• 「学生を対象に毎年開催しているYKKファスニングアワードの受賞作品を展示したい」との要望から生まれた展示スペース。目を引く展示スペースには人が自然と集まり、会話のきっかけにもなっています。

  • ミュージアムのように商品の説明パネルが展示された壁には、商品棚を配置。商談時には引き出しごと取り出して説明に使われています。ヒアリングをベースにアクティビティの細部まで意識して設計することで作業効率と稼働率を高めています。

  • フロアの中心に位置するオープンカフェのようなラウンジエリアは、 商談 社内の打ち合わせやランチなど、さまざまなシーンで使われています。ラウンジエリアとその周辺の床を貼り分けることで、緩やかにゾーニングをしています。

  • 「KOUSHI」に磨りガラスをはめ込んだ応接室は、ラウンジエリアから見るとショップのよう。室内にいても閉塞感がなく、/divを感じることができます。また、外の光がフロア中心まで差し込むことで、フロア全体が明るく開放感のある空間に>

PAGETOP

YKK株式会社 ファスニング事業本部 ジャパンカンパニー 東京事業所様

業 種 製造業
面 積 2,582㎡
入居者数 330名
業 種 製造業
URL

https://www.ykk.co.jp/japanese/

ファスニング市場で大手のYKK株式会社。グループ会社の再編とともに日本での製造・販売・開発の強化を図るために設立されたファスニング事業本部ジャパンカンパニー様は、2019年3月に東京事務所を新オフィスへと移転しました。
新オフィスは「人が集い、留まる、魅力的な場の創造」を目指しました。コミュニケーションフロアでは、オープンカフェのようなラウンジエリアのまわりに「KOUSHI*」のファサードで党逸された展示スペースや応接室がショーウィンドウのように並び、ものづくりとファッションといった事業特性が、オフィス全体を通して表現されています。また、ショールーム的な機能を持つ新しいオフィスは人が訪れる頻度も増え、社内外の交流がかっせいかしているといいます。

*KOUSHIは、間仕切りの製品名称です。

PAGETOP

  • [想造]をかなえる、ビジネスインテリアのオリジナリティ。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。