eventseminar

EVENT & SEMINAR

【終了】CREATORE with PLUS広島
古川諒子「自立する透明人間」


CREATORE 広島より古川諒子 「自立する透明人間」開催のお知らせです。
本展は、ペインティングで注目を集めるアーティスト古川諒子の新作個展です。
「自立する透明人間」というタイトルにあるように、今回の展示作品はすべて透明人間をめぐるストーリーで構成されています。
ドキッとするようなどこか不穏なストーリーの一瞬を切り取ったかのような作品や、古川初の試みでもある漫画テイストの作品、即興的な詩/テキストをかき入れたドローイングなど、すべて新作で構成された展覧会となります。
絵画で描けないものを描きたかったと話す古川の作品は、どこかわたしたちが考えている問題も重ねて/ゆだねてしまえるようなおおらかさを感じさせます。
古川の新たな作品の展開となる本個展を、ぜひご高覧いただけましたら幸いです。

 

 

Artist’s Statement

透明人間が現れる映画をみたことがある。
金曜ロードショーで繰り返し放送され記憶に染み付いてしまったそれは、傲慢な科学者が自ら開発した薬を使用し、透明人間になる物語だった。

何度も観ていくうちに、透明人間を本当に描けているのかと疑問に思った。
透明人間を表すためには手袋やゴムマスクを装着しなければならないし、彼を透かした景色が歪む。
それは透明を描いたことになるのだろうか。

同じ題材の小説を読むと、その疑問は湧いてこなかった。
登場人物の顔や立ち姿、物語の舞台となる背景などは、すべて読者の想像力の中で想起されるため肉体を必要としない。
それどころか肉体がどのように存在するかも考えなくて良い。その世界は透明人間にとって居心地の良い場所に違いない。
この展示では、文学同様に「完璧な透明人間」を描くことを私は目指している。

古川諒子

WEB/SNS

https://www.instagram.com/ryoko_furukawa_/

Artist’s Biography

1994年生まれ。
2020年広島市立大学芸術学部油絵専攻卒業、
2022年広島市立大学大学院芸術学研究科油絵研究博士前期課程修了。
作品とタイトルの相互関係に着目し、タイトルの生成を起点に絵画を制作している。

主な個展に「太平洋は銀製」(ヒロセコレクション、広島、2023)、「回る羽根を切る貼る」(MONO.LOGUES、東京、2022)、「私の知るX夫妻について」(gallery RYO、東京、2021)など。
滞在制作に「ニュー・リアリティ」(アートギャラリーミヤウチ、広島、2021)。
グループ展に「kɯβzɨβɾe^崩れ」(デカメロン、東京、2023)、「grid」(biscuit gallery、東京、2022)、「ひとりとひとりの間に」(ARTDYNE、東京、2022)など。

 

開催概要



開催日時


2023年7月11日(火)~7月28月(金)

10:00~17:00

※土日祝休館

会場


CREATORE with PLUS 広島

〒730-0016

広島県広島市中区幟町13-11 明治安田生命広島幟町ビル1F

広島電鉄 胡町より徒歩1分



お問い合わせ先

 

BACK TO LIST