社内コミュニケーション活性化に効果!事例で見るオフィスカフェの効能

オフィスデザイン

仕事が激務であるほど、合間にほっと一息つける休憩スペースはうれしいもの。最近ではただ休憩できるだけでなく、社内にまるでカフェのような空間を設置する企業も少なくありません。社内コミュニケーションの活性化にも効果があるとされる、カフェスペース事例を紹介します。

最新!オフィスのカフェ事情

オフィスの休憩スペースと聞いて、自動販売機とベンチが並べられただけの無機質な空間をイメージしている人はいませんか? 一昔前はそんな休憩スペースもありましたが、最近ではしっかりと休憩することの重要性が認識されつつあることもあり、雰囲気や設備にこだわっている企業も少なくありません。

例えば、本格的なコーヒーサーバーを導入して、カフェ顔負けのドリップコーヒーやフレーバーティー、ホットチョコレートなどのドリンクが楽しめるのは、もはや一般的な休憩スペースの姿となりつつあります。中にはクッキーやドーナツなどの簡単な軽食を用意したり、外部業者に委託して社内にバリスタが常駐しているなどという例もあるから驚くばかり。

また、ドリンクだけでなく空間デザインにこだわるのも最近の休憩スペースのトレンドといえるでしょう。バーカウンターを設置したり、照明を落としてシックな雰囲気したり、またテーブルやチェアのほかにソファも用意したりと、各社とも従業員がリラックスできるよう、さまざまな工夫を凝らしています。まさにオフィスカフェともいうべき、贅沢な空間といえるでしょう。そんな休憩スペースが社内にあったら、もう外へコーヒーを買いに行かなくても、社内で足りてしまいますね。

足りないのは休憩室だそう思ったら読みたい一冊.jpg

オフィスカフェを設置するメリットとは?

オフィスカフェを設置することの主なメリットをご紹介します。

社内コミュニケーションの活性化

従業員同士がリラックスしてコミュニケーションをとれる点は、オフィスカフェのメリットのなかでももっとも大きなものでしょう。執務室でのコミュニケーションは、やはり業務をする空間だけあって硬いものになりがちです。特に役職が上の相手や、普段会話することのない他部署の人であればなおさら。しかし、カフェスペースがあれば、張り詰めた空気から開放され、リラックスした雰囲気で相対することができるでしょう。自然なコミュニケーションが生まれやすくなります。

リフレッシュ効果による業務効率化

自動販売機で売っている飲み物を簡易的な休憩スペースで飲むのに比べ、リラックスした雰囲気でコーヒーや紅茶を楽しむことはリフレッシュ効果も高くなります。仕事と休憩のメリハリがつけやすくなり、その後の業務効率もアップする可能性が高くなることも、オフィスカフェの大きなメリットといえます。

魅力的なオフィスづくりの実現

福利厚生の充実は優秀なスタッフを確保するためにも重要な要素のひとつ。オフィスカフェは福利厚生の一環であり、オフィスを魅力的なものとする施策にも大きく貢献します。飲み物を無料配布したり、福利厚生価格で販売したりすることで、従業員の労働意欲も高まるかもしれません。

オフィスカフェを導入する方法

オフィスカフェを実際に導入するには、「工事施工会社に依頼する」「自分たちでつくる」「オフィスカフェを専門に扱う業者に依頼する」の大きく3つにわけられます。

工事施工会社に依頼する

オフィスの設計やリフォームを専門に扱う工事施工会社に依頼する方法です。本格的なカフェをオフィス内に設置できますが、工事施工会社のため、その後のカフェの管理やそれに付随するサービスを提供していることはあまりありません。サーバーのレンタルや飲み物の発注などは別に行う必要があるでしょう。

自分たちでつくる

自分たちでつくるというと、本格的なカフェは難しいと思われるかもしれません。しかし、社内で余っている家具をうまく活用したり、コーヒーサーバーをレンタルしたりといった工夫次第では、ほかにはないオリジナルのオフィスカフェをつくりだすことも可能です。

オフィスカフェを専門に扱う業者に依頼する

手間がかからないのは、オフィスカフェの設置を専門的に行っている業者に依頼するという方法でしょう。プラスファニチャーカンパニーでは、オフィスカフェサービスとして「5 TSUBO CAFE」を提供しています。5 TSUBO CAFEはちょっとした空間に設置する「1坪プラン」から、チェアやテーブルを備えた「5坪プラン」まで、それぞれのオフィスに合わせて選ぶことができるサービス。ただ単にコーヒーマシンを設置するだけでなく、社員同士が気軽にコミュニケーションを取れるようにするための様々な仕掛けを用意。5 TSUBO CAFEの導入で効果的に社内コミュニケーションの活性化に手軽に取り組むことができます。

【関連リンク】5 TSUBO CAFE

カフェスペースは、高い集中力と生産性の維持につながる

ワークスタイルの変化によって、最近では執務室にソファを配置したり、休憩室を充実させたりと、オフィスでリラックスできる空間づくりに力を入れる企業も増えてきました。集中して働く時間とゆったりと休む時間のメリハリが付けられるようになれば、集中力も維持しやすく高い生産性を保つことにつながるでしょう。近い将来、オフィスにカフェスペースを設置するのが当たり前になる時代もやってくるのかもしれません。

社内コミュニケーションに課題がありますか?

社内コミュニケーションに課題をお持ちでしたら、オフィスレイアウトで解決してみませんか?関連記事ではオフィスレイアウトを工夫して社内コミュニケーションが活性化した事例をご紹介しています。
【関連記事】【事例】社内コミュニケーション活性化を実現するオフィスレイアウトとは?

足りないのは休憩室だそう思ったら読みたい一冊.jpg

プラスの社内オフィスコミュニケーションサービスはこちら https://kagu.plus.co.jp/office-communication/