PAGETOP

テレワークは上司や同僚とのコミュニケーションが希薄になってしまうデメリットがありますが、一人で集中して業務を行うには最適な働き方といえるでしょう。そこで現在、オフィスにおいてもテレワークと変わらない環境で業務が行えるとして大きな注目を集めているのがテレワークブース(個室ブース)です。今回は、テレワークブースの概要、メリット・デメリットを見たうえで、目的別に選び方のポイントをお伝えします。

テレワークブース(個ブース)とは?

テレワークブースとは、集中して業務を行うための個ブースのことです。一気に普及した要因は、新型コロナウイルス感染防止対策として多くの企業でテレワークが導入されたことでしょう。業務内容によっては、従来の部署やチームと同じ場所ではなく一人で集中できる場所の方が高い成果が期待できるとして多くの企業が導入を進めました。

テレワークブースといっても、単純に個室を設置すればよいというわけではありません。電源やディスプレーはもちろん、業務内容に応じた設備が整っていることは必須です。

また、集中力を高めるには、防音機能や外からは覗き見ができない構造も求められます。あるいは、一部分を開放した半個室タイプで、孤立感を軽減させることも可能です。現在ではさまざまなタイプのテレワークブースがあるため、目的に応じて選択できます。

151-7f02.jpg

テレワークブース(個室ブース)のメリット

現在、テレワークブースの導入を検討している企業にとって気になるには、導入によりどのようなメリットが期待できるのかといったことでしょう。ここでは、テレワークブース導入の主なメリットをお伝えします。

業務にメリハリがつけられる

特にフリーアドレスやハイブリッドワークを導入しているオフィスでは、常に周囲に人がいるだけではなく、その日の出社率や業務内容により周囲の環境が大きく変わります。そのため、社員が集中力の必要な業務を行う際にテレワークブースを活用することで、業務にメリハリがつき生産性向上も期待できるでしょう。

集中モードに入るという意志表示ができる

個人の性格や部署、チームの雰囲気により、集中して業務を行いたいと言い出しにくいケースも少なくありません。しかし、テレワークブースがあれば、そこに移動するだけで「自分は集中モードに入る」という意志表示ができます。そのため、スムーズに業務を進めやすくなるでしょう。

セキュリティリスクを軽減できる

機密情報や、限られた社員だけが共有する情報を話す際にもテレワークブースが効果を発揮します。会議室を予約するほどでもないちょっとした打ち合わせに、防音設備が整ったテレワークブースを利用すると、セキュリティリスクを軽減できます。

09_N9A7463.jpg

テレワークブース(個室ブース)のデメリット

テレワークブースのメリットを最大限活かすために、注意すべきポイントも紹介します。

設置スペースが必要になる

テレワークブースは決して小さいものではないため、オフィスの中に設置スペースをつくらなければなりません。集中して業務を行うブースであるため、設置場所は人の往来が少ない場所を選んで設置することが大切です。場合によってはオフィス全体のレイアウトを見直す必要も生じます。

所在確認の手間が生じる

防音機能があって外部から覗き見できないタイプのテレワークブースの場合、そこに誰がいるのかわからず、所在確認の手間が生じるケースも少なくありません。そのため、テレワークブースを利用する場合には、事前に周知する、利用時間に制限を設けるなど、しっかりとしたルールの策定が必須です。

テレワークブース(個室ブース)の選び方

テレワークブースにはさまざまな種類があるため、どのようなケースで利用するのかを明確にしたうえで選択しないと、効果を十分に活かしきれません。ここでは、目的別テレワークブースの選び方を解説します。

151-kdx04.jpg

一人で集中して業務を行う際に利用する場合

一人で集中して行う業務に利用することが多い場合は、一人用かつ半個室タイプがおすすめです。スペースに余裕があり、Web会議でも使いたい場合は、完全個室の防音タイプも合わせて導入するとよいでしょう。

重要な商談や機密性の高い打ち合わせに利用する場合

2~4名用で完全個室かつ防音タイプの、外部からは覗き見ができないブースがおすすめです。特に商談にも利用したい場合は、4名用の大きめなブースがよいでしょう。

※テレワークブースの種類についてより詳しくは『テレワークブース(ワークブース)とは?オフィスでの多様な働き方を実現するポイントを解説)』の記事をご覧ください。

テレワークブース(個室ブース)はメリット・デメリット、種類を把握したうえで選択しよう

テレワークが増えたことで、以前に比べ、オフィスでも一人で集中して業務を行えるスペースを求める声が大きくなりました。また、コロナ禍によってWebミーティングの機会が増え、周囲を気にせずにWebミーティングを行いたいといったニーズも高まっています。オフィス内にテレワークブースがあれば、オフィスワークとテレワーク双方のメリットを活かせるため、今後もさらに普及していくでしょう。

ただし、ある程度のスペースが必要になるため、導入時は、オフィスのレイアウトも十分に考慮する必要があります。また、何を目的として導入するかで、どんな種類のテレワークブースが必要かも変わってくるため、どのような種類があるかを把握することも欠かせません。導入の検討をしている場合は、メリットとデメリット、種類をしっかりと確認したうえで進めていきましょう。

弊社では、オフィスのスペースを有効活用するコツをまとめた『オフィスダイエットガイドブック』を配布しています。無料でダウンロードできますので、テレワークブースの設置スペースを作るために、ぜひ活用してください。

【お役立ち資料】

集中スペースが仕事を効率化する

この記事を書いた人

マーケティング部 プラス株式会社ファニチャーカンパニー

プラス株式会社ファニチャーカンパニー マーケティング部

プラス株式会社ファニチャーカンパニーのマーケティング部門です。オフィスに関する最新のトレンド情報や、オフィス移転・リニューアル・オフィスデザインに関する情報を発信しています。 オフィスの最新情報はInstagram「plus_kagu」で検索してフォロー!昨日よりもオフィスが好きになるような、「家具・働く空間にまつわる工夫・デザイン事例」などの情報をお届けしています。

オフィスづくりに役立つダウンロード資料集