在宅勤務では難しい!?オフィスだからこそできる設備で仕事効率化

TIPS

この記事は、プラス株式会社ファニチャーカンパニー東京オフィスのライブショールームと連動した企画記事です。

プラスは、自分たちが実際に働く東京オフィスを”ライブショールーム”と位置づけており、たくさんの方にご見学いただいています。当記事では、私たちの”働く場”に散りばめられた様々な工夫やストーリーをTIPSとしてご紹介。オフィスでの働き方のヒントを、より詳しく知ることができます。

東京オフィスは、直接ご来場頂いてのご見学はもちろんのこと、オンラインでもご見学頂けます。詳しくはこちらをご覧下さい。

今回ご紹介するのは「オフィスだからできる設備」についてです。

プラスの「オフィスだからできる設備」をご紹介


在宅勤務が広まる一方で、オフィスに来る意義を問い直している方も多くいらっしゃるかと思います。オフィスだからこそできる仕事を実現するために、個人では揃えられない設備を導入検討してみてはいかがでしょうか。この記事では、「オフィスだからこそできる設備」についてご紹介します。

 

ワイド&ダブルのモニターで作業効率を倍に!

ノートパソコンひとつで仕事が完結できたとしても、ノートパソコン”だけ”では、その画面の小ささから作業領域が制限されてしまい、作業効率が落ちてしまいます。大きなモニターを導入すれば作業効率が上がりますが、在宅勤務ではモニターが無い、あるいは小さいモニターしかないという方も多いはず。オフィスにハイエンドなモニターを設置することで、在宅勤務では実現できない効率で仕事をすることが出来ます。特に、横に長いワイドなモニターや、2つを並べて利用するダブルモニターにすることで、在宅勤務よりも効率よく作業できる環境を提供することができます。

 

プロッターや3Dプリンターなどの設備を整える

図面や製品などを大きく印刷したい時に使われるプロッターや、樹脂などを固めて細かい造作物を短時間で制作できる3Dプリンターなどは、一般家庭にはなかなかないもの。一般家庭にない環境や、高価で個人でなかなか購入することができない機材や設備を整えることで、オフィスに来て働くことの価値を高めることができます。プロッターや3Dプリンターの他にも、360度カメラなどの特殊なカメラの貸し出しや、レーザーカッター・作業台などの大型機材など、オフィスや企業だからできることを活かしてみましょう。


多くの資料や素材に囲まれ、広いデスクを使って作業するアトリエ

オフィスだからこそできる設備として、アトリエがあります。東京オフィスでは、オフィスの一角に素材サンプルや、大きなカタログを広げながら、制作ができるアトリエを設けています。在宅勤務では多くのサンプルを集めたり、色々な専門カタログを見比べたりするということは、どうしても困難です。オフィスだからこそできる場所として、アトリエを追加してみてはいかがでしょうか。

 

オフィスだからこそできる設備を揃えて、オフィスの魅力を高めよう

テレワークが浸透していく中で、どこでも仕事ができるようになったと思われがちですが、オフィスでしかできないことも多くあります。テレワークでは出来ない「オフィスだからこそできる」設備を導入することでオフィスに人が集まるようになります。そこでの出会いや発想が、イノベーションや企業文化の形成に繋がります。求心力のあるオフィスにしていくため、オフィスだからこその設備を揃えてみてはいかがでしょうか。

 

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスのご紹介

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスでは、社員が実際に働いているオフィスを見学することができます。オフィスづくりのヒントがたくさん詰まったオフィスツアーに、是非ご参加ください。詳細はこちらのページを御覧くださいませ。

また、東京オフィスの働き方やヒントをブログにて公開中!こちらも併せてご覧くださいませ。