オフィス移転のメリットとは?ハイブリッドワークの実現も可能に!

オフィス移転のメリットとは?ハイブリッドワークの実現も可能に!

オフィス移転・リニューアル

現在のオフィスは社員にとって働きやすい環境となっているでしょうか。「スペースが狭い」「不便な場所にある」など課題がある場合はオフィスの移転を検討してみてもよいでしょう。働き方の多様化によりオフィスワークとテレワークを組み合わせたハイブリッドワークの実現を目指している企業も少なくありません。オフィスを移転することで、よりハイブリッドワークが実施しやすい環境をつくることも可能です。今回は、オフィス移転のメリット、見落としがちなデメリットや注意点、オフィス移転のメリットを最大化するためのポイントなどを解説します。

オフィス移転全体の流れの詳細は『これで完璧!オフィス移転の流れとすべきこと【チェックリスト付き】』をご覧ください。

オフィス移転で解消できる課題

オフィスの課題を解消する方法として、オフィス移転も検討してみましょう。オフィスを移転することで、より働きやすい環境を実現することが可能になってきます。

適正なスペースの確保

現在のオフィスは社員数に合ったスペースが確保できているでしょうか。社員が増えた場合、通常、今よりも広いスペースが必要になります。社員一人あたりのスペースが狭いとストレスを感じやすくなるため、注意が必要です。また、オフィスのスペースが限られていたとしても、レイアウトを工夫することで、ミーティングルーム、リフレッシュスペース、マグネットスペースなどを設置できる可能性もあるでしょう。そうした工夫によって、より働きやすい環境を整備することが大切です。

1人あたりの適正スペースについては、『【コロナ対応版】1人当たりの適正値は?自社に最適なオフィス面積の決め方』をご覧ください。

優秀な人材の確保

多くの企業にとって優秀な人材の確保は重要な課題です。しかし、オフィスが不便な場所にあると通勤が困難という理由で応募をためらう人もいるため、人材の確保が難しくなります。また、現在働いている社員も、ライフスタイルの変化により通勤時間をこれまでどおり確保できなくなった場合、離職につながるおそれもあります。利便性の高いオフィスへ移転することで社員が定着しやすくなり、優秀な人材の確保にもつながるでしょう。

ハイブリッドワークの実現

働き方の多様化により、ハイブリッドワークを導入する企業も増えてきました。今後、ハイブリッドワークの導入を検討する場合は、オフィス勤務とテレワークを両立しやすいオフィスづくりが必要です。たとえば、本社オフィスを縮小移転し、サテライトオフィスを設置したり、コワーキングスペースを活用したりする方法もあります。社員が業務内容や個人の都合に合わせて働く場所を自由に選べるようにするのも、柔軟な働き方を実現する方法の一つです。

ハイブリッドワークについては、『ハイブリッドワークとは?テレワークの定着を実現させるポイントと注意点』をご覧ください。

オフィス移転による主なメリット

オフィスを移転することでどのようなメリットがあるのか、主なメリットを解説します。

モチベーションの向上

オフィス移転により社員がより働きやすいオフィスづくりを進めることが可能です。オフィス移転に伴い、設備やレイアウトの変更をするため、ハイブリッドワークに適したオフィス環境を実現する機会にもできるでしょう。このような変化は社員の仕事に対するモチベーションアップにもつながります。社員のモチベーションが高まることで、生産性の向上や離職率の低下も期待できます。

企業イメージの定着・向上

オフィス移転に伴い、企業イメージを意識したオフィスデザインを取り入れることも可能です。たとえば、受付ホールや応接室にコーポレートカラーを採用すれば、来客者や社員に企業イメージを定着させることができます。また、デザイン性の高いオフィスにすることで、企業イメージのアップにもつながるでしょう。

コストの削減

社員数の減少やハイブリッドワークの実施などにより、オフィスの縮小を検討している企業もあるかもしれません。また、都心のオフィスから郊外のオフィスへの移転を検討するケースもあるでしょう。オフィス移転により家賃が安くなる場合は、長期的なコスト削減が可能です。家賃は毎月固定でかかるため、家賃コストの削減は企業の安定経営にもつながります。

メリットを求めるあまり見落としがちな注意点やデメリット

一方で、オフィス移転には注意点やデメリットがあることも把握しておかなければなりません。メリットを求めるあまり注意点やデメリットを見落とさないようにしましょう。

移転コストがかかる

オフィス移転には、さまざまなコストがかかります。たとえば、新オフィスの契約にかかるコスト、現オフィスの原状回復工事の費用、引っ越し費用、新しいオフィス家具の購入費用、不要品の廃棄費用などです。そのため、移転コストがどのくらいかかるのか事前に把握し、費用に見合った効果が期待できるのかを検討しましょう。

オフィス移転のコストについては、『オフィス移転時に必要な見積りとは? 依頼する業者や選択ポイントを解説 』をご覧ください。

移転準備に手間や時間がかかる

オフィス移転はすぐに実現できるわけではありません。移転準備にはかなりの作業と時間が必要です。通常の業務を行いながらオフィスの移転準備も進めていかなければなりません。そのため、オフィス移転をするには6カ月前から計画的に準備を進める必要があります。社員数が少ない場合や通常業務が忙しい場合は、リソースの確保も課題になるでしょう。

オフィス移転により通勤時間が長くなる社員もいる

社員によってはオフィス移転により、現在のオフィスよりも通勤時間が長くなる場合もあります。なかには通勤が不可能になる社員もいる可能性があるため、事前に社員の状況を確認することが大切です。オフィス移転により通勤が困難になった場合の対処方法も検討しておく必要があるでしょう。

オフィス移転のメリットを最大化するためのポイント

オフィス移転のデメリットをできるだけ解消し、メリットを最大化するためには社員の理解が必要です。どうすれば理解が得られるのかを解説します。

オフィス移転の目的を明確にする

オフィス移転を実現するためには、長い準備期間と多くの作業量が必要です。移転準備を行う担当者だけでなく、多くの社員に負担がかかります。そのため、オフィス移転の目的やメリットなどを明確にして、社員に説明することが大切です。よくある移転の目的としては、業務拡大または縮小によるオフィスの最適化、営業エリアの拡大、人材の確保、コスト削減などが挙げられます。移転の目的はさまざまですが、社員が納得できる説明が求められるでしょう。

社員の希望をヒアリングする

前述のとおり、社員によってはオフィス移転によりかえって通勤が不便になってしまう人もいます。そのため、オフィスの移転先や移転後のレイアウトなどについて社員から意見を聞くことも重要です。なるべく社員の希望に合ったオフィス移転が実現できるようにしましょう。

レイアウトや家具の選定については、『オフィス移転の主な理由とは?目的に合わせたレイアウト・家具の選定』をご覧ください。

オフィス移転で社員がより働きやすい環境を実現!

オフィス移転により課題が解消すれば、社員のモチベーションアップや働く環境の整備につながります。ハイブリッドワークをしやすい環境をつくることもでき、社員の満足度向上や新しい人材の確保という効果が期待できるでしょう。一方で、オフィス移転にかかるコストや移転準備の負担も考慮しなければなりません。また、社員によっては現在のオフィスよりも通勤時間が長くなる可能性もあります。オフィス移転を成功させるためには、移転の目的を明確にしたうえで、働きやすさや業務効率向上につながるオフィスづくりが大切です。


 [S1]No.4のリンクを設置いただけますでしょうか。