企業のイメージアップにも重要!オフィスエントランスをつくるコツ

オフィスデザイン

企業イメージを決める重要な場所ともいえるオフィスエントランス。来訪者から見た自社の印象をよくするためにも、こだわりたいポイントです。オフィスエントランスは、毎日通勤する従業員にとっても、業務に対する意欲向上につながる場所となります。自社の個性を出しつつ、機能性も重視したいところです。オフィスエントランスの意義や重要性を再確認したうえで、イメージ向上につながるエントランスづくりを紹介します。

オフィスエントランスの意義や重要性

オフィスエントランスは、企業の第一印象となる場所です。そのため、来訪者や従業員がよい印象を持てる空間にする必要があります。オフィスエントランスの意義や重要性を確認していきましょう。

企業イメージにつながる場所

オフィスエントランスは、来訪者の目にはじめに映る、企業イメージに結びつく重要な場所です。オフィスエントランスの印象がよければ、会社そのものに好印象を持ってもらえる可能性が高まります。近年では、多くの企業がオフィスエントランスのデザインに独自のコンセプトを取り入れています。企業にとって最初のアピールポイントとなりえる場所なのです。

従業員の満足度向上に影響する場所

来訪者以上にエントランスを使う人といえば、その会社で働く従業員です。オフィスは働く人の意識を変える重要な場所ともいわれています。特に、オフィスエントランスは従業員が毎朝必ず通る場所であるため、従業員の仕事に対するモチベーションにも影響します。エントランスのデザインにこだわることで、会社への満足度向上につながる可能性もあるのです。

受付や待合、セキュリティ機能を持つ場所

オフィスエントランスは、受付や応接、セキュリティ機能を持つ場所でもあります。会社の受付といえば、有人の受付を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、近年は無人で対応する企業も多くなっています。例えば、内線や無人の受付システムを設置して対応することも可能です。また、来訪者をおもてなしするためには、心地よい待合室の設置が必要です。

エントランスは執務室との境界になるため、セキュリティ機能も兼ね備えています。オフィスの安全性を高めるためには執務室への立ち入りを制限し、部外者の侵入を防ぐための機能が欠かせません。

オフィスエントランスの機能を果たすために重要なポイント

企業イメージの向上のため、オフィスエントランスを一新する企業もあります。ここでは、オフィスエントランスのデザインや機能を考える際に重要なポイントを紹介します。

ロゴやコーポレートカラーを使う

自社の個性を出すため、オフィスエントランスに企業やブランドのロゴ、コーポレートカラーを取り入れる企業もあります。ホームページやカタログなどで使用しているコーポレートカラーをエントランスデザインにも使うことで、自社らしさをアピールできるのです。さらに、従業員の帰属意識を高める効果も期待できるでしょう。

デザイン性や清潔感を重視する

デザイン性や清潔感など、企業イメージにこだわったオフィスエントランスも多くなっています。どのようなイメージを演出するのかは、エントランスの設計を考える際に重要なポイントです。業種や提供するサービス内容によって、重要とするイメージは異なります。医療機器メーカーであれば、清潔感が重要です。自然食品を扱う会社なら、木目調の家具やデザインなどナチュラルなイメージが好まれるでしょう。

おしゃれなオフィスエントランスをつくるコツ

まるでカフェやリゾート施設のようなエントランス、シックで重厚感のあるエントランスなど、おしゃれなエントランスの事例も数多くあります。

おしゃれなエントランスをつくるコツは、まず自社の社風に合ったコンセプトを決めることです。経営理念や提供するサービス、業種・職種などをもとに、どんな場所にしたいのかを明確にする必要があります。あらかじめコンセプトを決めておくと、デザイナーとのすり合わせもスムーズに進められるでしょう。

コンセプトが決まったら、次にどのようなデザインにするのかを決めます。その際、統一感のあるデザインにすることが重要です。デザインの統一性は、インテリアにも求められます。例えば、落ち着いたデザインのエントランスにするなら、テーブルやソファなどの家具も同じ系統のデザインにする必要があります。

照明は、全体の雰囲気を演出するのに重要なポイントです。色合いや照度を変えることで、明るさや落ち着きを演出できます。エントランスを明るくしたい場合は、白い光で照度の高い照明がよいでしょう。穏やかな光の間接照明を使えば、空間に奥行きを持たせ、落ち着いた雰囲気をつくることもできます。空間のイメージは、照明によってかなり変わってきます。

オフィスエントランスづくりのポイントまとめ 

オフィスエントランスには、企業のロゴやコーポレートカラーを取り入れ、自社らしさを表現しましょう。おしゃれ感を出すためには、コンセプトを決め、統一感のあるデザインにすることが大切です。実際に多くの企業が、デザイン性にこだわったオフィスエントランスづくりを行っています。さまざまな事例を参考にしながら、自社のイメージに合ったデザインをめざしましょう。