オフィスに欠かせない収納家具、選定のポイントは?

オフィス家具

書類や資料などの保管場所として、オフィスには欠かせない収納家具。選ぶ際にはどのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。選ぶ基準やその用途をまとめてご紹介しましょう。

収納家具は扉の形状で選ぶ

オフィスの収納家具を選ぶポイントは扉の形状。それぞれ、収納しているものの取り出しやすさやセキュリティ機能が異なるため、用途に合わせて選ぶようにするといいでしょう。

オープン型

扉がなく、数枚の仕切り板で内部が分かれているタイプの収納家具。どこに何が収められているのかひと目で分かるため、検索性の高さと収納物の取り出しやすさが特徴。また、扉がないため比較的安価というのもポイントです。その反面、扉がないためセキュリティ性はなく、ほこりなどで棚が汚れやすいというデメリットもあります。

【適した用途】
伝票や帳簿など検索性が重要な書類の収納
身の回り品の収納(袖机やデスクスペースの拡張として)
収納物の展示

オシャレな会社で働きたいそうおもったら読みたい一冊.jpg

両開き扉/両開きガラス扉

観音開きの扉を備えたタイプの収納家具。両方の扉を開ければ中身が一度に見えるため収納物を探しやすく、さらに鍵がかかるタイプの家具であればセキュリティ性も確保できます。その反面、手前側に扉の開閉用のスペースを必要とするため、狭い通路やスペースの限られたオフィスでは使いにくいというデメリットがあります。

【適した用途】
検索性とセキュリティ性を必要とする重要書類の収納
収納物の展示(ガラス扉の場合)

引き違い扉/ガラス引き違い扉

横にスライドするタイプの扉を備えた収納家具。両開き扉のように扉の開閉にスペースを必要としないため、通路やスペースに余裕のないオフィスでも使用が可能。さらに鍵付きの家具であればセキュリティ性も確保できます。扉が片側ずつしか開かないため、収納物の一覧性を求める場合はガラス引き違い扉を備えたタイプを選ぶといいでしょう。

【適した用途】
セキュリティ性を必要とする重要書類の収納
通路やスペースの限られたオフィス
収納物の展示(ガラス扉の場合)

ラテラル型

大型の引き出しを備えた収納家具。書類を整然と分類して収納できるうえ、高い検索性やセキュリティ性を確保できるのが大きな特徴です。収納力もあるため、ものの多いオフィスにも適しています。その反面、両開き扉の収納庫と同じように、収納部分を引き出すためのスペースを必要とすることに注意する必要があります。

【適した用途】
検索性とセキュリティ性を必要とする重要書類の収納
形状が一定でない備品やサンプル品などの収納
大量の書類の収納

プラスチック引き出し型

プラスチック製の小さな引き出しをたくさん備えた収納で、クリスタルキャビネットとも呼ばれます。一つひとつの収納スペースは小さいですが、棚自体にラベリングできるなど書類を分類することに長けています。引き出し自体に鍵をかけることはできないため、セキュリティ性を求める場合はシャッター付きの収納を選ぶようにしましょう。

【適した用途】
ファイリングされていない書類の分類
ボールペンやクリップなど共有文具の収納
手書きの休暇届など、届出書類の収納

オシャレな会社で働きたいそうおもったら読みたい一冊.jpg

収納家具は収納物によって使い分ける

オフィスの収納家具を選ぶうえでは幅や高さなど収納力に目が向きがちですが、同時に収納物や用途、使用頻度にあわせたものを選ぶことが重要です。収納家具はオフィスの使い勝手にも大きく影響するもの。この記事を参考に、ぜひぴったりの収納家具を選んでみてください。