座席予約制でオフィスを運用するメリットとは?

座席予約制でオフィスを運用するメリットとは?

TIPS

この記事は、プラス株式会社ファニチャーカンパニー東京オフィスのライブショールームと連動した企画記事です。

プラスは、自分たちが実際に働く東京オフィスを”ライブショールーム”と位置づけており、たくさんの方にご見学いただいています。当記事では、私たちの”働く場”に散りばめられた様々な工夫やストーリーをTIPSとしてご紹介。オフィスでの働き方のヒントを、より詳しく知ることができます。

東京オフィスは、直接ご来場頂いてのご見学はもちろんのこと、オンラインでもご見学頂けます。詳しくはこちらをご覧下さい。

今回ご紹介するのは「座席予約」についてです。

プラスの「座席予約」をご紹介

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスは、2021年4月にオフィスをリニューアルしました。リニューアル後のオフィスでは、出社率を50%と設定し、従来よりも席数を減らした上で座席予約制を軸としたオフィス運用を行っています。この記事では座席予約をしてオフィスを運用するメリットについてご紹介します。

 

座席を予約してオフィス運用するメリット

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスでは、ほぼ全ての座席を予約制で利用しています。
座席予約に使っているのはプラスのSuwary(スワリ―)というサービスです。

座席予約制でオフィスを運用するメリットとは?1.jpg

座席を予約して利用することで、様々なメリットがあります。

l  誰がどこにいるかがすぐ確認でき、記録できる

フリーアドレスの座席運用では、「誰がどこにいるか」把握することが常に課題となります。
Suwaryでは、誰がどの席に座っているか簡単にわかるため、フリーアドレスの運用ととても相性が良いシステムです。

 

l  座席予約・利用ログの活用

新型コロナウイルス感染症が拡大している現在では、Suwaryに搭載されている「濃厚接触者把握機能」が有効です。これは利用のログを活用した機能となっています。万が一、自社の社員が感染してしまった場合でも利用ログを遡ることでいち早く濃厚接触の可能性があるワーカーを特定することができます。ほかにも、社員の利用ログがあったら必ず清掃に入るなど、ログ機能と運用を組み合わせることによって、より安全に働く環境づくりができます。

l  カラ予約防止

Suwaryでは、予約した座席のビーコン端末にスマートフォンをかざすことでチェックインが完了します。もし、チェックインしなかった場合は、一定時間後にキャンセル扱いとなり、他の人が予約できるようになります。グループウェアの予約機能などを使った座席予約などもありますが、「予約されているのに誰も使っていない」という状況が散見されます。Suwaryを利用することで、そのような無駄も解消できます。

 

座席予約が前提のオフィスで安全で効率の良い運用を!

以上のように、Suwaryを使って座席予約をするオフィス運用にすることで、様々なメリットがあります。感染症対策になるだけでなく、予約されているのに使われていない座席はキャンセルするなどの機能で効率よくオフィスを活用することができます。

座席予約については、こちらの動画でも詳しくご説明しておりますので併せてご覧くださいませ。

座席予約制でオフィスを運用するメリットとは?2.jpg

Suwaryについての詳細はこちらを御覧ください。

 

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスのご紹介

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスでは、社員が実際に働いているオフィスを見学することができます。オフィスづくりのヒントがたくさん詰まったオフィスツアーに、是非ご参加ください。詳細はこちらのページを御覧くださいませ。

また、東京オフィスの働き方やヒントをブログにて公開中!こちらも併せてご覧くださいませ。

フリーアドレスデスクの座席管理でお悩みなら

オフィスのデスクをIoT化して座席の予約・履歴管理、在席確認・利用データ分析ができる
最新クラウドサービス Suwary(スワリー)。
座席管理システムSuwary