社員が働きやすい環境を整えるために!企業が取り組むべきことは?

ワークスタイル

労働人口が減少し続けるなか、社員が働きやすい環境を整えることで、離職率を抑えられる可能性があります。社員のストレス軽減にもつながり、生産性の向上も期待できるでしょう。今回は、働きやすい職場とはどのような環境なのかを紹介し、そのために企業が取り組むべきことを解説します。また、企業のダイバーシティが進む中、さまざまな社員の事情に合わせて柔軟に対応する方法を考えることも大切です。職場の環境改善に、ぜひ役立ててください。

社員が働きやすい職場環境とは?

働きやすい職場環境を実現するには、社員が仕事にやりがいを感じられる仕組みが必要となります。また、仕事や生活をするうえで、満足感を得られることも重要です。では、具体的にどのような環境が求められているのでしょうか。

能力が発揮できる環境

まず、社員が仕事にやりがいを感じるためには、評価制度が整備されていることが条件です。自分の仕事が正当に評価される環境であれば、仕事に対するモチベーションも高まります。また、社員が能力を発揮するためには、人材育成の環境が整っていることも重要です。十分な研修や教育を受けることで、新しい業務や職位にも柔軟に対応できるようになります。そのうえで、社員の業績をしっかり給与に反映することが求められます。

心身の健康が維持できる環境

社員が日々快適に働ける環境を整えることも重要です。毎日の業務を遂行するには、社内設備の充実も欠かせません。使い勝手のよい執務室、休憩スペースやカフェテリアを整備している企業もあります。社員の健康維持のためには、サービス残業を減らしたり、福利厚生を充実させたりすることも必要です。しっかりと休める環境があれば、心身ともに健全な状態で業務に従事できるでしょう。また、仕事をするうえで欠かせないのが、職場における良好な人間関係です。同僚や上司、経営陣とのコミュニケーションがとりやすいことも働きやすい職場の条件といえます。

社員の事情に合わせて柔軟に対応できる環境を整えることも大切

企業のダイバーシティが進むにつれ、社員の抱えている事情も幅広いため、柔軟な対応が求められています。以下の点に配慮することで働きやすさが向上し、離職防止にもつながります。

  • 休暇がとりやすい

家庭の事情や体調不良で休まなければならないときに、休暇がとりやすいことが挙げられます。有給休暇の付与はもちろんのこと、女性特有の事情に対応できる特別休暇の整備も必要です。

  • 残業が少ない

社員のなかには、家庭の事情で残業ができない人も多くいます。そのため、業務の効率化を進めたうえで、なるべく残業しなくてもいい環境を整える必要があります。

  • 産休や育休がとりやすい

子どもを育てながら働きたい人にとっては、安心して産休や育休がとれる環境が望ましいでしょう。育休は待機児童の問題にも対応できるよう、延長可能にすることも重要です。また、育休明けに仕事に復帰しやすいように、企業や周囲のサポートが必要となります。

  • 育児や介護に対する理解がある

たとえ制度が整っていても、周囲の理解がなければ仕事との両立が難しくなります。育児中や介護中の人が短時間労働や休暇を申請しやすいように、職場内で理解を深めることが重要です。

  • プライバシーが配慮されている

ロッカーや更衣室、休憩ルームなどがあると、プライバシーが確保しやすくなります。また、社内で緊急連絡先を共有する場合でも、プライベートな情報がもれないように配慮が必要です。

働きやすい環境を実現するために企業が取り組むべきこと

社員が働きやすい職場を実現するためには、具体的にどのような環境づくりが必要なのでしょうか。ここでは、企業が取り組むべき課題を紹介します。

人事評価制度の整備

社員の仕事に対するモチベーションを維持するには、公平な人事評価制度の整備が重要です。そのためには、まず評価基準を明確にする必要があります。その際、結果だけでなく、行動プロセスも評価基準に入れるなど、社員の取り組みを適切に評価することも大切です。また、立場が異なる人からも評価を受けられる多面評価を導入すれば、評価制度への公平感が増します。昇進や昇給、ボーナスの評価基準を明確にし、社員が納得できる制度にしましょう。

福利厚生の充実

福利厚生は社員の企業に対する満足度を高めるのに有効です。例えば、転勤が多い職場では、住宅手当や家賃補助など、移動による社員の負担を軽減できる制度が求められます。また、社員食堂を導入する企業もあります。格安で昼食がとれるため、どの企業でも社員に喜ばれる制度です。さらに、スポーツクラブや娯楽施設などの各種割引制度を充実させることもあります。社員にリフレッシュしてもらい、ストレスの軽減や健康増進につなげていくことがねらいです。

オフィス環境の見直し

快適な環境を整えるためには、オフィスの雰囲気も重要です。社員が心地よいと感じるオフィスデザインを導入することで、仕事に対するモチベーションも上がりやすくなります。オフィスの使い勝手が悪い場合は、思いきってレイアウト変更やリフォームも検討しましょう。社員の増員によりオフィスが手狭になってきたら、移転を検討することも必要です。

働きやすい職場環境を実現するためには社内制度と設備が重要!

社員が働きやすいと感じる職場環境を整えるには、人事評価や福利厚生、職場内のコミュニケーションが重要といえます。人事評価や福利厚生については、社内制度の整備や見直しが必要です。また、働きやすい職場環境を実現するには、オフィスの設備やレイアウトの変更なども検討する必要があります。オフィスが変われば、社員同士のコミュニケーションもとりやすくなることが期待できます。社内制度と設備の両面から、働きやすい環境を実現しましょう。