PAGETOP

オフィスの顔であるエントランスの中でも、受付はとくに重要な役割を担っています。受付スタッフが常駐している場合はその人の印象に左右されるでしょう。一方で、受付を無人化している場合は、レイアウトやデザインがそのまま受付の印象として伝わります。今回は受付に求められる役割や、訪問者に良いイメージを与えるデザインのポイントについてお伝えします。

オフィスの受付に求められる役割とは

オフィスの受付に求められる役割は、場所としての役割と人としての役割に分けられます。それぞれの主な役割は次のとおりです。

場所としての受付の役割

社員や訪問者を迎え入れる空間が受付です。訪れた人に「気持ちよく迎え入れられた」と感じてもらうことが、場所としての受付の重要な役割です。

人としての受付の役割

訪問者と社員をつなぐ役割を担っていて、有人受付と無人受付の2つに大きく分けられます。有人受付の場合、受付スタッフは訪問者の対応・管理や電話・メール対応、会議室や応接室の予約情報管理、エントランス周辺の清掃などを行います。無人受付の場合は、訪問者が内線電話やタッチパネルなどを通して社員に連絡を取る仕組みです。

オフィスの受付で好印象を与えるデザインとは

訪問者を気持ちよく迎え入れ、良いイメージを持ってもらうためには、受付のデザインを意識することが重要です。ここでは、訪問者に好印象を与えるデザインの例を紹介します。

オフィスエントランスとの統一感のあるデザイン

一般的にオフィスエントランスは、企業の顔として企業理念やビジョンをアピールする大きな役割を持っています。そのため、オフィスエントランスの中に位置する受付を印象の異なるデザインにするとバランスが崩れ、訪問者に誤ったイメージを与えてしまいかねません。受付もオフィスエントランスの一部として違和感のないイメージのデザインにすることが重要です。

オフィスエントランスの役割については、「オフィスのエントランスに求められる役割とは? 事例や設計ポイントも紹介」の記事をご覧ください。

オフィスエントランスのアクセントとなるデザイン

受付単体ではなくオフィスエントランス全体を見たときに、統一感のあるデザインにすることが重要です。しかし、オフィスエントランスに埋もれてしまうとメリハリがなくインパクトに欠けてしまうリスクもあります。

統一感を持たせながらも受付が全体のアクセントになるよう意識すると、好印象を与えるデザインにつながるでしょう。たとえば、コーポレートカラーが白であれば受付カウンターの一部を黒にする、コーポレートカラーがパステル調のブルーであればパステルレッドの受付カウンターを設置するといった手法を取り入れることで、インパクトと統一感を同居させる場合もあります。

株式会社EPファーマライン様 事例

オフィスの受付をデザインする際のポイント

オフィスの受付をデザインする際には、いくつかのポイントがあります。ここでは、無人受付と有人受付に分けてデザインのポイントを見てみましょう。

無人受付のデザインポイント

無人受付で受付カウンターに電話や資料などを設置する場合は、立ったまま使えるハイカウンターにしたほうが訪問者は受話器や資料を手に取りやすくなります。手荷物やコートなどを置けるローテーブルを受付カウンターの近くに設置すれば、訪問者は落ち着いて内線電話をかけることが可能です。

有人受付のデザインポイント

有人受付の場合、受付スタッフが電話対応や資料の管理を行います。訪問者が受付スタッフの姿をしっかり見えるように、ローカウンターを選ぶといいでしょう。受付スタッフの顔や手元が見やすいため、訪問者も安心して対話ができるようになります。

エントランスをつくるコツについては、『企業のイメージアップにも重要!オフィスエントランスをつくるコツ』の記事をご覧ください。

オフィス受付のデザイン、レイアウト例

ここでオフィス受付のデザイン、レイアウト例をひとつ紹介します。

受付カウンターのデザインで会社のアイデンティティを表現

文具事務用品や電子機器、産業用ロボットなどの製造販売を行っているぺんてる株式会社。本社ビルの受付・来客スペースのリニューアルに際しては、「“表現具”の会社であることを空間で表現したい」という要望がありました。受付カウンターにはペン先をイメージしたデザインが取り入れられ、その滑らかな曲線は同社製品の精巧さや先進性を象徴しています。

1749.jpg

ぺんてる株式会社様 事例

オフィスの受付デザインはコミュニケーションの取りやすさが重要

受付は、訪問者とオフィスの最初の接点です。そのため、洗練されたデザイン、企業イメージを伝えるデザインなどを取り入れることも重要ですが、コミュニケーションが取りやすいデザインを意識する必要もあります。

おすすめのデザインは、訪問者が一目で何をすればよいかがわかるものです。有人であっても無人であっても、常にどうすれば気持ち良くかつスムーズに訪問してもらえるかを意識してデザインを検討しましょう。

新たな受付・エントランスをつくる際の参考として、弊社がこれまで手掛けた受付エントランスの事例をまとめた「エントランス事例集~ブランド価値を高める20のデザイン例~」をぜひ、ご覧ください。

エントランス事例集~ブランド価値を高める20のデザイン例|PLUS
ebookdlthumb08.jpg

この記事を書いた人

マーケティング部 プラス株式会社ファニチャーカンパニー

プラス株式会社ファニチャーカンパニー マーケティング部

プラス株式会社ファニチャーカンパニーのマーケティング部門です。オフィスに関する最新のトレンド情報や、オフィス移転・リニューアル・オフィスデザインに関する情報を発信しています。 オフィスの最新情報はInstagram「plus_kagu」で検索してフォロー!昨日よりもオフィスが好きになるような、「家具・働く空間にまつわる工夫・デザイン事例」などの情報をお届けしています。

オフィスづくりに役立つダウンロード資料集