小規模だからこそこだわれる!オフィスデザイン決定のポイント

オフィスデザイン

オフィスの移転やリニューアルは、オフィスのレイアウトや内装を見直すチャンスでもあります。小規模オフィスだからできる、デザインのポイントをまとめてみました。

小規模オフィスは、デザインにこだわりやすい

オフィス空間をデザインする上では、やはりすみずみにまでこだわってこそ雰囲気が出せるもの。どんなに内装にこだわってもデスクやチェアがそぐわないものだったり、オフィスのほんの一部にだけこだわって他の空間が無機質なままだったりすると、外部から訪れるお客さまの心にも残りません。
お客さまに良い印象を与えたり、採用活動にも影響するようなブランディング効果を期待するならなおさら、細部にまでしっかりと心を配って空間をデザインしていきたいものです。

こうした理由もあり、小規模オフィスはデザインしやすいといわれています。小規模だからこそ、細部にまでこだわったオフィスデザインを実現することができるのです。

オシャレな会社で働きたいそうおもったら読みたい一冊.jpg

小規模オフィスデザイン、4つのポイント

オフィスのデザインを考える上で大切なのは、全体的なコンセプトと統一感をもたせること。そのために大切なポイントを紹介します。

まずはコンセプトをしっかりと決める

取引先や株主、就職活動者など、外部の人の心に残るようなインパクトのあるオフィスデザインを実現したいなら、まずはしっかりとコンセプトを決めることが重要です。
ただ漠然と「かっこいいオフィスにしたい」と考えてブランドもののデスクやチェアを導入しても、空間全体から醸し出される雰囲気はちぐはぐしたものになってしまいます。「自然光と植物を取り入れた自然を感じられるオフィス」「60年代のアメリカントラッドを意識したシックな雰囲気」など、まずは空間のコンセプトを決め、それに合わせた内装や家具を取り込んでいくようにしましょう。

また、当然のことですがオフィスは雰囲気だけではなく、使い勝手のよさも重要なポイントです。できればこの段階で「休憩スペースにこだわって、リラックスした雰囲気で仕事ができるオフィス」「社員同士がコミュニケーションを取りやすい空間」など、使い勝手に関わるコンセプトも決めておくといいでしょう。

具体的なデザインの前にゾーニングを決める

使い勝手のいいオフィスを実現するという意味では、ゾーニングも重要なポイントです。執務室や会議室、休憩室はどこに配置するのか、書庫やコピー機はどの部署の近くに置くのが適切かなど、実際に業務を行う社員の使い勝手に配慮しながら決めていきましょう。場合によっては、普段のオフィス内での動き方(動線)を社員に直接ヒアリングするのもひとつの方法です。

いくらおしゃれなオフィスでも、使いづらかったり業務効率を下げるようなものでは意味がありません。特に小規模オフィスでは限られた空間に効率よく物を配置していく必要があります。ゾーニング計画はしっかりと固めてからデザインを考えるようにしましょう。

家具はしっかりとこだわる

小規模なオフィスであるほど、そこに配置された家具はオフィスの中で大きな割合を占めることになります。つまり、家具の存在感が引き立ちやすく、空間の雰囲気を左右する重要なポイントになりうるのです。

オフィスの移転やリニューアルは大きな費用が発生するため、家具の選定にまで目を向けるのは難しい部分もあるかもしれません。しかし、だからといってそこで妥協してしまうと、外部の人の心に残るような、インパクトのあるオフィスデザインができない場合があります。必ずしも多額の費用をかける必要はありませんが、しっかりと吟味して、オフィスのコンセプトに適したデザインの家具を導入するようにしましょう。

音響・照明・香りに配慮する

せっかくオフィスをデザインするなら、家具や内装だけでなく、音響や照明、香りにもこだわってみましょう。この3つはそれほど費用をかけることなく、オフィスの雰囲気づくりに大きな影響を与える部分でもあります。

例えばオフィス全体に音響設備を導入して小さな音で音楽をかけたり、部分的に照明を落としてシックな雰囲気にしたりといった方法が考えられます。また、来客のあるエントランスや会議室にリラックスできるようなアロマを配置することで、他のオフィスとは異なる上質な空間であることを印象づけたりすることもできるでしょう。

オシャレな会社で働きたいそうおもったら読みたい一冊.jpg

小規模オフィスだからこそ、理想の空間が実現できる

小規模なオフィスは少し手をいれるだけで大きく雰囲気を変えることができるため、デザインにこだわった理想のオフィスを実現しやすい空間といえるでしょう。もしも御社が移転やリニューアルを検討中であれば、ぜひオフィスデザインの見直しも検討してみてはいかがでしょうか。 

プラスのオフィスリニューアルサービスはこちら https://kagu.plus.co.jp/office-renewal/