社員のやる気にも影響!オフィス窓の種類や目的別の選び方

オフィス移転・リニューアル

オフィスの窓は、人の生活の質や仕事に対するやる気にも影響を与えるといわれています。そのため、窓の位置や種類は、働きやすい職場を実現するうえで重要なポイントになります。また、オフィスの窓には防音性やセキュリティ面も考慮しなければなりません。今回は、オフィスの窓が人に与える影響や、窓の種類、目的別の選び方などを紹介します。賃貸物件のオフィスを選ぶときや、オフィスのリフォーム、レイアウト変更を行う際の参考にしてください。

オフィスの窓が人に与える影響

就業時間のほとんどをオフィス内で過ごす人にとって、窓は心身の健康にも関わる重要な室内部分です。窓から自然光が入ることで、気持ちが明るくなり、仕事に対する意欲も維持できると考えられています。

生活や睡眠の質に影響を与える

窓は従業員の生活や睡眠の質に影響を与えます。一日中室内で、太陽の光を浴びずに過ごしていると、自律神経のバランスが崩れてしまうことがあるのです。自律神経のバランスが崩れると、体にだるさを感じたり、夜なかなか寝付けなかったりといった症状が出る可能性があります。体調が悪いと仕事にも集中できず、生産性が低下する原因にもなるでしょう。

社員同士のコミュニケーションに影響する

光が不十分な暗いオフィスでは、社員の気持ちも暗くなりがちになるため、互いにコミュニケーションがとりづらくなります。一方、自然光が入る明るい空間なら、気持ちも明るくなり、会話もはずむでしょう。窓辺にリラックススペースを設置し、社員が気軽にコミュニケーションをとれる場所を提供している会社もあります。

やる気やモチベーション向上に影響する

日光を浴びることでセロトニンという物質が脳内に分泌され、ポジティブな気持ちになります。そのため、窓があるオフィスでは、やる気やモチベーション向上にも影響するのです。オフィスには仕事の妨げとならない程度に、積極的に自然光を取り入れることをおすすめします。

オフィス窓の主な種類

オフィスの移転や新築などで間取りをチェックする際には、窓の種類も調べておきたいものです。窓の種類によって、光の入り具合も変わってきます。ここでは、オフィス窓の主な種類を紹介します。

  • 引き違い窓

一般的に見られる横開きの窓です。片側や真ん中などが、固定されているタイプもあります。さまざまなサイズがあるため、取り付けやすいことがメリットです。窓の開け方で換気を調整することもできます。

  • FIX窓

機密性の高いビルのオフィスに設置されていることが多く、開閉ができないタイプの窓です。換気はできませんが、外の光を取り入れたり、展望をよくしたりするために使われます。デザイン性が高いタイプもあり、おしゃれなオフィスづくりに適しています。

  • 上げ下げ窓

上下にスライドして開けるタイプの窓です。上下2枚のガラスのうち、どちらかだけ動かせるタイプ、両方動かせるタイプ、片方を開けるともう片方も開く連動型があります。窓の開け方を調整できるため、換気にも便利です。

  • 片開き窓

窓ガラスが1枚で、内側または外側のどちらか一方に開閉できる窓です。窓の開け方で風通しを調整できますが、風が強いと窓が全開になってしまうこともあります。全開にならないようにストッパーで固定できるタイプが便利です。

  • 外倒し窓・内倒し窓

外側や内側に倒れるタイプの窓です。換気しやすいため、においや湿気のこもりやすい部屋に適しています。窓の開け方はワイヤーで調整できるようになっています。

  • オーニング窓

複数の窓が外側に開閉するタイプの窓です。複数のガラス窓をハンドル操作で同時に開けることができます。窓を開けたときの傾きを変えることで、風通しを調整可能です。

目的別に選ぶオフィスの窓の種類

窓は、オフィス内の明るさを調整する目的だけでなく、防音性やセキュリティも考慮したうえで選びたいものです。ここでは、目的別に適した窓の種類を紹介します。

明るさや開放感を出したい場合

オフィスに明るさや開放感を出したい場合は、自然光が多く入る全面ガラス窓が効果的です。狭いオフィスでも開放的な雰囲気になるでしょう。プライバシーを守りたい場合は、フィルムを使って調整もできます。

防音性を高めたい場合

防音性を重視したい場合は、二重窓やFIX窓などが効果的です。機密性が高いため、外の音も気になりません。また、外気が入らないため、冷暖房費の節約にも有効です。

セキュリティを高めたい場合

セキュリティを重視したい場合は、防犯ガラスを使った窓が効果的です。高価な機器や貴重品を保管している場所では、防犯ガラスが適しています。休日や年末年始に無人になることが多いオフィスにもおすすめです。

オフィス窓を選ぶときのポイントまとめ

社員のやる気やコミュニケーション力を上げるためには、窓の種類や大きさなどを考える必要があります。明るく開放感のあるオフィスにするためには、自然光がたっぷり入る窓が欠かせません。窓のないオフィスでは、社員の生産性も落ちてしまう可能性があります。また、オフィスの窓を選ぶ際は、防音性やセキュリティなども考慮したいポイントです。新たにオフィスを借りるときは、窓の種類や大きさ、位置などに注意して決めましょう。