• giroflex68スライダー1
  • giroflex68スライダー2
  • giroflex68サムネスライダー1
  • giroflex68サムネスライダー2

長時間の着座姿勢を快適に保つメッシュバック

背中はメッシュで心地よく、座面はウレタンでしっかりと体重を分散する。背と座に異なる素材を使うことで、長時間の着座でも快適性を高く維持できるのがジロフレックス68の特徴です。
背面は専用に開発された丈夫なメッシュ素材を使用。適度なクッション性があり、肩や上半身の動きをウレタンよりもやさしく、自然に受け止めます。背中全体をカバーする大きい背もたれと、体の動きを妨げないフラットなメッシュのおかげで上半身はリラックス。熱もこもらず、長時間よりかかっていても不快感がありません。
そんなメッシュ素材の弱点は3次元形状が作りにくいこと。腰を支える形状にすることが難しいため、従来はメッシュの裏からランバーサポートという部品を当てることが必要とされていました。しかしジロフレックス68ではメッシュを強いテンションで張る技術力とフレームの設計によりこれを解決。見た目にもメッシュの軽快感を活かしたシンプルで先進的なデザインが実現しました。

足と腰への負担を軽減する座面形状

giroflex68座面形状

2つの角度で構成された独自の座面形状

骨盤を適切に支え、大腿部への圧迫を軽減するために、座面は2つの角度で構成しています。
座面の後ろ半分は、背もたれのランバーサポートとの相互作用により背骨のS字カーブを維持し、骨盤への無理な圧迫が生じないよう設計されています。
一方、座面の前方約三分の一には-7度の傾斜をつけ、大腿部を負荷から開放します。太ももの裏を座面が圧迫することがなく、血行を妨げません。この-7度という角度によって、適切に体重を分散しつつ安定して着座できる、絶妙なバランスが保たれています。

背メッシュ

giroflex68 背メッシュ

背メッシュ

強靭なダイキャスト製の背フレームの局面に立体的にフィットする二重構造のメッシュ素材を強い張力で張ることで、洗練された背のシルエットとサポート性を実現。

背フレームを支えるY字支柱

giroflex68 Y字支柱

背フレームを支えるY字支柱

広くて大きな背もたれの細いフレームを着座に影響せずに支えるY字の支柱がチェア68のデザインの特徴にもなっています。

ステッチ縫製

giroflex68ステッチ縫製

ステッチ縫製

革張りは、縫製によりステッチが入った仕上げです。

巻き込み仕上げ

giroflex68巻き込み仕上げ

巻き込み仕上げ

クロス貼りは、クッションをクロスで包み込むように巻き込んだ柔らかな仕上げです。

FUNCTION 機能・特徴

  • giroflex68_背高さ調節

    背高さ調節

    背もたれの高さをセッティングできる調節機構付き。7段階。
    可動範囲:60mm。

  • giroflex68_ガス上下調節

    ガス上下調節

    床面と太ももが平行になるのが、もっとも疲れにくい座面の高さ。無段階調節機能で、最適な高さにジャストフィット。
    可動範囲:120mm。

  • giroflex68_背座シンクロロッキン

    背座シンクロロッキング

    シンクロメカニズムにより背もたれの角度を6ポジションで固定できます。スムーズな動きとダイナミックな座りを実現。
    可動角度:0度~23度。

  • giroflex68_ロッキング強さ調節

    ロッキング強さ調節

    座面下のつまみで好みに合わせて、ロッキングの強さも調節できます。
    また、背・座面のクッションは工具なしで簡単に交換できます。

  • giroflex68_背奥行き調節

    背奥行き調節

    作業内容や好みに合わせて、背の奥行を前後に5段階、50mmスライドし最適な位置にセットできます。

  • giroflex68_ヘッドレスト調節

    ヘッドレスト調節

    首筋を支えるためのネックサポート。後傾姿勢のときに後頭部を支え、首の疲労を防ぎます。高さ調整可能。
    可動範囲:70mm(角度調整不可)

LINEUP ラインアップ

  • ヘッドレスト付き

     
    68-7619RML

    68-7619RML
    革張り

    ネックサポートが後頭部を支えるため、深くリクライニングした姿勢でも作業を継続できます。

  •  

     

    68-7619RMS

    68-7619RMS
    クロス張り

  • ハイバック

     
    68-7519RML

    68-7519RML
    革張り

    ランバーサポートを不要とした腰を支える形状。背もたれは画像よりもさらに垂直に起こせるので、背筋を立てた着座姿勢にも十分対応できます。。

  •  

     

    68-7519RMS

    68-7519RMS
    クロス張り