オフィスに設置された小高い丘「HILL(ヒル)」の活用術

TIPS

この記事は、プラス株式会社ファニチャーカンパニー東京オフィスのライブショールームと連動した企画記事です。

プラスは、自分たちが実際に働く東京オフィスを”ライブショールーム”と位置づけており、たくさんの方にご見学いただいています。当記事では、私たちの”働く場”に散りばめられた様々な工夫やストーリーをTIPSとしてご紹介。オフィスでの働き方のヒントを、より詳しく知ることができます。

東京オフィスは、直接ご来場頂いてのご見学はもちろんのこと、オンラインでもご見学頂けます。詳しくはこちらをご覧下さい。

今回ご紹介するのは「オフィスの小上がり」についてです。

プラスの「オフィスの小上がり」をご紹介

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスでは、オフィスに小高い丘を作り、そこを「HILL(ヒル)」と呼んでいます。この記事では「HILL」をオフィスに設けたことによる効果や活用術をご紹介します。

 

オフィスの小上がり「HILL(ヒル)」で気分転換

オフィスに小上がりの場所を作ると、20~30cm高くなっただけでも見える景色がガラッと変わり、気分も変わります。
「HILL」では壁面が全てマグネット付きのホワイトボードになっているため、ブレインストーミングやプレゼンテーションに最適。少し気分を変えてアイデア出しをしたいときなどに活用されています。

 

ステップを利用して、防災備蓄を収納

皆様のオフィスでは、防災備蓄をどのように収納されているでしょうか。多くの場合は、防災備蓄専用の倉庫を作って収納をされているかと思います。しかし、防災備蓄のための十分な場所を確保できない場合もあるかもしれません。その場合、必要最小限の備えしかできない可能性があり、リスクとなります。

そこで、東京オフィスでは、「HILL」のステップを利用して、防災備蓄を収納しています。収納されているのは有事の際に暖をとるための携帯毛布ですが、使用頻度はほとんどありません。かといって、必要分の収納場所を確保するには、比較的広いスペースが必要になります。オフィスに小上がりを作れば、そこを収納場所として活用することができます。

 

オフィスの小上がりをイベントスペースとして活用

東京オフィスでは、HILLのスペースを活用して社員の撮った写真を掲示する「写真展」を開催しました。オフィスの小上がりは、他の場所よりも一段高くなっているため社員の目に止まりやすく、展示会などのイベントスペースとして最適です。さらに、HILLにはプロジェクターも設置しているため、映像を投影してより一層のイベント感を演出することも可能です。

 

オフィスに小上がりを設置して、場所の有効活用

オフィスに小上がりの場所があれば、気分転換・防災備蓄・イベントスペースなど様々な方法で活用できます。オフィスの移転やリニューアルをご検討の際は、ぜひオフィスに小上がり取り入れてはいかがでしょうか。

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスのご紹介

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスでは、社員が実際に働いているオフィスを見学することができます。オフィスづくりのヒントがたくさん詰まったオフィスツアーに、是非ご参加ください。詳細はこちらのページを御覧くださいませ。

また、東京オフィスの働き方やヒントをブログにて公開中!こちらも併せてご覧くださいませ。