オフィスデザインの事例を紹介!デザインを決める際に重視したポイントは?

オフィスデザインの事例を紹介!デザインを決める際に重視したポイントは?

オフィスデザイン

オフィスデザインは企業のブランディングや社員のモチベーションアップにも影響する重要な要素です。オフィスの役割が変化するなか、より機能的なオフィスづくりを目指す企業が増えてきました。オフィスデザインは企業理念やビジョンを表現する方法とも考えられています。今回は、オフィスデザインを決める際のポイントやオフィスデザインの重要性などを解説します。また、企業イメージを一新するようなオフィスデザインの事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

オフィスデザインを決める際のポイント

機能的で居心地のよいオフィスデザインにするためには、デザインを決める際のポイントを押さえておくことが大切です。ここでは、主なポイントを紹介します。

オフィスの規模

どのようなオフィスデザインが理想であるかはオフィスの規模によっても変わってきます。たとえば、少人数だけで利用する小規模なオフィスの場合は、オフィス家具を置くスペースも限られます。しかし、デスクや椅子、OA機器など最低限必要なものは備えなければなりません。そのため、小規模オフィスでは、明るいベースカラーで低めの家具を選ぶなど、オフィス空間が広く見えるような工夫が必要です。

一方、中規模・大規模なオフィスでは広めの空間を有効活用できるように、レイアウトやゾーニングを工夫する必要があります。動線を意識した空間づくりを行うことが大切です。

オフィスの空間づくりについては、『オフィスをもっと広く使いたい!空間を有効活用するポイント』の記事もご覧ください。

オフィスデザインの目的

テレワークやハイブリッドワークを導入する企業が増えるなか、オフィスの目的も多様化しています。そのため、オフィスを使う目的に合わせたデザインにすることが大切です。たとえば、「社員が効率的に業務を行える」、「社内コミュニケーションが生まれやすい」といった目的が考えられます。

ハイブリッドワークとオフィスレイアウトの関係については、『ハイブリッドワークを前提としたフリーアドレスのオフィスレイアウトとは?』の記事もご覧ください。

オフィスデザインのコンセプト

オフィスデザインで企業のブランディングを図ることも可能です。コーポレートカラーを使って統一感を出したり、企業のロゴを活用したりすることで、企業のブランド力を高めるデザインにすることができます。

オフィスデザインについては、『オフィスデザインにこだわる理由は?コンセプトやレイアウトの決め方』の記事もご覧ください。

デザインスタイル

近年ではスタイルにこだわったオフィスデザインも多くなってきています。落ち着いたカフェ風やモダン風、遊び心のある近未来スタイル、カラフルポップなスタイルなど個性的なデザインもあります。スタイルによって、オフィスの雰囲気を一新することが可能です。

オフィス機能

業務の効率化を進めるうえでは、オフィスの機能性も重要な要素となります。目的に応じて集中スペースやミーティングスペース、リラックススペースなどを設け、より使いやすいオフィスを目指しましょう。

集中スペースについて詳しく知りたい方は、『リラックスした環境で集中して業務を進められるオフィス集中スペース』の記事をご覧ください。

オフィスデザインの重要性とは?

オフィスデザインには企業価値を高める力があります。デザインにこだわることで、外部の人から抱かれる印象が変わり、社員の帰属意識を高めることもできます。ここでは、オフィスデザインの重要性について解説します。

企業のブランディング

オフィスデザインを通じて社外に向けて企業のビジョンを示し、企業価値を伝えることも可能です。特に、エントランスや受付、応接室など、社外の人が目にする機会が多いエリアは企業のビジョンを伝える場にもなります。アットホームなデザインやナチュラルなデザイン、ポップなデザインなど、企業のビジョンに合わせたデザインを選定しましょう。

インナーブランディング

インナーブランディングとは、自社の企業理念や価値を社員に伝え、会社に対する愛着や帰属意識を育てることです。オフィスデザインに企業のロゴやコーポレートカラーを取り入れることで、会社全体の一体感を高めやすくなります。チーム力の向上や社内コミュニケーションの促進にもつながる可能性があります。

社員の帰属意識については、『ハイブリッドワーク下でも帰属意識は高められる?帰属意識を高めるポイントとは』の記事をご覧ください。

機能性の向上

社員の生産性を高めるためにも、社員が業務に集中できるようなオフィスづくりをすることが大切です。機能的なオフィス家具の導入、防音・遮音性を重視したパーティションの設置などを検討しましょう。また、社員の安全を守るためにも感染症対策や災害対策などを行うことも重要です。

モチベーションアップ

デザイン性が高く、使いやすいオフィスは社員のモチベーションアップにもつながります。社員の満足度が高まることで、生産性向上や離職率低下などの効果も期待できるでしょう。

オフィスデザインの事例を紹介

ここでは、オフィスデザインを検討する際に参考になる事例を紹介します。

株式会社NTTデータ コンサルティング&ソリューション事業本部様の事例

株式会社NTTデータ コンサルティング&ソリューション事業本部様は、「クッションオフィス」という新しいコンセプトのもと、使用目的に応じた機能的なオフィスデザインを採用。「クッションオフィス」では各事業部の共有機能をひとつにまとめて全事業部で共有することで、組織間のクッションとなるスペースとして活用し、社員同士が一体感を感じられるように空間づくりを工夫しました。また、スペースごとに異なるデザインやオフィス家具を取り入れ、目的に合わせた使い方ができるようになっています。

158_01-1
オープンコラボスペース

158_02-2
カフェスペース

158_03-7
プロジェクトブース

横浜銀行様の事例

横浜銀行様は横浜みなとみらい本店のオフィスデザインをリニューアルしました。金融機関のイメージを覆す斬新なデザインが特徴的です。デザインコンセプトは「海・港」で、さまざまなスペースに海や港をイメージしたカラーが取り入れられています。ミーティングスペースのLABOでは、沖や水面をイメージした空間デザインが見られます。食堂兼ミーティングスペースのPORT、行内用ミーティングルームのDOCK、EVホールは、スペースによってそれぞれテイストが異なるものの、海と港をコンセプトにしたデザインで統一されています。

142-05
LABO

142-10
PORT

149-09
DOCK

149-08
EVホール

日立化成株式会社様の事例

日立化成株式会社様は社内コミュニケーション活性化のために、カフェユニットの「5 TSUBO CAFE」を導入しました。社員同士が自然にコミュニケーションを取れる場として活用されています。5 TSUBO CAFEでは、お弁当の販売やコーヒーメーカーの入れ替えなど、新しい仕掛けを用意することで社員をひきつける工夫をしました。フリーアドレスを採用しているため、誰がどこにいるかわからないときには5_TSUBO CAFEを集合場所に使うことも。5 TSUBO CAFEはオフィス内でマグネットスペースのような役割を果たしています。

3445
5_TSUBO CAFE

3444
「お弁当販売中」

オフィスデザインで企業のブランド力を高めよう!

オフィスデザインは企業イメージや社員のモチベーションにも影響を与える重要なものです。今回、ご紹介した事例のなかには、従来の企業イメージを一新するようなオフィスデザインもありました。また、オフィスデザインによりオフィスの機能性向上に成功した事例はほかにも多数あります。さまざまな事例を参考にしながら、自社のブランド力を高めるオフィスデザインを検討してみてはいかがでしょうか。

オフィスデザイン構築マニュアル