• 来訪者をエスコート

    社名サインや電話台は照明を仕込み、来訪者の目にとまりやすいようにしています。内部の様子がうかがえるよう、間仕切りの一部をガラスとしグラデーションのかかったシートを貼りました。

  • 気持ちが落ち着く待合スペースに

    来訪者のほとんどが女性であることをふまえ、丸みのある家具や植物をモチーフにするなど、柔らかい雰囲気の空間になるようコーディネートしました。

  • 来客スペースはプライバシーに配慮

    面談用のブースはプライバシーに配慮し、内部が丸見えにならないよう動線に対して斜めに配置しました。こうすることで、空間に奥行きが生まれる効果も生んでいます。ブースや会議室の入口には、医学用語にちなんだワードでサインを作成し特徴づけしました。

  • カラーリングにも変化をつけて

    面談ブース内の壁面には、パンフレットやモニターを設置できるよう棚を造作。明るさを調節できるよう調光可能なダウンライトを採用しました。チェアのクロスカラーを部屋ごとに変え、それぞれの識別や案内がスムーズにおこなえるようにしました。

  • 人数や状況に応じて使い分け

    面談室(個室)は、席数や家具などしつらえの異なる部屋を設けて、来訪者の人数や面談の内容に応じて使い分けができるようにしました。

  • 社長室の壁をガラス張りに

    社長室から執務スペース全体を見渡すことができるようにしました。個室として独立していながらも、執務スペースと一体感があります。

  • カラーを活かした執務スペース

    増員に対応しやすいレイアウトを採用。チェアは、カラーを複数用意し、好みで選択できるようにしました。色で変化をつけることで、空間に活気が生まれています。

PAGETOP

来訪者へのホスピタリティを実現

株式会社メディカル・コンシェルジュ様

内 容 オフィス移転
面 積 約750m²
入居者数 80名
販売店 株式会社アートオフィスクリエイト
デザイン プラス(株)ファニチャーカンパニー
URL

http://www.concier.com/

株式会社メディカル・コンシェルジュ様は、医師、看護師、薬剤師など医療関係の有資格者を対象とした人材サービスを提供している会社です。
東京本社の移転にあたり、特に重点をおいたのは接客スペース。ここを訪れる来訪者の視点に立って考え、気軽に利用できる場となるよう計画しました。エントランスは入りやすさを重視し、明るく柔らかな雰囲気の空間に。リビング感覚の家具やナチュラルな素材、照明を効果的に取り入れ、心地良く感じられる空間をつくっています。また、面談や相談業務をおこなう来客スペースは、来訪者のプライバシーに配慮。ゾーニングや動線、インテリアなど、落ち着いてコミュニケーションがとれるようにしました。エリア内にパントリーを設けるなど、スムーズな動線がとれるよう機能面も工夫しています。
医療・健康・介護分野のコンシェルジュとして、その社名に込めた思いがかたちになりました。
ここを新たな拠点として、さまざまなサービス、ソリューションが生まれます。

PAGETOP

  • [想造]をかなえる、ビジネスインテリアのオリジナリティ。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。