new_std_11

PLUSが考えるニューノーマルに対応するワークプレイスのレイアウト

「レイアウト編」ではオフィスとテレワークを組み合わせた働き方を前提に、これからの新しいオフィスのカタチを、モデルレイアウトを中心にをまとめています。
コロナ禍でのオフィス作りに悩んでいる方はぜひご覧ください。

空間機能の変化

同じオフィス面積のままニューノーマルに対応

本資料では、テレワークとオフィスワークの両立を前提とした新しいオフィスのカタチをご紹介しています。現状のオフィス面積のまま、レイアウト変更をしてニューノーマルに対応する具体的なオフィス例をご紹介しています。

家具や備品の整備

すぐに取り入れられる、レイアウト例

単純に座席を間引いて飛散防止をする方法だけではありません。座席のレイアウトを工夫する生産性を向上させながら、安全に配慮するという方法もあります。具体的なレイアウトを資料でご紹介しています。