Reorga リオルガシリーズ オフィスチェアのあり方を改革するリオルガ。独自のラバーサスペンションを採用

Reorga(リオルガ)の魅力

ひとたび腰掛ければ、いつまでも座っていたいと思わせるビジネスチェア。
座り心地を徹底的に追及すると、飽きのこないシンプルで美しいデザインが手に入る。

KB-RP61LL ホワイト
KB-RP63SPL ブラック
KC-RP62SPL レット
KD-RP67SL イエローグリーン

機能

ワンレバーアクション

通常、チェアによく使われている「スプリング」ではなく自動車のエンジンそのものを支え、振動や衝撃を緩和するマウントラバーシステムをクッションとして採用。動きの必要とされる部位をすべて置き換えました。
座部の4点ラバーがハンモック状に座位を支え、構造部・背もたれのラバーとの運動により自然に同調した動作感をもたらし、長時間の細かい姿勢の変化にもしなやかなフィット感で気持ちよく応えてくれます。

Reorga=Reorganization

リオルガ=リオーガニゼーション(構造改革)。魅せる機能、機能するデザインを標榜し、構造改革を意味するチェア、それが”Reorga”です。
背中と座面が表現する3Dダイナミックフォルムが幅広い体型を最適にサポート。
メカニカルな表情にも上質なインテリアとしてのたたずまいを持ち、機能とデザインの自然な融合を考えました。

Designed by Zooey Chu

Designed by Zooey Chu

米国大手自動車メーカーGM 社のカーシートデザインに従事した後、大手家具メーカースチールケース社で、オフィスチェアの デザインを担当、世界的な評価を受ける。
■1996 年には、米国ヘイワース社より自らの名前をつけた会議用チェア”ズーイ・チュー・チェア”を発表。
■1997年、国内では初めてプラス(株)よりオフィスチェアのデザインを革新する”オーバルチェア”を発表。

ワンレバーアクション

使いやすさとわかりやすさを考えたReorgaのシンプルな機能にふさわしい操作性。覚えるレバーはこれひとつです。レバーの上下で座の高さ調整ができ、レバーを前後に動かすことにより、背のロッキングの固定及び解除ができます。

体圧分布比較

Reorgaの体圧分布
Reorgaの体圧分布

布座骨の部分(赤)が小さく出ており、骨盤が起きている。骨盤が起きている(=立っている姿勢に近い)ことは腰椎への負担が少ないことを意味する。大腿部の色の変化が少なく、この部分への体圧がうまく分散されている。

一般的なチェアの体圧分布
一般的なチェアの体圧分布

座骨の部分(赤)が前後に広がっており、骨盤が回転(後傾)している。骨盤の後傾は、脊椎の自然なS字カーブをくずし、腰に負担をかける。大腿部も色(圧力)の変化が大きく、体圧がうまく分散されていない。

環境に配慮したクロムフリー本革

環境に配慮したクロムフリー本革

クロムを一切使わず、植物タンニン、合成タンニンでなめされているため焼却処理が可能。仕上げは水溶性塗料で環境に配慮。従来のクロムフリー革より手触りが良くソフトに。

環境に配慮した光触媒クロス(レイクロスタイプ)

環境に配慮した光触媒クロス(レイクロスタイプ)

光のエネルギーで空気中の有害物質を分解する光触媒クロス。光があれば悪臭を分解し続ける光触媒反応、暗所でも悪臭の分子を吸着する化学吸着反応のダブル効果で安全・快適な環境を提供します。


ラインナップ

本革タイプ

本革タイプ ハイバック肘付ハイバック肘付本革タイプ ミドルバック肘付ミドルバック肘付

ポルカドットクロスタイプ

ポルカドットクロスタイプ ハイバック肘付
ハイバック肘付

ポルカドットクロスタイプ ハイバック肘付
ハイバック肘なし

ポルカドットクロスタイプ ハイバック肘付
ミドルバック肘付

ポルカドットクロスタイプ ハイバック肘付
ミドルバック肘なし

レイクロスタイプ

レイクロスタイプ ハイバック肘付
ハイバック肘付

レイクロスタイプ ハイバック肘付
ハイバック肘なし

レイクロスタイプ ハイバック肘付
ミドルバック肘付

レイクロスタイプ ハイバック肘付
ミドルバック肘なし

リオルガワン※樹脂脚タイプ

リオルガワン ハイバック肘付
ハイバック肘付

リオルガワン ハイバック肘付
ハイバック肘なし

リオルガワン ハイバック肘付
ミドルバック肘付

リオルガワン ハイバック肘付
ミドルバック肘なし

詳しくはこちら


納入事例一覧

おすすめ製品

デスク
XFシリーズ
[想造]をかなえる、ビジネスインテリアのオリジナリティ。
XFシリーズ
デスク
SQ
シンプルが織りなす、美しさと使いやすさ。スタンダードデスクのイメージを一新。
SQ
デスク
WorkLift
体格に合わせて、作業に応じて、天板の高さを調整できるデスクです。
US DESK
メールニュースで最新事例をお届けします。メールニュースのお申し込みはこちら

ショールーム

製品を実際にご覧になりたいかたはこちらから 赤坂ショールーム+PLUS東京オフィス前橋アトリエファクトリーショールーム

お問い合わせ・サポート

製品の仕様について

0120-432-298

営業時間9:00〜12:00 13:00〜17:00
(土・日・祝日・夏季休業日・年末年始を除く)

当社では、お客さまからお電話にてお問い合わせをいただいた内容を正確に承るため、通話を録音させていただいております。
あらかじめご理解、ご了承をお願いいたします。

お問い合わせフォームへ

合鍵に
ついて

PLUS製オフィス家具の合鍵作成を承っております。

合鍵について

暗証番号・
開錠について

暗証番号・開錠について

オフィスづくりについて

  • オフィス・施設空間づくり
  • PLUSオフィス・ショールーム
    見学申込
  • その他ホームページ掲載内容について
お問い合わせフォームへ

各種デジタル
カタログの
ダウンロードはこちら

各種デジタルカタログのダウンロードはこちら

メールニュースの
ご登録はこちら

オフィスづくりに役立つ情報を
お届けいたします。

合メールニュースのご登録はこちら

プラスはお客様と
一緒に居心地の良い
オフィスをつくります。

プラスはお客様と一緒に居心地の良いオフィスをつくります。

移転したお客様の
生の声を
ご紹介しています。

PLUSと一緒にオフィスづくり

移転したお客様の生の声をご紹介しています。

PLUS Furniture Company
オフィス家具の製造およびオフィス空間の提案をしているプラス株式会社の社内カンパニー「プラスファニチャーカンパニー」のサイトです。

Copyright 2012 PLUS Corporation. All rights reserved.