• 信頼と安心を与える

    シンメトリックなデザインで、確かな製品を提供してきた「自信」を。あたたかな白、やわらかな木目とグリーンの組合せで、「丁寧さ」や「安心感」を表現しました。

  • 主役は製品

    商談や製品チェックの場として、製品にフォーカスが当たるよう、家具はシンプルなものを採用し、インテリアは白を基調としました。

  • 想いの詰まった応接スペース

    応接兼ショールームとして、想いの詰まった部屋。デニム生地を床壁に用いて、取組み(ジーンズのボタン等の製造)をインテリアで表現し、ジーンズのように、色落ちを楽しみながら長く愛される空間を目指しました。

  • 会議は集中、気分はリラックス

    窓のない会議室は、家具に木目や色を入れることで安心感のある空間に仕上げました。こちらでは長時間の会議が想定されていたため、クッション性の高いチェアを選定。

YKKスナップファスナー株式会社様

業 種 製造業
面 積 714㎡
URL

https://www.ykksnap.co.jp/

グループの再編に伴い、YKK株式会社ファスニング事業本部 ジャパンカンパニー様と共に本社移転が行われました。移転先周辺にはもともと本部とグループ会社があり、事務所集結によるものづくりの拠点として、商品力・営業力強化や会社間の連携が期待されました。そうしたグループ全体の意図を踏まえつつ、スナップファスナー様ならではの目線や想いを大事にしながら空間設計、家具計画を行いました。

【担当デザイナーコメント】
移転前の事務所より新事務所は狭くなるため、「引っ越してよかった」「営業しやすくなった」と感じていただけるように、内装・家具、アートに至るまで、お客様自身の目で一つ一つ細かくチェックしていただきました。中でも来客エリアは、お客様と一体となって検討を重ねることで、企業姿勢や想いの感じられる、「スナップファスナー様らしさ」がたっぷりと詰まった空間に仕上がりました。結果、社外へのイメージアップが社内満足に繋がっているとのことで、目的を達成できたのではと感じています。


信頼と安心を与える

信頼と安心を与える

シンメトリックなデザインで、確かな製品を提供してきた「自信」を。あたたかな白、やわらかな木目とグリーンの組合せで、「丁寧さ」や「安心感」を表現しました。

主役は製品

主役は製品

商談や製品チェックの場として、製品にフォーカスが当たるよう、家具はシンプルなものを採用し、インテリアは白を基調としました。

想いの詰まった応接スペース

想いの詰まった応接スペース

応接兼ショールームとして、想いの詰まった部屋。デニム生地を床壁に用いて、取組み(ジーンズのボタン等の製造)をインテリアで表現し、ジーンズのように、色落ちを楽しみながら長く愛される空間を目指しました。

会議は集中、気分はリラックス

会議は集中、気分はリラックス

窓のない会議室は、家具に木目や色を入れることで安心感のある空間に仕上げました。こちらでは長時間の会議が想定されていたため、クッション性の高いチェアを選定。

オフィスデザインに関するお問い合わせ

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。

お問い合わせはこちら

メールニュースのご登録

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。

お問い合わせはこちら