• バーガンディー色が印象的なエントランス

    バーガンディーのガラスが印象的なエントランス。ガラスパーティション越しにかすかに社名が映る演出でお客様を出迎えます。未来的なガラスとは対照的に、ぬくもりある木質の床にすることで期待感と安心感を感じることができます。

  • 未来的でぬくもりがある来客スペース

    来客対応用の会議室です。丸型の照明が空間にやわらかさを与え、落ち着いた空間を演出します。

  • 斜めに配置されたパーティション

    執務室側から見た商談スペース。ガラスの透明性が企業としての透明性を表現します。パーティションを斜めに配置することで、空間に躍動感がでます。

  • 仕事の効率を上げる集中ブース

    執務室の一角、円形のフロアの奥には集中ブースが設えてあります。仕事内容に応じて働く場所を選ぶことで業務の効率を上げます。デスクにはプッシュピンが挿せる吸音パネルを取り付けてあるので、作業効率の向上と集中力の向上を同時に実現させています。

  • 主動線上に配置されたマルチスペース

    リフレッシュコーナーとソファ席。主動線上に配置することで、ここがコミュニケーションの場として活用されます。休憩だけでなく、執務や作業にも使える多目的スペースです。

  • 集中とコミュニケーションを考慮した執務室

    収納庫の上はちょっとした立ち話に最適で、コミュニケーションを誘発させます。デスクトップパネルは机上面から60cmあり、各々が仕事に集中することができます。

  • 大人数対応の会議室

    14名が着座できる大型会議テーブルのほかに、会議室の一角にソファを設けることで大人数が会議に参加できます。

  • 囲われた空間が落ち着きを与える

    接客スペースは囲われた空間にし、落ち着いて商談をすることができます。

PAGETOP

仕事をするために最適化された空間

日本アキュレイ株式会社様

内 容 オフィス増床・リノベーション
面 積 524.75m²
入居者数 62名
デザイン プラス(株)ファニチャーカンパニー
URL

http://www.accuray.co.jp/

プラスがお手伝いさせていただいた日本アキュレイ様(http://www.accuray.co.jp/)の増床・リノベーションの事例をご紹介します。

日本アキュレイ株式会社様は、本社をカリフォルニア州サニーべールに置く放射線治療機器会社Accuray Incorporatedの日本法人です。今回、人員増加に伴う増床工事とリノベーション工事をご依頼いただきました。

在席数が流動的なため、一部フリーアドレス制を採用。それだけでなく、限られたスペースの中で社員のパフォーマンスを最大限に引き出すべく、様々な工夫をオフィスに散りばめています。例えば、執務室から少し離れた個室空間は、周囲を気にすることなく仕事に打ち込める集中ブースとして設えました。リフレッシュコーナーの一角に設置されたソファ席は、休憩・食事・打ち合わせ・執務と多目的に使用できる社員の人気スポットです。

そしてオフィスへのこだわりは使い勝手だけではありません。

「グリーン」「ブルー」「バーガンディー」の3色のコーポレートカラーが散らしてあるオフィスの彩りが、働く方々の意識を高めます。そしてエントランスに踏み込んだ瞬間、目に飛び込むバーガンディー色のガラスパーティションは、未来へ広がる医療の力強さを印象づけます。

最大限のパフォーマンスを発揮するために最適化されたオフィスと、3色のコーポレートカラーを基調にしたオフィスから、革新的な医療ソリューションが発信されます。

PAGETOP

  • [想造]をかなえる、ビジネスインテリアのオリジナリティ。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。