オフィスに有効スペースを創出するための「オフィスダイエット®」

TIPS

この記事は、プラス株式会社ファニチャーカンパニー東京オフィスのライブショールームと連動した企画記事です。

プラスは、自分たちが実際に働く東京オフィスを”ライブショールーム”と位置づけており、たくさんの方にご見学いただいています。当記事では、私たちの”働く場”に散りばめられた様々な工夫やストーリーをTIPSとしてご紹介。オフィスでの働き方のヒントを、より詳しく知ることができます。

東京オフィスは、直接ご来場頂いてのご見学はもちろんのこと、オンラインでもご見学頂けます。詳しくはこちらをご覧下さい。

今回ご紹介するのは「オフィスダイエット®」についてです。

プラスの「オフィスダイエット®」をご紹介

集中ブースやオープンミーティングスペース、休憩・カフェスペースなどを増設したいとお考えでも、既に物で溢れていて空きスペースもなく、諦めている方におすすめなのが「オフィスダイエット®」です。この記事では「オフィスダイエット®」についてご紹介します。

  

「オフィスダイエット®」とは

「オフィスダイエット®」とは、オフィスフロア内の不要な書類や無駄なスペース等を削減する取り組みを意味しています。(プラスの登録商標となっております。)弊社でその手順や方法を確立し、実践的に社内検証し効果を得られた内容を、お客様のオフィスづくりにも活用して頂けるようご提案しています。

「オフィスダイエット®」の取り組み実例

プラスファニチャーカンパニーは、2013年に赤坂から市ヶ谷へとオフィス移転しました。移転前後で、床面積は同等でしたが、移転後のオフィスには様々な機能をもった新しいスペースが出来ました。例えば、社員が打ち合わせしたり、ランチをとったり、休憩することができる社内カフェスペース。イベントに使えるような小上がりの多目的空間や、集中して業務ができる個室ブース。細かい制作作業ができる作業スペースなどです。これらは、移転前のオフィスでは到底作れなかったスペースですが、それを実現したのが「オフィスダイエット®」です。

「オフィスダイエット®」をすることで、不要なものを処分し有効スペースをつくることができます。プラスが赤坂から市ヶ谷へ移転した際には、約100本分の収納庫に相当する書類や物品を処分し、ほぼコンビニ1軒分にあたる40坪の有効スペースの創出をしました。

「オフィスダイエット®」のコツを動画ご紹介

「オフィスダイエット®」をする方法については、こちらの動画でご紹介しています。PLUS Furniture Fair 2021でのウェビナーのアーカイブ動画となりますが、より詳しく知りたい方は是非ご覧くださいませ。

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスのご紹介

プラスファニチャーカンパニー東京オフィスでは、社員が実際に働いているオフィスを見学することができます。オフィスづくりのヒントがたくさん詰まったオフィスツアーに、是非ご参加ください。詳細はこちらのページを御覧くださいませ。

また、東京オフィスの働き方やヒントをブログにて公開中!こちらも併せてご覧くださいませ。