オフィスのイメージを大きく変える床材の種類と張り替え時の注意点

オフィスデザイン

オフィスの移転やリニューアルといった機会に、それまでの雰囲気を大きく変えられる手段として、床の張り替えがあります。従来、オフィスの床といえば、グレー系統の地味で目立たないタイルカーペットといったイメージがあったかもしれません。しかし、現在ではオフィスでもさまざまな色、素材の床を採用している企業が増えています。今回はオフィスの床に注目し、素材の種類や張り替え時の注意点について説明します。

オフィスに使われる主な床材の種類

ひと口に床材といってもその種類はさまざまです。オフィスで使われる主な床材としては、次のようなものが挙げられます。

  • タイルカーペット

タイルカーペットは家庭でもよく使われる床材ですが、オフィスでも定番のひとつです。一般的には裏面がPVC(ポリ塩化ビニル)で、接着剤を使って床に貼り付けます。軽く、扱いやすいうえに静電機能や吸音性にもすぐれ、執務エリアはもちろん、サーバールーム、会議室などでも効果を発揮します。形は40~50センチ四方のタイル型のため、市松模様やボーダーなど、色の組み合わせ次第で自由なデザインが実現可能です。さらに、配線を床下に隠すOAフロアの場合、タイルカーペットなら部分的に簡単に取りはずせるため、作業がしやすいことも大きなメリットです。

  • ビニルタイプ

ビニルタイプには、タイル型を組み合わせて使うものと、1枚のロール状になっているシート型の2種類があります。タイルカーペットと異なり、木目調や石目調といったデザイン性の高いタイプもある点がメリットのひとつです。裏面がゴム製で滑りにくく耐水性にすぐれていることから、給湯室や洗面室といった水回りに向いています。また、柔らかく歩きやすいことから、廊下やエントランスにも適しています。

  • フローリング

フローリングというと、家庭用のイメージが強い床材ですが、耐久性を高めた素材がオフィスでも活用されています。タイルカーペットやビニルタイプのように簡単に張り直すことはできませんが、傷が目立たないため、コピー機やファックスといったOA機器や、書類棚などを置いた際に跡がつきにくいというメリットがあります。

  • 天然素材

エントランスや社長室など、高級感を出したい場所におすすめの床材は大理石や天然木です。一般的にほかの床材に比べ価格は高めですが、環境に優しい、ほかの素材にはない趣(おもむき)があるといった特徴があります。企業のブランディングにもつながるというメリットもあります。

床の張り替えで変わるオフィスのイメージ

壁や天井のリフォームに比べ、床の張り替えはオフィスイメージを大きく変えられないのではと思うかもしれません。しかし、床は常に目に入るものであり、実際には床の素材、色が変わることでオフィス全体のイメージも驚くほどに変わります。

具体的には、グレーやホワイトといった一般的な色から、グリーンやブラウンといった癒しや落ちつきを得られやすい色に変えることで、ストレス軽減効果が生まれるとされています。また、ブルーやネイビー系統の寒色系は集中力を高めたり、頭の切り替えをしやすくしたりする効果が、オレンジやブラウンの暖色系はリラックス効果があるといわれています。これらの色を使い分けることで業務効率の向上をめざすことも可能になるでしょう。

また、前述したように、素材によって吸音効果があったり、高級感があったりと特徴が異なります。床材を1種類に限定するのではなく、用途によって使い分けることでさらなる効果が期待できます。

床の張替えで注意すべき点

さまざまな種類の床材を紹介しましたが、張り替え時にはいくつか注意すべき点があります。

  • 素材によって張り替え時期の目安・費用が異なること

目的、用途だけで床材を選択してしまうと、後になって想定以上にメンテナンスが必要になるといったことも考えられます。選択時は、張り替え時期の目安や費用も含めて検討しなくてはなりません。

  • バリアフリーも視野に入れる

車いすの利用者や歩行に不安がある社員がいる場合、クッションフロアやタイルカーペットといった柔らかく滑りにくい床材にする必要があります。ただし、あまり柔らかすぎると車いすが操作しづらくなる場合もあるため、当事者の意見も参考に選択する必要があります。

  • 配線処理も考慮に入れる

OAフロアにする場合、フローリングや天然素材では、後から一部をはずして配線の入れ替えをするといったことが困難です。統一感やブランディングも重要ですが、利便性についても考慮する必要があるでしょう。

オフィスの床張り替えのポイントは目的の明確化とタイミングの見極め

オフィス家具や壁紙に比べて、あまり意識されないかもしれませんが、床の色、素材が変わるとオフィス全体のイメージは大きく変わります。床の素材や色、デザインを選定するときのポイントは、社員の働きやすさを考慮するとともに、社内外に対して自社のどういったイメージを伝えたいのかを明確にすることです。同じコストをかけるのであれば、単純に新しいものに変えるよりも、それによってひとつの企業イメージを打ち出せるようにしたほうが、効率が良いといえるでしょう。

もうひとつのポイントは、床材によって耐久性が異なるという点を知っておくことです。メンテナンスや張り替えの時期を把握しておかなければ、後になって予想外のコストがかかる可能性があります。無駄なコストをかけないためにも素材の特徴を知り、移転やリニューアルの機会に効果的なイメージチェンジを実現していきましょう。