現在、政府主導により働き方改革が進められるなど、日本のビジネス界では従来の働き方を見直す動きが強まっています。こうした流れの中、新たに注目を集めているのが業務の生産性や効率性の向上です。いくら労働環境が改善されても、業務の生産性や効率性が上がらず、業績が落ちたり残業が増えるのでは本末転倒です。効率的に業務を行い、しっかりと生産性を確保することは、労働者のワーク・ライフ・バランスを実現する上でも重要なことなのです。

生産性や効率性を向上させるには、IT技術の導入や無駄な業務の削減などさまざまな方法がありますが、こうした施策のひとつとして、近年企業が力を入れているのがリラックス効果の高い休憩スペースを確保することです。言うまでもないことですが、質の良い労働を求めるためには従業員が肉体的・精神的ともに健康である必要があり、また高いモチベーションが維持されている必要があります。そんな時、業務の合間にほっと一息つけるような休憩スペースが社内にあれば、リフレッシュした新たな気分で、また業務に向かうことができるのではないでしょうか。

また、休憩スペースにはリフレッシュ効果だけでなく、社内コミュニケーションを促進する効果も期待されています。部署や役職を問わず、社内のさまざまな人が集まる休憩スペースでは、執務室の張り詰めた空気とはまた違った、リラックスした雰囲気でのコミュニケーションが生まれるでしょう。結果として、社内の雰囲気を明るくしたり、チームワークを向上させたりといった相乗効果が生まれるとされています。

この資料では、すでにこうした休憩スペースを実現させている企業様の事例をまとめてご紹介しています。自社の休憩スペースづくりの参考に、ぜひお役立てください。

右のフォームに必要事項を入力すると、PDF資料がダウンロードできます。

個人情報の取り扱いについて

  1. お預かりした個人情報は、弊社の各事業に関するお問い合わせへの対応に利用いたします。
  2. ご本人の同意がある場合または法令に基づく場合を除き、お預かりした個人情報を第三者に提供しません。
  3. お問い合わせへの対応のため、お預かりした個人情報の取扱いを外部委託する場合があります。また、予め公表しているグループ会社と共同利用する場合があります。
  4. お預かりした個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
  5. お預かりした個人情報の開示・訂正・利用停止等のご要望がございましたら、下記窓口までお知らせください。

プラス株式会社 個人情報相談窓口 
詳しくは、弊社「個人情報の保護に関するお知らせ」をご覧ください。

プラス株式会社 個人情報保護責任者 コーポレート本部長