• フロア中央に個人のデスクエリア。一部にフリーアドレスが導入されています。

  • エントランス横のラウンジ。ゆとりや安心感をあたえるデザインです。

  • ソファコーナーと執務エリア。空間の連続性はここでも重視されています。

  • 眺めのよい場所に設けられたカウンター席。ペンダントライトで空間を演出。

  • 通用口横に設置された開放的なパントリー。コミュニケーションを促します。

PAGETOP

移転を機にオフィスイノベーション

株式会社プラネット様

URL

http://www.planet-van.co.jp/

社内プロジェクト主導のオフィスづくり

株式会社プラネット様は、日用品や化粧品の流通情報システムの開発といった情報サービスを提供している会社です。
「オフィスのスペース不足を解消し、社員のクリエイティビティを引き出すような環境を整えたい」、「営業活動や来訪者のため交通の利便性を高めたい」との思いからオフィス移転を決定されました。 各現場の意見や要望を最大限反映させるため、各部門から担当者を選出しプロジェクトを結成。プラスファニチャーカンパニーは、プロジェクトチームのみなさまの「良いオフィスをつくりたい」という熱意に応えるべく、幾度も議論を重ねながらオフィスプランをご提案。空間デザインから施工までお請けいたしました。

2つのイノベーション

新しいオフィスのテーマは、“2つのイノベーション”―BEHAVIOR(ビヘイビア=行動様式)イノベーションと、INTERIOR(インテリア)イノベーションです。 前者は、個人やチームでの仕事のすすめかた、会議のやり方など、より効果的なスタイルを自分たちで考え、発見する、そういう行為を促すということ。 後者は、一般的なスチールデスクとチェアで構成された従来型オフィスから脱却することです。

「CAFÉ(カフェ)」をキーワードに、そのインテリアの魅力、エッセンスをオフィスに取り入れ、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションを促し、同時に来訪者に対するイメージアップも図っていくということを目指しました。

主なポイントをご紹介します。フロア内には、多様なスタイルのワークスペースが用意されています。各個人のデスクの他に、テーブル席、カウンター席、さらにソファタイプのスペースもあります。個人で、またはチームで、どこでも使いたいときに使えるよう各スペースに電源やモニターを装備しました。設置する家具も、いろいろな使い方ができるかどうかという視点で選定しています。

空間の連続性と一体感も大きなポイントです。個人のデスクをフロア中央に、窓側に共有スペースを配し、回廊状に通路を巡らせてアクセス性を確保。見通しがよく、社内の雰囲気が感じ取れます。オフィス内のどこにいても同じ空気、時間を共有しているという一体感があります。

さらにインテリアは、木質の木肌や自然素材を活かし、無機質な要素を抑え居住性を重視したコーディネート。落ち着きやリラックスといった心理的効果を高めるため、スタンドライトなどの照明器具やインテリアグリーン、アートを活用しました。 業務特性上、セキュリティはもちろん確保していますが、来訪されるお客様にも堅苦しさを感じることなくお過ごしいただけます。

「社員が新しいオフィスに愛着が持てるように」と、社員用IDカードにはカーペットデザインがモチーフとして使われています。プロジェクトの熱い思いが詰まったこのオフィスで、皆様がクリエイティビティを存分に発揮されることを確信しております。


PAGETOP

  • [想造]をかなえる、ビジネスインテリアのオリジナリティ。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。