• giroflex353mtスライダー1
  • giroflex353mtスライダー2
  • giroflex353mtスライダー3
  • giroflex353mtサムネスライダー1
  • giroflex353mtサムネスライダー2
  • giroflex353mtサムネスライダー3

人間工学に基づいた背もたれとシートの美しいデザイン。
カラフルで快適な座り心地がミーティングシーンを彩ります。

シンプルで美しいフォルム、快適な座り心地で高い評価を得たジロフレックス353。そのコンセプトを踏襲しながらデザインされた、まったく新しい353ミーティングチェア。背メッシュによる心地よさ、大腿部への圧迫を軽減する座面形状など、長時間のミーティングでも快適性を保ちます。

背もたれの特殊メッシュ素材で腰部をサポート

giroflex353mt背形状

背もたれの特殊メッシュ素材で腰部をサポート

背のメッシュ素材には、弾力に富んだ二層構造の「3Dスペーサーファブリック」を採用。従来のメッシュ素材に比べて背の曲面へ立体的に対応し、腰部をしっかりサポートします。
一般的にメッシュ素材の弱点は3次元形状が作りにくく腰を支える形状にすることが難しいため、従来はメッシュの裏からランバーサポートという部品を当てることが必要とされていました。しかしチェア353mtでは「3Dスペーサーファブリック」とフレームの設計によりこれを解決。背面のランバーサポート形状とともに、長時間座った時の腰への負荷を軽減します。

足と腰への負担を軽減する座面形状

giroflex353mt座面形状

2つの角度で構成された独自の座面形状

骨盤を適切に支え、大腿部への圧迫を軽減するために、座面は2つの角度で構成しています。
座面の後ろ半分は、背もたれのランバーサポートとの相互作用により背骨のS字カーブを維持し、骨盤への無理な圧迫が生じないよう設計されています。
一方、座面の前方約三分の一には-7度の傾斜をつけ、大腿部を負荷から開放します。太ももの裏を座面が圧迫することがなく、血行を妨げません。この-7度という角度によって、適切に体重を分散しつつ安定して着座できる、絶妙なバランスが保たれています。

giroflex353ミーティングチェアは3タイプ。

giroflex353ミーティングチェアは3タイプ。

giroflex353ミーティングチェアは、4本脚キャスター、 4本脚、カンチレバー脚の3タイプを用意。
キャスター付きは可動性に優れ、着座や椅子から離れる動作が容易です。スタンダードな4本脚は様々な用途に適します。カンチレバー脚はベンディングの動きで長時間の会議でも疲労が軽減できます。

  • giroflex353mt_肘付きタイプ

    肘付きタイプ

    腕が乗せやすい少し内側に傾いた肘付き。

  • giroflex353mt_肘無しタイプ

    肘無しタイプ

    スタンダードな肘なしタイプ。

  • giroflex353mt_クロムメッキ脚

    クロムメッキ脚

    353ミーティングチェア全タイプで選べるクロムメッキ仕上げ。

  • giroflex353mt_ブラック塗装脚

    ブラック塗装脚

    4本脚タイプにシックなブラック塗装仕上げを用意。

LINEUP ラインアップ