タッチダウンスペースを取り入れて、ちょっと立ち寄れるオフィスにしよう

TIPS

この記事は、プラス株式会社ファニチャーカンパニー東京オフィスのライブショールームと連動した企画記事です。

プラスは、自分たちが実際に働く東京オフィスを”ライブショールーム”と位置づけており、たくさんの方にご見学いただいています。当記事では、私たちの”働く場”に散りばめられた様々な工夫やストーリーをTIPSとしてご紹介。オフィスでの働き方のヒントを、より詳しく知ることができます。

東京オフィスは、直接ご来場頂いてのご見学はもちろんのこと、オンラインでもご見学頂けます。詳しくはこちらをご覧下さい。

今回ご紹介するのは「タッチダウンスペース」についてです。

プラスの「タッチダウンスペース」をご紹介


タッチダウンスペースとは、主に出張者やテレワーカーが一時的に立ち寄って、PC作業や簡単な事務処理を行える場所のこと。テレワークやモバイルワークの広がりを受けて、ますます関心が集まっています。この記事ではプラス東京オフィスのタッチダウンスペースについてご紹介します。

 

タッチダウンスペース導入の背景

タッチダウンスペースは、短時間での作業やちょっとしたメールチェックのために、一時的に利用するワークスペースです。2020年に新型コロナウイルスが流行したことをきっかけに、プラスファニチャーカンパニー東京オフィスは出社率を50%にすることを前提にしたオフィスレイアウトに変更しました。その関係上、全員分の座席数は確保されておらず、テレワークや在宅勤務を織り交ぜながら仕事を進める必要があります。座席数が半分に減ったオフィスでは「少しだけオフィスに立ち寄り、一時的に座席を利用する」という、いわゆるタッチダウンの働き方も想定しています。


[TIPS]タッチダウン.jpg

 

予約なしでサッと使えるタッチダウンスペース

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスではフリーアドレスを採用し、多くの座席を予約制としています。

一方で、予約するほどでもないちょっとした相談やすり合わせを行う際にも、タッチダウンスペースは便利に活用できます。タッチダウンスペースのような、思い立った時にサッと使えるスペースをバランスよく配置することで、よりオフィスの使いやすさがアップします。

 

タッチダウンスペースは「ハイチェア」が丁度よい

前述した通り、タッチダウンスペースでは「少しだけオフィスに立ち寄って事務作業をして、またすぐに外出する」といったシーンで有効利用出来ます。そのため、深く腰掛けてじっくり作業するようなチェアではなく、短時間だけ腰掛けて作業するのに適したハイチェアを採用しています。長時間の作業には不向きなハイチェアを設置することで、座席の回転率を上げる狙いもあります。

かばんの置き場所も作ることで、立ち寄り需要に対応

オフィスに到着してまず行うことと言えば、「上着をハンガーにかけ、かばんを個人ロッカーにしまう」こと。ですが、短時間オフィスに立ち寄るだけであれば、個人ロッカーにかばんをしまう時間さえ惜しいもの。タッチダウンスペースにかばん掛けを用意すれば、オフィスに到着してからすぐに利用して、作業が終われば、またすぐに外出できます。まさに、ちょい寄り需要にマッチしたスペースですね。

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスのご紹介

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスでは、社員が実際に働いているオフィスを見学することができます。オフィスづくりのヒントがたくさん詰まったオフィスツアーに、是非ご参加ください。詳細はこちらのページを御覧くださいませ。

また、東京オフィスの働き方やヒントをブログにて公開中!こちらも併せてご覧くださいませ。

フリーアドレスデスクの座席管理でお悩みなら

オフィスのデスクをIoT化して座席の予約・履歴管理、在席確認・利用データ分析ができる
最新クラウドサービス Suwary(スワリー)。
座席管理システムSuwary