オフィス移転の主な理由とは?目的に合わせたレイアウト・家具の選定

オフィス移転の主な理由とは?目的に合わせたレイアウト・家具の選定

オフィス移転・リニューアル

企業がオフィス移転をする理由はさまざまです。オフィス移転には時間もコストもかかるため、企業にとって大きなメリットがなければ移転する意味がありません。オフィス移転の主な理由としては、社員数の変化や事業の拡大などが挙げられます。事業の拡大により社員数が増えてオフィスが狭くなり移転するケースや、テレワークの実施に伴いオフィスを縮小するために移転するケースが多いでしょう。今回は、オフィス移転の主な理由について解説します。また、オフィス移転の目的に合わせたレイアウトや家具の選定方法も紹介するので参考にしてください。

オフィス移転を検討すべき状況とは?

社員数の増減や事業の状況により、現在のオフィスが合わなくなることもあるでしょう。ここでは、オフィス移転を検討すべき状況について解説します。

社員数の変化

事業の拡大に伴い、社員が増えてオフィスが手狭になることもあるでしょう。今後も社員数が増える見込みであれば、オフィス移転を検討すべきです。オフィスが狭いと社員がストレスを感じやすくなります。ストレスにより仕事に対するモチベーションが低下する可能性もあります。今よりも広いオフィスに移転すれば、ひとりあたりのスペースを増やすことが可能です。また、面積によっては、集中スペースやミーティングスペースなど、業務の目的に合わせたスペースを確保することもできます。

出社する社員の変化

テレワークの実施により、出社する社員の人数に変化が生じている場合にオフィス移転を検討するケースもあります。今後も継続的にテレワークを実施する見込みがあれば、現在よりも狭いオフィスへ移転することも可能です。社員の増減に対応できるようにフリーアドレスにレイアウト変更すれば、従来のように社員全員の座席を置く必要がなくなります。フリーアドレスなら業務内容に合わせて自由に席を選べるため、コミュニケーションも取りやすくなるでしょう。

優秀な人材確保の必要性

優秀な人材を確保するためには、オフィスの立地や設備も重要です。たとえば、利便性の高い場所に移転すれば、社員が通勤しやすくなります。また、設備が新しくなれば社員のモチベーションアップにつながり、人材が定着しやすくなるでしょう。オフィスの立地によっては企業イメージを向上させることも可能です。企業イメージが向上すればリクルート活動もしやすくなり、優秀な人材の確保にもつながります。

オフィス移転の代表的な理由

オフィスをより効率的に運用するためには、オフィス移転もひとつの方法です。ここでは、オフィス移転の代表的な理由を紹介します。

ハイブリッドワークの実現

テレワークとオフィス勤務を両立させたハイブリッドワークを実現するために最適なオフィスへ移転するケースもあります。テレワークの場合、自宅で仕事をする人も多いですが、自宅の状況によっては業務に集中できない人もいるでしょう。そのため、たとえ100%テレワークが可能な業務でも、オフィスで仕事をしたほうが効率的な場合もあります。オフィス移転によりハイブリッドワークでも利用しやすい環境を整えることが大切です。

ハイブリッドワークについては、『ハイブリッドワークとは?テレワークの定着を実現させるポイントと注意点』の記事で解説しています。ぜひご覧ください。

営業効率の向上

営業効率の向上もオフィス移転の主な理由のひとつです。都心や駅チカ、営業エリアの近くのオフィスへ移転することで、新たな顧客の確保がしやすくなります。特に、店舗型のオフィスの場合は、ターゲット層がアクセスしやすいエリアへ移転することで営業効率を高めることが可能です。同じ業種が多いエリアに移転すれば、ライバル企業の顧客を惹きつけられる可能性もあります。オフィス移転は企業の業績向上にも影響するのです。

オフィス環境の改善

企業のイメージアップや人材の確保に向けて、オフィス環境の改善を目指す企業もあります。たとえば、最新の設備が整ったオフィスへ移転すれば社員も気持ちよく仕事をすることができます。また、オフィス内の採光やオフィスから見える風景、広々とした空間づくりも重要です。オフィス環境を改善することで、社員のストレス軽減や生産性の向上などさまざまなメリットが期待できます。

オフィス移転に伴うレイアウト変更・家具の選定

オフィス移転に伴い、レイアウトの変更や新しい家具の導入を検討するケースも多いでしょう。ここでは、目的別におすすめのレイアウトやオフィス家具を紹介します。

ハイブリットワーク実現のためのオフィス移転の場合

テレワークとオフィス勤務の両立により人数の増減が生じるため、座席数を柔軟に変更できるフリーアドレスがおすすめです。フリーアドレスでは固定席を置かないため、その代わりに複数人で使えるテーブル型のデスクを配置するケースが多くなっています。拡張できるタイプなら人数の増減にも対応可能です。また、テーブルにはノートパソコンやモバイル機器をつなげられる配線機能が付いていることも重要です。個人の座席がないため、社員が私物を置くためのパーソナルロッカーも用意しましょう。

オフィス移転に合わせてオフィス家具の見直しをするとスムーズです。『オフィス移転時に見直したいオフィス家具は? 廃棄・リサイクルの方法も紹介』の記事もご覧ください。

営業効率を高めるためのオフィス移転の場合

営業効率を高めるためにはコミュニケーションしやすいオフィスづくりをしましょう。ミーティングスペースやカフェスペース、マグネットスペースなどの設置がおすすめです。ミーティングスペースやカフェスペースでは気軽に集まれるように、テーブルやソファを用意します。また、マグネットスペースとは、コピー機の周辺や給湯室など社員が集まりやすい場所のことです。カウンターやコーヒーサーバーなどを置くと人が集まりやすくなります。

オフィス環境改善のためのオフィス移転の場合

オフィス環境改善のためには、照明やインテリアを工夫してみることも大切です。執務スペースは集中しやすいように明るい空間に、休憩室はリラックスできるようにやや暗めの空間にするなど照明やインテリアを工夫してみましょう。また、座り心地のいい椅子や高さが調整できるデスクなどがあれば、長時間の作業でも疲れにくくなります。社員ひとりあたりのスペースも広めに確保し、ストレスがたまりにくい環境づくりをしましょう。

社員が集中できる環境を整えることは重要です。『オフィス、テレワークで集中力を高めるための効果的な施策とは?』の記事もご覧ください。

オフィス移転の目的に合わせてレイアウト・家具の選定を!

オフィス移転をする際には、移転の目的に合わせてレイアウトや家具の選定をすることが大切です。ハイブリットワークの実現のためなら、オフィスの利用者数に応じて柔軟に対応できるフリーアドレスが適しています。また、コミュニケーション重視のオフィスづくりやオフィス環境の改善もレイアウトの工夫次第で実現できます。

オフィス移転をするなら、事前にしっかり流れを把握しておくことが大切です。『これで完璧!オフィス移転の流れとすべきこと【チェックリスト付き】』の記事では、オフィス移転の流れを詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。