• 社長室の様子。ここはプレゼンテーションルームでもあります。高質感のあるモダンなインテリア。

  • 社長室はまたスタッフの休憩場所になることも。

  • すっきりとしたエントランスまわり。

  • 執務スペースから見た社長室の様子。必要に応じて社長室側に設置したブラインドを閉め、視線をコントロールします。

  • ミーティングブース。チェアのオレンジ色がアクセントになっています。

  • 執務スペース。一人ひとりをデスクトップパネルで仕切り、個人の業務に集中しやすいデスクスペースです。

PAGETOP

演出装置としてのオフィス

株式会社ベターウェーブ様

PAGETOP

お客様の声

業容拡大のためにオフィスを移転

当社は、日本国内の遊園地、テーマパーク、複合アミューズメント等でのアトラクションの企画、デザイン、施工、監理、運営、業務推進を核に、その経営も手がけております。
言い換えると、子供から大人まで、時を忘れて熱中し楽しんでいただけるアミューズメント空間をプロデュースする会社です。
そしてこのたび、業容の拡大のためにオフィスの移転をおこないました。

トップ自らデザインに参画

新しいオフィスをつくるにあたってのポイントは、このオフィスをクライアントへのプレゼンテーション空間としてデザインすることでした。
これまでは、クライアントのもとへ出向いてご提案内容をご説明するケースが多かったのですが、空間プロデュース会社としてのセンスが感じられ、同時に、お客様とのコミュニケーションに集中できる場が必要であると考え、プレゼンテーションの場としてオフィスを活用することを考えたのです。
新オフィスのプランには、デザイナーでもある社長自らが積極的に参画しました。 建築自体の特徴である太い柱や梁など、構造体の存在感、タテとヨコが明確な幾何学的なモチーフを生かし、カラーコーディネイトもグレー、ブラック、シルバーなどモノトーン系でコーディネイトして、都会的で大人らしい、シックな印象にまとめました。

プレゼンテーションを引き立てるインテリア

そして社長室は、プレゼンテーションルームとして計画しました。
おいでいただいたクライアントに寛いでいただけるよう、落ち着いた設えになっています。当社が提案するのは、カラフル、華やか、動的な空間ですが、それとは対照的に静かでシンプルな空間。この対比が効果的にはたらいていると思います。
オフィスは、単に仕事がはかどればよいというものではなく、事業を推進する資源として活用することが重要であると思います。

文・構成/プラスファニチャーカンパニー

  • [想造]をかなえる、ビジネスインテリアのオリジナリティ。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。

  • 多彩なワークスタイルに対応する統一したコーディネートを実現。