• 広がりを感じさせるエントランス

    フェリスウィールインベストメント様の受付機能を備えています。
    壁面にミラーを使用し、空間が広く感じられるようにしました。壁面のグラフィックや床のカーペットは、観覧車をモチーフにデザイン。写真右手に見える受付の電話台も、観覧車のゴンドラをイメージしたものです。
    クレアシオン・インベストメント様への来客もここを通るため、インテリアの質感に配慮しました。

  • 柔らかなイメージのサインデザイン

    透明感のある素材を使用し優しい雰囲気に。投資会社という硬いイメージを払しょくするデザイン。

  • ミーティングスペースは機能的に

    フェリスウィールインベストメント様のミーティングスペース。使いやすさを重視し、シンプルにまとめました。

  • オフィスとイメージを統一

    クレアシオン・インベストメント様の商談室。同社のオフィスエントランスのテイスト(次の写真)を踏襲したインテリアとし、統一感が感じられるようにしました。クライアントとの契約など重要な場面に相応しいグレード感や、特別な雰囲気が感じられるようコーディネートしています。

  • クレアシオン・インベストメント様のオフィスエントランス

  • クレアシオン・インベストメント様のオフィスエントランス

PAGETOP

夢の広がる空間づくり

クレアシオン・インベストメント株式会社様/フェリスウィールインベストメント株式会社様

内 容 オフィス移転・新設
デザイン プラス(株)ファニチャーカンパニー

今回は、以前プラスがオフィスづくりをお手伝いさせていただいたクレアシオン・インベストメント株式会社様(/case-studies/046)の商談室の新設、および同じフロア内に同居されることとなったフェリスウィールインベストメント株式会社様のオフィスづくりについてご紹介いたします。

クレアシオン・インベストメント株式会社様(http://www.crea-i.com/)

フェリスウィールインベストメント株式会社様(http://fw-i.com/)

まず、エントランスホールですが、商談室への動線であると同時にフェリスウィールインベストメント様の受付としての機能も担っています。同社は、長崎ハウステンボスの「白い観覧車」の開発・運営など、投資開発・運用をおこなっていることから、代名詞ともいえる観覧車をモチーフにグラフィカルに表現。明るい色調や壁面にミラーを使うことで、広く感じられるようにしました。クレアシオン・インベストメント様の来客もここを通るため、空間の質に配慮しました。

一方、クレアシオン・インベストメント様の商談室は、エントランスホールから直接アクセスできる位置に設置。ドアの奥の室内は、同社オフィスのイメージを踏襲したインテリアとし、クライアントとの契約など重要な場面にふさわしい重厚感のある空間に仕上げました。

PAGETOP

  • [想造]をかなえる、ビジネスインテリアのオリジナリティ。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。