Office Chair

オフィスチェア

オフィスチェアは数多くの種類があるために、
カタログを見てもわかりにくいと感じている人もいるかもしれません。
座り心地の良いオフィスチェアや、空間にぴったりのオフィスチェアを選定する際のチェックポイントをご紹介します

健康や仕事のパフォーマンスを左右する!
快適なオフィスチェアの選び方

仕事中、常に自分の体を預けるオフィスチェア。
快適なものを選びたいものですが、カタログをながめても、その違いがわかりにくい、と感じる人もいるでしょう。
快適に、そして生産的に仕事を進めるためのオフィスチェアを選定する際のチェックポイントをご紹介します。

オフィスチェアは仕事のパフォーマンスに影響する

言うまでもありませんが、業務時間の大部分を過ごすオフィスチェアは、
何よりもまず座り心地を重視して選ぶ必要があります。


2017年3月にJOIFA(社団法人日本オフィス家具協会)が発表した『「オフィスワーカーから見た、オフィス環境ニーズのトレンド」を探るための調査の実施と、分析結果を踏まえた提言・提案』によると、
仕事で使用するチェアの座り心地が重要と考えている人は全体の60%の前後とされています。
しかし、実際に良い座り心地を実現できていると考えている人は25%前後にとどまっており、
非常に低い水準であることが明らかになっています。


自分の体に合わないチェアを使用し続けると、無理な体制を長時間維持してしまうことになり、慢性的な腰痛など健康にも深刻な影響を与えかねません。もちろん、そんな状態では仕事のパフォーマンスにも影響することは言うまでもないでしょう。オフィスチェアを選ぶ際には、正しい姿勢が保てるか、また十分なクッション性があるかなど、座り心地を重視することが何よりも大切なのです。

快適な座り心地のオフィスチェアはどうやって選ぶ?

このように、オフィスチェアの座り心地は仕事のパフォーマンスだけでなく、自身の健康にまで大きな影響をおよぼします。
それでは、チェアの座り心地を左右する、4つのポイントをご紹介しましょう。

ポイント1 背もたれ

チェアの座り心地を左右する要素として、まず注目してほしいのは背もたれの形状です。適度な広さがあり、背中を包み込むようなカーブを描いているものが理想的です。
実際に座ってみて、背中をしっかりと保持してくれるか、上体が安定するかを確かめるようにしましょう。 上体を安定させるという視点では、背もたれの高さも重要なポイント。
特に長時間座っている職種の場合、肩甲骨の外側まで支えることのできるハイバックタイプのチェアを選ぶことで体重を分散させ、腰回りの筋肉の疲労を軽減する効果が期待できます。また、骨盤が後ろに傾かないような形状になっているかも重要なポイント。
骨盤が後ろに傾いてしまうと、いわゆる「ねこ背」になってしまい、正しい姿勢を維持することができません。

ポイント2 肘置き

快適な座り心地のためには、肘置きがついているかどうかも重要なポイント。ちょっと休憩する際にリラックス効果があるのはもちろんですが、実は作業中の疲労を軽減してくれる効果もあります。 仕事中はパソコンのキーボードに手を伸ばしている姿勢が基本という人は意外と多いはず。
しかし、この姿勢は手や肩に大きな負担をかけてしまいます。
実際にはパソコンのディスプレイを見ながら考え事をしたり、資料を読み込んだりと、キーボードを使用しない時間は意外と長いもの。
そんな時に肘置きがあると、体への負担を大きく軽減することができます。

ポイント3 調整機能

快適な座り心地を追求するのであれば、チェアの各部を自分の体型に合わせるための調節機能はかかせません。
オフィスチェアには以下のような調節機能がありますが、どの機能が備わっているかはチェアによって異なります。自分の必要な調節機能があるかどうかを確認してチェアを選ぶといいでしょう。
1. 座面高さ調節:座面の高さを調節し、自分の身長に合わせた高さで使うことができます。
2. ロッキング角度調整:背もたれのロッキング角度を調節する機能。通常、座面と連動しています。長時間の執務の際には、ロッキング角度を調節して、時々姿勢を変えることが大切です。
3. 背もたれスプリング調整:背もたれのリクライニングに必要な力の強さを調節する機能です。
4. 座面奥行き調整:座面を前後に動かすことで、どのような体型の方でも正しい姿勢をとれるようにする機能です。

ポイント4 座面の放熱性

意外と見逃されがちですが、快適さのためには座面の放熱性も見逃せないポイント。
座面の素材によっては、長時間座っていると熱がこもり、蒸れたり不快感の原因になったりすることがあります。 特にフリーアドレスオフィスで不特定多数の人が同じチェアを使用することを想定している場合や、長時間座っている職種などでは、放熱性に優れた座面素材と形状のチェアを選ぶことで、熱がこもらず快適に使用できるようになります。
座面がお椀のように湾曲していたり、座った時に座面が沈み込んだりするものは放熱性が悪くなってしまうことに注意しましょう。

快適な座り心地を追求した、PLUSのオフィスチェア

PLUSファニチャーカンパニーでは、快適な座り心地を体感いただくためのさまざまなオフィスチェアをラインアップしています。
その中から、いくつか代表的なものをご紹介しましょう。

長時間のPCワークに最適な
「Oval(オーバル)」

業務の中で非常に大きな割合を締めるPCワーク。その快適さを意識して設計されたのが「Oval」です。
体型に合わせて高さや角度が調節できるのはもちろん、PC操作時に前傾姿勢を取ることを想定して、座面が前にも傾けられるなど、PCワークの負担を軽減するために必要な機能を詰め込みました。

また、アッパーバックを装着できたり、肘置きや背もたれの形状を体型や好みに合わせて選べたりと、オプションが充実しているのも嬉しいポイント。働き方に合わせて柔軟にお選びいただくことができます。

コンパクトな設計が特徴の
「Fita(フィータ)」

ポルトガル語で「リボン」を意味する「Fita」は、オフィスワークに必要とされる快適な座り心地はそのままに、上質なデザインとコンパクトさを実現したチェア。
大きく広がりやすいチェアの脚部分を、幅570mmというコンパクトなサイズに押さえており、小型の片袖机やフリーアドレスオフィスでも無理なくお使いいただけます。

設計はコンパクトですが、背幅480mm、座幅460mmとゆったりした座り心地をサポート。また、ロッキングさせた時に背もたれが後ろに行きすぎないので、PC画面から大きく遠ざかるのを防いだり、省スペースで使えたりするメリットもあります。まさに、コンパクトさと快適な座り心地を追求したオフィスチェアなのです。

メッシュの背もたれが目を引く
「Try(トライ)」

「Try」の特徴は、何と言っても背もたれがメッシュ構造になっていること。
3Dフォルムの樹脂素材にスリット穴をメッシュ状に施すことで、どんな体型の人でも快適にサポートできる柔軟性があります。

また、座面には放熱性に優れ、蓄熱を抑えるウレタンフォームを採用。長時間座っていても、蒸れたり不快感を感じたりしにくいのも大きな特徴です。そのため、不特定多数の人が同じチェアを共有するフリーアドレスオフィスにも最適。どんなシチュエーションにも、そしてどんな人にも快適に使っていただけるオフィスチェアです。

オフィスの美しさを保つ「Kaile(カイル)」

快適な座り心地だけでなく、チェアが並んだ際の美しさにもこだわりたい。
そんな人におすすめしたいのが「Kaile」です。一般的なチェアの背もたれにはハイバック、ローバックの2種類がありますが、これらがオフィス内に混在することで統一感が失われ、雑然とした印象になってしまいます。

「Kaile」はハイバック、ローバックともに背面シェルの高さを合わせたことで、並べたときに統一感を感じられる設計が特徴。もちろん、ロッキング調節機能のついた背もたれやアジャスト機能のある肘置きなど、快適な座り心地もしっかりとサポートしています。

人間工学に基づき座り心地を追求した「giroflex」シリーズ

快適な座り心地のためには、人間の体型を科学的に分析し、それに合わせてチェアを設計するエルゴノミクスの視点が欠かせません。
そんな人間科学に基づく技術を集結し、正しい座り姿勢を科学的に分析して設計されたのがgiroflex社製のチェアです。

ジロフレックス社は、1962年に世界で世界初のエルゴノミクスチェアを開発するなど、業界ではパイオニアとも言える存在。以来、科学的な裏付けによる正しい座り方を追求した製品は、世界中で非常に高い評価を得ています。

体や空間に合ったチェアで、長時間快適に

仕事のパフォーマンスや働く人の健康にまで深くかかわるオフィスチェア。
最近では座り心地の快適さだけでなく、オフィスに並べたときの美しさを意識したチェアや、フリーアドレスに適したモデルも登場してきました。
しっかりと検討して、ぜひ自分の体にあったチェアを選んでくださいね。