理想のオフィスを実現するには?社員にとってのメリットも紹介

オフィスデザイン

オフィスは単に仕事をする場ではなく、社員が快適に働ける空間であることが理想的です。オフィスのデザインやレイアウトによって、仕事に対するモチベーションアップや業務の効率化などのメリットも期待できるでしょう。では、理想のオフィスとは、具体的にはどのようなオフィスなのでしょうか。今回は、社員はもちろん企業にとって理想のオフィスとは何か、理想のオフィスを実現することで得られるメリット、理想のオフィスをつくるためのポイントなどを紹介します。

社員にとっての理想のオフィスとは?

社員にとって快適で働きやすいオフィスとは、どのような環境なのでしょうか。ここでは、理想的なオフィスについて具体的に紹介します。

開放的な空間になっている

狭い場所に人やオフィス用品が密集した空間で仕事をしていると、どうしてもストレスがたまってしまいます。また、背の高い家具や備品が多く圧迫感のある環境もストレスの原因となるでしょう。そのため、オフィスはできるだけ圧迫感がなく、広々とした空間が広がっていることが理想的です。デスクの間隔を広めに取り、背の高いオフィス家具やパーテーションを少なくする工夫が必要です。

業務に応じて場所が選べる

大勢の社員が同じ場所で働くオフィスでは、業務に集中したくても集中できないこともあるでしょう。本来なら短時間で終わる仕事も、日中は電話応対や接客に追われ、ほとんど業務が進まない人もいるかもしれません。業務が進まないと、結局は残業することになり、疲れやストレスがたまってしまいます。打ち合わせスペースや集中スペースなどを設置し、業務内容に応じて仕事をする場所を選べるのが理想的です。

リフレッシュスペースがある

理想のオフィスを実現するために、社員が自由に利用できるリフレッシュスペースを設置する企業も増えています。リフレッシュスペースには、コーヒーやお茶などが飲めるカフェスペースや軽い運動ができるフリースペースなどが含まれることも多いです。社員が一息つける場所があることで、居心地のよいオフィスが実現できます。また、リラックスできる場所なら社員同士のコミュニケーションも生まれやすいでしょう。

理想のオフィスを実現するメリット

理想のオフィスは、社員だけでなく企業にとってもメリットがあります。どのようなメリットが期待できるのか解説します。

オフィスの雰囲気が明るくなる

開放的なオフィスでは、自然の光や照明が行き渡りやすくなり、社内が明るい雰囲気になります。オフィス内が明るく、十分なスペースがあるとストレスも感じにくくなるでしょう。また、社員同士のコミュニケーションが取りやすいレイアウトにすることで、社内の人間関係が改善される可能性もあります。オフィスの雰囲気が明るくなれば、働く人にとっても居心地のよい場所になるでしょう。

業務を効率的に進められる

業務の目的に合わせて作業場所を選べるようにすれば、効率的に業務を進められるようになります。一人で集中して取り組みたい仕事や機密情報を扱う場合は集中スペース、チームで取り組みたい仕事はミーティングスペースの活用が有効です。業務がスムーズに進むことで残業が減り、社員のストレス解消にもつながります。また、社員の生産性が向上することで企業全体への好影響も期待できるでしょう。

モチベーションが高まる

長時間、椅子に座って作業をしていると、どうしても集中力が続かなくなってしまいます。リフレッシュスペースなど社員が気分転換できる空間があれば、集中力を取り戻しやすくなるでしょう。また、「社員を大事にする会社」という企業イメージが定着し、離職率の低下や優秀な人材の採用につながる可能性もあります。

理想のオフィスをつくるためのポイント

理想のオフィスづくりを実現するためには、どのようなポイントがあるのか解説します。

オフィスの現状を分析する

まずは現在のオフィスの状況を分析し、どのような課題があるのか明らかにすることが大切です。例えば、オフィス内が暗く感じられるようなら、オフィスのレイアウトや家具の配置を見直す必要があります。また、「コミュニケーションが取りづらい」「仕事が効率的に進まない」などの課題があれば、ミーティングスペースや集中スペースの設置など、これらを解決できる対策が必要です。

オフィスで働く社員にヒアリングする

実際にオフィスで働く社員の意見を反映することも重要です。社員に現在のオフィスで不満に感じている点や改善してほしい点などをヒアリングしましょう。普段からオフィスを使っている社員だからこそ、細かい点にも気が付く可能性が高いです。社員からも意見を聞くことで、働きやすいオフィスが実現可能となります。

分析結果や社員の意見をもとにデザインやレイアウトを決める

現在のオフィスが抱える課題や社員の意見などをもとに、新しいデザインやレイアウトを決めます。開放感のあるオフィスにするためには、レイアウトや家具の配置に十分なスペースを確保することが大切です。また、職種や業務の内容も考慮しながら家具の種類やレイアウトを決めていきましょう。

理想のオフィスをつくるためには?

最後に、理想のオフィスをつくるために考慮すべき項目を挙げます。

オフィススペース

オフィスの広さは、共有スペースも含めて社員1人あたり3坪以上が理想的です。個人の席以外にも、作業スペースやリフレッシュスペース、集中スペースなど目的に応じたスペースが必要となります。社員の人数やコスト、レイアウトなどを考えたうえで、社員が効率的に働くために必要な面積を求めましょう。

オフィス家具

居心地のよいオフィスをつくるには、オフィス家具も慎重に検討する必要があります。長時間作業をしても疲れにくいデスクや椅子、コミュニケーションを取りやすいミーティングテーブルやソファなどの家具が必要です。また、集中スペースやリフレッシュスペースなどを設置する場合も、家具についての配慮が欠かせません。例えば、ほっとくつろげるリフレッシュスペースをつくりたいならナチュラルな木製家具を取り入れるなど、それぞれのスペースの目的に合った家具を選びましょう。

レイアウト

業務内容や利用する人数によっても最適なレイアウトが変わってきます。オフィスのレイアウトには、従来のような対向式のほか、自由席を基本としたフリーアドレスやブース型、背面対向式などがあります。レイアウトのしかたによって最適なオフィス家具の種類も異なるため、レイアウトを変更する場合はオフィス家具の入れ替えも検討しましょう。

社員が快適に働ける理想のオフィスを実現しよう!

オフィスの雰囲気を変えることによって、社員の仕事に対するモチベーションアップやコミュニケーションの活性化が期待できます。また、使い勝手のよいオフィスにすることで、業務の効率化や社員のストレス解消にもつながるでしょう。理想のオフィスを実現するためには、まず現状にどのような問題があるのか分析することが大切です。さらに、実際に働く社員の意見をもとにしながら不満や改善点を洗い出し、新しいオフィスのデザインやレイアウトを考えましょう。