効率的なオフィスレイアウトはプロに学ぶ!押さえておきたいポイントは

オフイスデザイン

オフィスの移転や模様替えなどの際に、レイアウトを成り行きで決めてしまってはいませんか? デスクや収納家具の配置は、働きやすさや業務効率にも直結する大切なもの。プロの視点を参考に、オフィスレイアウトで押さえておきたいポイントを紹介します。

まずはレイアウトのタイプを考える

執務スペースのデスクの配置パターンにはいくつのかの種類があり、業務内容や業種にあわせて選ぶことが大切です。以下に、代表的なレイアウトのタイプをご紹介しましょう。

対向式レイアウト

部署ごとにデスクを固め、対向させて配置するレイアウト形式。「島型」と呼ばれることもあり、事務職や営業職などさまざまな職種で使われている汎用性の高いレイアウトです。
このレイアウト形式を採用するメリットは、デスクがまとまっているため、部署内のコミュニケーションが取りやすい点にあります。また、デスクまわりのスペースに余裕を持たせておけば、デスクを増やすだけで人員の増加にも対応できます。

同向式レイアウト

大学の講義室のように、全てのデスクが同じ方向を向いているレイアウト形式。大会議室などのデスク配置にも使われ、「スクール式」または「並列式」と呼ばれることもあります。
部署内のコミュニケーションよりは社員が集中できる環境の構築や、流れ作業のしやすさなどに重きを置いているレイアウトで、銀行の店舗やテレフォンオペレーター業務などで採用されています。

ブース型レイアウト

デスクの周囲をパーティションで囲い、小部屋のようなブースを構築するレイアウト形式。目の前の作業に集中できるため、プログラマーやデザイナーなど高い集中力を必要とする職種に適しています。反面、デスクを一つひとつブースで覆うため、他のレイアウト形式に比べて空間効率が低下するというデメリットもあります。

フリーアドレス

それぞれの社員のデスクをあえて固定せず、自由な場所に座ることができるレイアウト形式。外回りの多い営業職や、時短勤務などの社員が多い場合は、フリーアドレスにすることでスペースの効率化を図れるというメリットがあります。社内全てをフリーアドレス化するのではなく、部分的に導入したり、集中して作業をするためのブース席と併用するなど、柔軟にレイアウトを構築できるのもメリットのひとつです。

通路やデスクまわりの幅はどのくらいが適正?

デスクや収納家具を配置する上で知っておきたいのが、人がすれ違ったり、作業をしたりするのに必要なスペースの目安です。特に、スペースが限られている場合は、オフィスの床面積と配置しなければいけないデスクの数を見比べながらレイアウトを決めることもあるかもしれません。そんな時に、あまり窮屈な配置にしてしまうと十分にチェアを引けなかったり、通路ですれ違うことができなかったりと働きにくいレイアウトになってしまう場合があります。

以下、一般的に適正とされている通路やデスクまわりの幅をご紹介しましょう。

デスクまわりのスペース

  • 着座して作業を行うのに必要なスペース:デスクから400mm

  • チェアを引いて立った時に必要なスペース:デスクから1200mm

通路に必要なスペース

  • 一人の人が通過するのに必要な通路幅(両側が壁もしくは収納家具の場合):800mm

  • 一人の人が通過するのに必要な通路幅(両側が背中合わせのチェアの場合):700mm

  • 人がすれ違うために必要な通路幅:1350mm

レイアウトを決める際に押さえたいポイントは?

オフィスレイアウトはただ機械的にデスクや家具を配置すればいいわけではありません。レイアウトを決める際に配慮しておきたいポイントをご紹介しましょう。

社員の動線を考える

オフィスのレイアウトを決める上で重視したいのが、実際にオフィスを使う人間が「動きやすい」と感じられるような配置にすることです。コピー機まではスムーズに移動できるか、関連性のある部署は近くに配置できているかなど、社員の動きを踏まえてレイアウトを決める必要があります。必要に応じてヒアリングをするなど、社員の動線を踏まえたうえでデスクやオフィス家具を配置するようにしましょう。

収納スペースの確保

小規模なオフィスは少し物が増えただけで雑多になりやすく、収納スペースの確保は使いやすいオフィスを実現する上で重要なポイントといえます。書類や関連資料が将来的にどのくらい増えるか、見越した上で収納スペースを確保するようにしましょう。最近では書類をスキャンしてデータとして保存する方法もあります。どうしてもスペースを確保するのが難しい場合は、オフィスのペーパーレス化ができないか、検討してみてもいいでしょう。

ただ配置するだけでなく、使いやすいレイアウトを

執務室だけでなく、会議室や休憩室などオフィスにはさまざまなスペースが必要となります。ただ効率のいい配置にするだけでなく、通路の幅や社員の動線など、さまざまな要素に配慮しながら、使いやすいレイアウトを目指していきましょう。