オフィス移転のお祝い返し、失礼にならないために知っておきたいこと

オフィス移転・リニューアル

オフィスを移転すると、取引先やクライアントなどからいただく移転祝い。ありがたいという気持ちもありつつ、お返しのタイミングや相場に悩む人も多いのではないでしょうか。オフィス移転のお祝い返しについて、知っておきたいことをまとめました。

いくら返せばいい?気になるお祝い返しの「相場」

お祝い返しを送るうえで、もっとも気になるのはその「相場」ではないでしょうか。いただくお祝いには観葉植物やフラワーアレンジのほか、お酒やお菓子、インテリア、商品券などさまざまなものがありますが、いずれの場合も相場は「半返し」と考えておけば間違いないでしょう。インターネットなどで大まかな金額を把握し、その半額を目安にお返しを選ぶようにしてください。

お返しの品物として、以前は立派な灰皿や社名の入ったオフィスグッズなどが一般的でしたが、最近ではお菓子の詰め合わせやタオルなどを返すケースも増えてきました。いずれにせよ、手軽に贈ることができ、相手に気を使わせる必要のないものがいいでしょう。お祝いを頂いた相手がプロジェクトの担当者など個人の場合は、カタログギフトもおすすめの品物です。

お返しの品物には厳密なルールはありませんが、いただいたものと同じものや現金、商品券などはタブーとされています。いずれも大変失礼な行為にあたるため、十分に注意しておきましょう。

移転計画の話が出たらすぐに読みたい一冊.jpg

お祝い返しはどのタイミングで送るのが正解?

オフィス移転のお祝い返しは、お祝いをいただいたらできるだけ早く贈るのが礼儀とされています。遅くても1週間前後を目安として返すようにしましょう。
また、移転祝いは基本的に移転前日から移転後2週間程度のタイミングで贈られることが多いとされています。いただくタイミングによっては移転前後の忙しい時期と重なってしまうため、スムーズにお返しをするためにも、事前にお礼状を用意したり品物を選んでおくようにすることをおすすめします。

時間の余裕が取れないなど、どうしてもお返しのタイミングが遅れてしまう場合は、先にお礼状だけでも送るのがマナーです。その場合も、お返しの品物は1ヶ月以内には贈るようにしましょう。

知っておきたい、失礼にならないお礼状の書き方

お祝い返しの品物を贈る際は、必ずお礼状を添えるようにしましょう。普段から送るものではないため、どんな内容にすればいいか困る人もいるかもしれませんが、基本的には「お祝いのお礼」「今後の決意」「結びのあいさつ」の3つを含む内容にするといいでしょう。具体的には以下のような文章を参考にしてみてください。

株式会社○○
代表取締役社長 ○○○○様

拝啓 ○○の候、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、過日は弊社の事務所移転にあたりまして、ご丁重なご祝詞とお祝いの品を頂戴いたしましたこと、厚く御礼申し上げます。

これを機に、社員一同より一層の努力をしていく覚悟でおります。いっそうのご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

末筆ではございますが皆様のますますのご繁栄をお祈りし、略儀ながら書中をもって御礼申し上げます。

敬具

平成○○年○月○日
株式会社○○○○○○○○
代表取締役 株式会社○○○○
社員一同

移転計画の話が出たらすぐに読みたい一冊.jpg

お祝い返しはビジネスマナーに則って

お祝い返しは今後のおつきあいにも影響するため、できるだけ失礼のないようにしたいもの。お返しのタイミングや相場をしっかり確認し、マナーを守って送るようにしましょう。

オフィス移転の詳細を知りたい方はこちらもご覧ください。

オフィス移転パーフェクトマニュアル