フリーアドレスに感じるストレスを解消する対策とは?

フリーアドレスに感じるストレスを解消する対策とは?

ワークスタイル

フリーアドレスを導入したものの、思うような効果が発揮されないケースは少なくありません。その理由はいくつか考えられますが、主なものとして挙げられるのは社員がフリーアドレスにストレスを感じてしまうことです。ではなぜ、社員はフリーアドレスにストレスを感じてしまうのでしょう? 今回はフリーアドレス導入でよくある課題点を見つつ、社員がストレスを感じるポイントとその解消方法についてお伝えします。

フリーアドレスでよくある課題とは?

企業がフリーアドレスを導入する主な目的としては、オフィススペースの有効活用、省スペース化による経費節減、部署を越えた社員同士のコミュニケーション活性化などが挙げられます。しかし、フリーアドレスは従来のオフィススタイルとは大きく異なるため、特に導入直後はいくつかの課題点も生まれがちです。具体的には次のような課題が考えられます。

準備期間が短すぎる

前述したように、フリーアドレスは従来の固定席が用意されているレイアウトとは大きく異なるオフィススタイルです。そのため、準備期間もほとんどない状態で始めてしまうと、慣れていないためにうまく活用できず、結局は同じメンバーで固まってしまいます。

思ったようにコミュニケーションが活性化しない

フリーアドレスを導入する目的の一つでもあるコミュニケーション活性化。しかし、これもフリーアドレスを導入したからといって、それまでほとんど交流のなかった社員同士で急にコミュニケーションがうまくいくとは限りません。むしろ、互いに気を使ってしまい業務にも支障が出てしまうリスクもあり得るでしょう。

チームや部署での業務が滞ってしまう

すでにチームワークに慣れているチームや部署であれば、普段は席が離れていても、ここぞという時にはうまくコミュニケーションを取り合ってチームや部署での業務を進めていけるかもしれません。しかしチームワークに慣れていない状態で急にフリーアドレスを始めれば、席がバラバラになることでチームや部署での業務が滞ってしまう可能性が高まります。

フリーアドレス導入のポイントはこちら

《一緒に読みたい記事》

フリーアドレス導入時の4つの課題とその解決方法

《一緒に読みたい記事》

今後のフリーアドレスの役割とは?アフターコロナを見据えたオフィスへ

フリーアドレスの普及を妨げる社員のストレス

フリーアドレスの導入に失敗してしまう理由としては、前述したように十分な準備期間が取れていない点が大きいと考えられます。そして、もう一つの理由として挙げられるのが社員のストレスです。フリーアドレスは、従来のオフィススタイルから大きく変わるため、社員の意識も大きく変える必要があります。

もちろん、すぐにフリーアドレスに慣れる社員もいるかもしれません。しかし、多くの社員は、同じ会社ではあるものの、接点のない者同士が近くに座ってもなかなか活発なコミュニケーションを取れず、ストレスを感じてしまうでしょう。また、毎日席を選ばなくてはならないのも、人によってはストレスにつながります。

《一緒に読みたい記事》

フリーアドレスが面倒くさくなってしまう理由とその解消方法

コミュニケーションのストレスを解消するための対策

日々、新しい人とコミュニケーションを取らなくてはならないといった状況は、人によっては大きなストレスになります。そこで、コミュニケーションにかかるストレスをできるだけ解消し、フリーアドレスをなじませていくための対策を紹介します。

コミュニケーションを強要しない

隣り合った席に座ったとしても、無理にコミュニケーションを取る必要はありません。無理をしてコミュニケーションを取ろうとしてそのストレスで業務が滞ってしまっては本末転倒です。コミュニケーションは決して強要せず、社員に任せるようにします。

カフェスペースやマグネットスペースの設置

ストレスを解消する方法の一つとして、リラックスできる時間や空間をつくり出すことが挙げられます。そこでおすすめなのがカフェスペースやマグネットスペースの設置です。タバコを吸わない社員でも気軽に立ち寄って息抜きができる場所をつくるのは、ストレス解消に大きく役立ちます。

集中スペースの設置

集中スペースの設置もストレス解消に効果を発揮します。短い時間でも周囲のノイズから逃れ一人の空間で業務を行えば、リフレッシュ効果もあるうえ、業務も進み二重のメリットが得られるでしょう。

《一緒に読みたい記事》

コミュニケーションと集中のメリハリを実現する集中ブースの効果的活用方法

《一緒に読みたい記事》

自由な働き方ができる会社の特徴を紹介!期待される効果とは?

フリーアドレスのスムーズな導入は、事前の雰囲気づくりが重要

フリーアドレスは、「競合が導入している」「成果事例をよく見かける」などの理由だけで導入してもなかなかうまくはいきません。他社でうまくいっている事例をそのまま当てはめても、それぞれの企業文化や風土が異なるからです。

フリーアドレス導入での重要なポイントとしては、「導入の目的を明確にする」「十分な準備期間を設定する」「社員がストレスを感じない工夫をする」などが挙げられます。特にコミュニケーション活性化を目的として導入しても、ただ自由に席を選ばせるだけでは活性化は実現できません。

そのためには、カフェスペースやマグネットスペースを設置し、部署を越えて気軽にコミュニケーションを図れる土壌をつくっておくことが欠かせないといえるでしょう。

 

参照サイト:

フリーアドレス導入ガイドダウンロードページへ