オフィスに「引力」を。

トピックス

昨今、オフィス不要論やオフィス回帰論などオフィスに関する様々な意見や考えが発信されておりますが、皆様はこれからのオフィスはどのように変わっていくと考えられていますでしょうか?
今回のブログ記事ではプラスが考えているこれからのオフィスの存在意義についてお伝えしたいと思います。
皆様が今後のオフィス像を考える上で考え方のヒントになれば幸いです。

gra02.jpg



新型コロナウイルスの拡大防止対策として企業側ではリモートワークが一気に進んだことは皆さんご承知のとおりですが、それに加え雇用形態の多様化や柔軟な働き方の推進などにより、企業内では「分散化、多様化」の様相がより色濃くなっています。
場所や時間が縛られない働き方は各従業員のパフォーマンス向上に大きく寄与することと思いますが、従業員のエンゲージメントを高めたり、共通のビジョンや目標を浸透させるといった点では難しさも内在しています。
また一方ではモノからコトへ価値訴求が変化し、顧客の購買行動も変わってきています。さらにSDGsやESGに代表されるように、あらゆるステークホルダーにとって企業の考え方や企業活動そのものが企業価値を測る上で大きな関心事となっています。

こういった背景の中で、オフィスという場は「企業と社会の接点」になる、重要な場所として位置付けられるとプラスは考えます。

これまでもオフィスはその役割を担ってきましたが、企業の分散化、多様化が進む時代では、これまで以上に重要な意味を持つことが予想されます。
「企業と社会の接点」と考えると、オフィスは企業のビジョンやバリュー、文化などが凝縮された魅力的な場所にしておくことが必要だと考えられます。
企業内の従業員はもちろん、あらゆるステークホルダーがひきよせられる、「両面からの求心力」を有する場所になるのではないでしょうか?
これは、センターオフィスでもサテライトオフィスでも同じことが求められると考えます。
そこでプラスではこれからオフィスに必要な求心力を、「引力」という言葉で表現したいと思います。

gra01.jpg



従業員をはじめ、顧客、株主、取引先、学生など社内外の人をひきつけ、ひいては社会全体をもひきつける、そしてそれが企業成長の源泉となり未来をひきよせる。
そんなオフィスにしていきたいというメッセージが込められています。
さらにオフィスに引力をもたらす要素として、以下の3つの観点から今後のオフィス作りを考えることが重要だと考えます。

  1. Culture :企業文化、社風、従業員の雰囲気などを凝縮したオフィスデザイン
  2. Connect :あらゆるステークホルダーと良好な人間関係を築ける環境づくり
  3. Comfort :誰もが安心・快適な環境づくり、多様性に応じた柔軟な働き方
     

上記3つの要素を意識してオフィス空間を設計していくことで、これから先の時代もより価値の高いオフィス環境が構築できると考えます。
これからのオフィスの在り方を悩まれている方は、ぜひプラスにご相談ください。