでは、さまざまなオフィス家具を用意し、多様な用途に応じた設計から設置までトータルでサポートします。新たに社長室の設置を検討している際は、ぜひお気軽にご相談ください。

応接室を設置する際のポイントについては、『応接室を設置する際のポイント、会議室との違い、家具の選び方を解説』をご覧ください。

て社長室がどのような役割を果たすのか、どのようなメリットをもたらすのかを明確にできるかどうかです。

そもそも社長室の主な役割は、経営に必要な情報を収集・分析し、将来的な方針を決定することにあります。また、契約や財務などの機密情報を管理し、情報漏洩を防ぐのも社長室の重要な役割です。経営方針の策定や機密情報の管理を、社員と同じ執務室で行うのが困難な状況であれば、社長室を設置することをおすすめします。

社長室を設置する主なメリットとして挙げられるのは、次の3点です。

社長業に集中することが可能

社長の主な役割としては、経営方針・戦略の決定、重要な契約の締結、社員が快適に業務を行うための環境構築、後継者の育成などが挙げられます。

これらの業務を遂行していくには、現場の状況にとらわれず集中できる環境が欠かせません。社長室を設置し執務室と区切ることで、現場との距離が生まれ、集中できる環境が実現します。

セキュリティ管理がしやすくなる

執務室と社長室を分けることで、契約や財務に関する機密情報の管理がしやすくなります。また、役員や社員など、ほかの人に聞かれたくない会話も、社長室という区切られた空間であれば気兼ねなくできるでしょう。

これにより、情報漏洩リスクが低減するだけではなく、企業としてのコンプライアンス遵守にもつながります。

重要な来客の応対が可能になる

企業には多くのお客様が来訪しますが、なかでも社長が応対するのは、企業にとって重要なお客様であるケースがほとんどです。また、社長が応対する場合、機密情報に関する内容が含まれるケースもあるため、オープンな商談室よりも社長室のほうが適しています。

また、社長室を使うことで相手にも重要なお客様として応対していると認識してもらえるため、好印象を抱いてもらえる可能性も高まるでしょう。

社長室のレイアウトで欠かせないポイント

社長室を設置するといっても、単にスペースだけを用意し、そこにデスク、チェア、書棚を置けば完成というわけにはいきません。ほかのスペース同様、快適に業務を遂行できるレイアウト設計が求められます。特にポイントとなる点は次の3つです。

オフィス全体のレイアウトの中で最も効率的な場所に設置する

社長室はエントランスから最も遠い場所に設置するのが一般的です。そうすることで、人の出入りも少なくセキュリティ管理もしやすくなります。しかし、業種によっては、主要業務を行う部署の近くに社長室を設置し、連携を取れるようにしたほうが効率的です。

たとえば、営業重視の企業であれば、営業部の近くに社長室を設置する、開発や製造重視の企業であれば、開発・製造部署の近くに社長室を設置するのがよいでしょう。

ワークスペースをしっかりと確保する

経営方針や戦略を策定するには、多くの書類や資料を必要とするため、大きめのデスクを設置するとともに、近くに書棚を用意します。必要な書類や資料の閲覧で頻繁に立ったり座ったりするケースも考えられるため、窮屈にならないよう、しっかりとスペースを確保することが重要です。

応接スペースは余裕を持って設置する

来客が多い企業であれば、応接スペースは余裕を持って設置しましょう。4~5人ぐらいが座れるほどのスペースを取れば、社長室で会議を行うことも可能になります。また、最近では、新型コロナウイルス感染対策として打ち合わせをWeb上で行うケースも増えているため、大型のモニター設置も必須です。

社長室を設置する際の注意点

社長室の設置は多くのメリットがあるものの、いくつか注意しなくてはならない点もあります。具体的には次のとおりです。

社長室の家具は来客を想定して選択する

社長室に設置する家具は質へのこだわりも欠かせません。ある程度のコストをかけてでも質の良い家具を設置することで、企業自体のブランディングにもつながります。重厚感のある家具、カーペットを選択し、落ち着いた空間を演出しましょう。

サムティ株式会社 様

サムティ株式会社 様

セキュリティを保持しながら開放感も重視する

社長室は機密情報を保管するため、セキュリティの保持も必須ですが、同時に開放感のあるつくりにすることも重要です。たとえば、入口のドアがある面の壁にガラスパーテーションを使えば、閉塞感がなくなると同時に社員の動きも見え、コミュニケーションもとりやすくなります。

企業ブランディングにもつながる社長室の設置

社長室は、社長業に集中し、経営戦略・方針の策定を行う場となります。もちろん、業種や企業形態にもよりますが、社長業に専念できる規模にまで企業が成長した際には、基本的に、社長室の設置を検討されることをおすすめします。

社長室を設置するメリットは、社長業に集中できるようになるのに加え、企業ブランディングにもつながる点です。質を重視した家具を用意し、重厚感を出せれば来客の印象もアップする可能性が高まります。

PLUSでは、さまざまなオフィス家具を用意し、多様な用途に応じた設計から設置までトータルでサポートします。新たに社長室の設置を検討している際は、ぜひお気軽にご相談ください。

応接室を設置する際のポイントについては、『応接室を設置する際のポイント、会議室との違い、家具の選び方を解説』をご覧ください。

オフィスづくりに役立つダウンロード資料集