• 明るくオープンなエントランス

    来客をきちんとお迎えできるよう入口正面にカウンターを造作。社名サインは透明ガラスに表示し、内部が見渡せるようにしました。

  • ナチュラルカラーでコーディネート

    家具はナチュラルカラーでコーディネート。限られたスペースながらも、オープンで明るい空間に仕上げました。

  • 来客への対応をスムーズに

    カウンターの裏側は収納スペースです。来客対応時に利用するものを収納します。伝票のやり取りが頻繁にあるとのお話を受け、クリアケースキャビネットを組み込みました。

  • 多目的に使えるデスクを導入

    中央のデスクは、工場勤務者がデスクワークを行うための席です。離席していることが多いため、仕切りのない大型デスクとし、ミーティングや作業にも利用できるようにしました。 また、執務室内に倉庫を新たに設置しました。(写真正面奥)

  • 一石二鳥の倉庫スペース

    執務室内に倉庫を設置。「こまごまとした物を置いておけるため、オフィス内が常に整理されている」とのこと。
    また、分電盤などの設備が倉庫内に収まるように計画し、室内の美観向上を図りました。

  • バックヤードを収納庫で目隠し

    写真右手の収納の奥に、階段やトイレ、流しなどがあります。天井までの収納とすることで収納スペースを確保するとともに、バックヤードと執務スペースとを明確に分離。執務スペースの居住性を高めました。

  • プライバシーにも配慮

    夏暑く、冬寒かった階段下のミーティングスペース。階段を含む吹抜け部分を壁で囲い、空調効率を高めました。家具のカラーリングや照明の増設、必要に応じて目隠しできる可動型スクリーンの設置など、快適性の向上を図りました。

PAGETOP

いつでも快適に。生まれ変わったオフィス

フジハツ工業株式会社様

内 容 リニューアル
面 積 100m²
入居者数 11名
販売店 三共興産株式会社
デザイン プラス(株)ファニチャーカンパニー
URL

http://fujihatu.com/

フジハツ工業株式会社様は、金属加工やパーツ製造をおこなっている会社です。このたび、工場内オフィスのリニューアルをご依頼いただき、家具や内装だけでなく、照明、サイン、ブラインドと、トータルにご提案させていただきました。

計画のポイントは、今回のリニューアルによって一時的にオフィスを綺麗にするというのではなく、機能性や快適性、美観を、より長く維持できるようにしたということです。そのために、執務をおこなう空間とバックヤード空間を明確にゾーン分けし、それぞれを管理しやすくしました。また、現状調査やヒアリングに基づいて十分な収納スペースを確保し、ファイリングや物品の管理が円滑に行えるようにしました。インテリアは、明るく落ち着いた色の木目を使ってコーディネートし、あたたかみのある空間となっています。流しやトイレも改修しました。

オフィスは、一日のうちの多くの時間を過ごす場所。いつでも使いやすく、そして快適なオフィスに生まれ変わりました。

PAGETOP

  • [想造]をかなえる、ビジネスインテリアのオリジナリティ。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。